パパ活アプリで年齢詐称はできるのか?誤魔化したらどうなるのかを解説します

パパ活アプリ年齢詐称

パパ活は20代前半の女性が人気で、どうにか年齢詐称してパパ活アプリに登録したい女性もいると思います。

男性も、多少サバを読んだ方が女性からのアプローチが増えるかも?と思っていらっしゃる方がいるのではないでしょうか。

年齢詐称してパパ活がうまくいけば、それに越したことがないですからね。

今回は、パパ活するのに年齢をごまかすことができるのか、パパ活アプリで年齢詐称が可能なのかをご紹介します。

目次

パパ活アプリは本人確認ありで基本的に年齢詐称はできない

結論から申し上げますと、大手の人気パパ活アプリでの年齢詐称はほぼできないと言っていいです。

年齢詐称してパパ活アプリに登録することはできますが、本人確認しなければ利用ができないため年齢をごまかしてのメッセージ交換はできない仕組みになっています。

健全運営をしているパパ活アプリで年齢詐称ができない理由

健全に運営しているパパ活アプリは、インターネット異性事業届出をしています。

出会い系サイト規制法では、幼児売春やその他犯罪から18歳未満の少年少女を守るために、18歳未満の男女の利用が固く禁じられています。

インターネット異性事業届出をしていると言うことは、会員登録するために身分証明証を提出し年齢確認が行われているサイトであることの証明になります。

パパ活アプリ側も、18歳未満の男女に利用されてトラブルになると、運営そのものができなくなる危険性があるので年齢確認にはかなり力を入れています。

「本人確認が中々通らない」と言った口コミを見るのはそのためです。

ですので、健全に運営をしているパパ活アプリでは、18歳未満の未成年者と会う危険性がないと言えますね。

また、最近では18歳以上の会員に対しても、年齢詐称ができない仕組みを取っているパパ活アプリがほとんどです。

年齢を偽って会員登録しても、本人確認時の年齢に自動的に変更されてしまうので、実際の年齢でしかパパ活ができないようになっています。

パパ活アプリで年齢詐称がある可能性は?

ただ、健全運営をしているパパ活アプリであっても、年齢詐称を完全に防ぐことはできません。

  • 家族の身分証明証を利用して登録する
  • ネットの拾い画を利用する
  • 身分証明証を加工する
  • パパ活アプリのアカウントを他人から購入する

可能性があるとすれば、この4つになります。

身分証明証の加工は、どんなにうまくやっても見破られて審査が通らない。ネットの拾い画は同じような人が以前利用した可能性があり重複で通らない可能性が高いです。

姉や妹の身分証明証を利用する、アカウント自体を他人から購入する場合はバレない可能性は捨てきれません。

パパ活アプリで年齢をごまかしたらどうなる?

本人の物ではない身分証明証を利用してパパ活アプリに登録、利用した場合は詐欺罪が適応されます。

また、身分証明証を加工したり偽造した場合は、公文書偽造の罪に問われます。

立派な犯罪ですね。

詐欺罪の場合は10年以下の懲役で、初犯の場合でも実刑が下される場合がある重い罪ですし、公文書変造、同行使罪の場合も1年以上10年以下の刑になる可能性があります。

軽い気持ちでやったことが罪に問われてしまう可能性が高いので、パパ活アプリでの年齢詐称は絶対にやめた方がいいですね。

パパ活するのに年齢詐称ができるアプリとは

では、年齢詐称が可能でパパ活利用できるアプリはないのか?と言えば、実はあるんです。

TwitterなどSNSでのパパ活は年齢詐称ができる

年齢確認がないTwitterなどのSNSでは、年齢詐称が可能です。

そのため18歳未満でもパパ活ができてしまうことになります。

18歳未満の女性とパパ活で大人の関係になった場合は、幼児売春にあたります。

女性が20歳と偽っていた場合で、男性側が18歳未満と知らずに関係を持った場合は故意がないとして罪に問われることはありませんが、「知らなかった」と言う言い分は認められない可能性は高いです。

相手が嘘を言っていたことを立証するのは、かなり難しいのです。

知らなかった、騙されたと主張した場合でも、出会いから大人の関係に至るまでのやりとりや状況を細かく調べられることになり、警察からの出頭要請は免れませんので社会的信用を失うことは確実です。

女性の場合も、SNSでのパパ活は危険であることを知っておく必要があります。

SNSはまず、無料で利用することができます。

上記のような18歳未満と出会ってしまう可能性もあることで、社会的地位の高い男性、経済的に余裕のある男性はパパ活利用はしません。

また、本人確認がないことで匿名性が高く、詐欺や性犯罪者などがパパと偽って活動している可能性も高いのです。

SNSでの出会いでトラブルや犯罪が多い事実は、しっかりと把握しておきましょう。

TwitterやInstagramでは、サイバーポリスの監視により未成年のパパ活を厳しく取り締まっています。

18歳未満の女性は、補導されて親や学校に連絡が入りますので、将来に傷がついてしまいます。

パパ活は18歳(高校卒業後)に、パパ活アプリに登録できるまで待った方が賢明ですよ。

出会い系サイトでのパパ活は年齢のサバ読み可能

出会い系サイトも、健全に運営しているものは18歳未満での登録はできませんし、しっかりと年齢確認があります。

ただ、出会い系サイトの場合は18歳以上であることが確認できればOKなので、登録後の年齢変更が可能になっています。

年齢のサバ読みが可能な人気出会い系サイトは、以下のようなものがあります。

身分証明証を提出して本人確認が済んだ後、自分の好きな年代を選んで変更が可能ですし、年齢を非公開にすることもできます。

パパ活利用が規制されている出会い系サイトがほとんどで活動しづらいこと、パパ活目的でない男性が多いことはデメリットになりますが、サバ読みしたい女性にはおすすめです。

逆に男性に取ってみれば、サバ読みしている女性が多く年齢詐称詐欺に出会う可能性が高いと言うことになりますね。

男性がサバ読み可能なパパ活アプリ

パパ活で男性が年齢にサバを読む必要は全くないのですが、本人確認がクレジットカードでできるパパ活アプリなら年齢詐称が可能です。

クレジットカードの申し込みは、高校生を除く18歳以上であれば可能なので、男性の場合は年齢確認になるというわけです。

人気パパ活アプリの中ではシュガダディがそれにあたります。

ただ、パパ活女子は男性の年齢はあまり気にしていません。

気にするとすれば、10代、20代前半の会員男性が本当にパパ活できるのか?くらいですね。

また、大幅にサバを読んでしまうと実際に会った時のギャップで、印象を悪くしてしまう可能性の方が高いと言えます。

パパ活男性の年齢は気にしていないのに、嘘をつかれた事実は不信感として残りますので、お付き合いが難しくなることが多いと思います。

パパ活アプリでの年齢詐称がデメリットしかない理由

パパ活アプリでの年齢詐称が、限りなく難しいことはお分かりいただけたと思います。

仮に身分証明証を偽ったり、他人のアカウントで活動できた場合でもデメリットしかないので諦めることをおすすめします。

そもそも規約違反である

パパ活アプリでは、申込者と利用者が同一人物である必要があります。

公文書偽造やなりすましは、規約違反と言うことになります。

第16条【損害賠償】
会員が本会員規約に違反する行為又は不正若しくは違法な行為によって当サイトに損害を与えた場合、当サイトは当該会員に対して蒙った一切の損害(訴訟費用及び合理的範囲内の弁護士費用を含む。)について、賠償を求めることができるものとします。

シュガーダディ会員規約より抜粋

もし、公文書偽造やなりすましでトラブルが起こった場合は、その影響によって出た損害は賠償請求されます。

少し考えただけでもとんでもない金額になることが予想されますし、先ほどもご紹介したように詐欺罪や公文書変造、同行使罪として処罰される可能性が高いですね。

パパ活相手からの信頼を失う

トラブルに発展しなかった場合でも、年齢詐称がバレるとお付き合いしている相手からの信用を失うのは確実です。

例えば仲が深まって旅行に行くことになったとします。

その時にパスポートなどから本当の年齢がわかってしまう場合もありますね。

マンションを借りてもらう時も身分証明証が必要になります。

また、何気ない会話や行動などからでも、実際の年齢は推測できたりバレてしまうことがあります。

せっかく捕まえた太パパからの信用を失い、お別れすることになるかもしれませんので、年齢は嘘をつかずに正直に伝えた方がいいですね。

年齢をごまかしても見た目が伴っていないと意味がない

大幅なサバ読みができる出会い系サイトであっても、ごまかした年齢と見た目が伴っていないと全く意味がありません。

20歳って書いてあったけど、見た目老けてて詐欺じゃない?より、アラサーだけど会ってみると若くて可愛かった。の方が、断然印象はいいはずです。

多少のサバ読みはわからないかもしれませんが、どんなに努力していても肌のハリやキメなどで疑われてしまう可能性もありますね。

パパ活の中心世代は20代前半ですが、アラサーも人気があり、40代でも交際クラブでオファーを多数受けている女性はいます。

また、若さだけにこだわってウリにしている女性は、パパ活で長期的に稼ぐことが難しいことも知っておくといいでしょう。

パパ活アプリで年齢詐称せずに稼ぐ方法

年齢を気にしている女性は、自分が活動しやすい場所でパパ活をすることをおすすめします。

パパ活アプリには20代前半までの女性が8割以上だったり、アラサーがモテたりとそれぞれ特徴があります。

もちろん20代前半が需要があることは間違いないのですが、活動する場所をしっかり選ぶことで良パパと巡り合う可能性は高くなります。

自分の年齢に合ったパパ活アプリを利用する

年齢詐称をせずにパパ活で稼ぐには、自分の年齢に合ったパパ活アプリを選ぶことが大切です。

総合評価アプリ種別会員数月額料金公式サイト
No.1
シュガーダディ
シュガーダディ
SSパパ活サイト
(Web)
最大級5,980円/月詳細を見る
No.2


ラブアン
Sパパ活サイト
(Web)
多い5,000円/月詳細を見る
No.3

ペイターズ
Sパパ活アプリ
(Web/iOS/Android)
アプリNo.112,000円/月詳細を見る
No.4

ユニバース俱楽部
S交際クラブ
(Web)
最大手入会金:30,000円~
年会費:20,000円~
紹介料:20,000円~
詳細を見る
No.5
ドロシー
ドロシー
AAパパ活サイト
(Web)
上昇中7,900円/月詳細を見る
No.6

ペイキュート
AAパパ活アプリ
(Web/iOS/Android)
都内なら10,000円/月詳細を見る
No.7

ワクワクメール
A出会い系サイト
(Web/iOS)
多いメッセージ1通50円詳細を見る
No.8

パディロクナナ
AAパパ活アプリ
(iOS/Android)
多い10,800円/月詳細を見る
No.9
patoロゴ
パト
Sギャラ飲みアプリ
(Web/iOS)
最大手2,750円/30m~詳細を見る
No.10

ピージェイ
Aパパ活アプリ
(Web/iOS/Android)
都内なら9,800円/月詳細を見る
*18歳未満は登録・利用不可(ギャラ飲みは20歳以上)

パパ活アプリは多いのですが、その中でも年齢を気にせずに利用できるものをご紹介します。

シュガーダディ:幅広い年齢層をカバーしたパパ活アプリ

シュガーダディ
会員数業界最大
形態Web
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層30代・40代中心、70代まで
女性会員の年齢層18歳~29歳までが79%
男女比率男性28%:女性72%
利用料金の詳細1か月:5,980円/月
3か月:4,980円/月
6か月:3,980円/月
運営会社会社名:シナプスコンサルティング株式会社
運営サポート24時間365日監視体制

シュガーダディはパパ活アプリの老舗で、会員数が業界一であると同時に会員の年齢層が幅広い特徴があります。

割合は低いのですが、40代、50代女性も登録されていますし、男性は70代までの方が活動されています。

違和感なくお付き合いできる歳の差が20歳程度と言われていますので、70代男性なら40代、50代女性でも十分にチャンスはありますね。

また、熟女好きな男性からのアプローチも期待できます。

ユニバース俱楽部:アラサーのオファー率が最も高い

ユニバース俱楽部
運営会社ユニバース倶楽部
会員数男性:約4,000名
女性:約7,000名
住所東京都 恵比寿(本社)
最寄り駅恵比寿駅
設立2011年 11月15日
支店・エリア全国各地(渋谷、新宿、札幌、新潟、仙台、大宮、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪(梅田)、大阪(心斎橋)、神戸、広島、福岡、シンガポール
女性の入会資格年齢18歳~45歳まで
*50代でも可能性あり
女性の面接合格率推定90%

ユニバース俱楽部は交際クラブの最大手で、全国の主要都市に支店があります。

交際クラブは面接があるのですが、オファーの可能性がある場合は年齢に関係なく合格できるのがユニバース俱楽部の特徴です。

ユニバース俱楽部では、一番オファー率が高いのが20代後半、その次は30代前半のアラサー世代になります。

40代で多くのオファーを受けている女性もいらっしゃるので、年齢に関係なくパパ活ができる場所の一つだと言えます。

華の会メール:40代以降の女性がモテる

華の会メール
会員数25万人以上
サービス開始時期2011年
料金システム女性:無料
男性:10円/1pt
男性会員の年齢層30~50代中心
女性会員の年齢層30~50代中心
運営会社会社名:インターワークス株式会社
運営サポート24時間365日監視体制

華の会メールは、30代以上の男女をターゲットにした出会い系サイトです。

アラサーだとかなり若く、40代女性からが人気になる特徴があります。

出会い系サイトなのでパパ活目的でない男性も多いのですが、愛人探しや話し相手探しの男性と上手にパパ活契約することも可能だと思いますよ。

まとめ

パパ活アプリでは年齢詐称は難しく、本人以外の身分証明証を利用した場合は罪に問われる可能性が高いです。

大きくサバを読んでパパ活をしたいなら、出会い系サイトの利用がおすすめです。

パパ活では20代前半の女性の需要が高く、男性からアプローチをされやすいので有利に感じるかもしれませんが、実際はアラサーも人気であること、40代女性にも稼げる可能性があることは事実です。

年齢を気にするよりも他の魅力でアプローチしていく方が、良パパと巡り合える可能性が高いですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次