パパ活アプリで年齢確認の方法は?身分証明が必要ないサイトを調査しました

パパ活アプリの年齢確認

パパ活アプリに登録すると、年齢確認・本人確認のために身分証明証の提出を要求されますよね?

登録だけならアプリをインストールするだけで可能なものもありますが、パパ活アプリの機能を利用したりメッセージ交換するためには身分証明証の提出が必要です。

パパ活を秘密でしたいのに、身分証明書を提出してもいいの?誰かに見られたりしないの?と、取り扱いについて不安な方もいると思います。

年齢をごまかしてパパ活アプリを利用したい方も多いかもしれませんね。

今回は、パパ活アプリでの年齢確認の方法と、必要な身分証明書の種類、本人確認なしで利用できるパパ活アプリがあるのか?についてご紹介していきます。

目次

パパ活アプリで年齢確認が必要な理由は?

パパ活アプリをダウンロードして会員登録までできたのに、身分証明をしなければ利用ができない。

この状態で止まってしまっている方も、いるのではないでしょうか?

パパ活アプリでどうして年齢確認が必要なのか、その理由から知っておく必要がありますね。

パパ活アプリを利用するのに法律上の年齢制限がある

パパ活アプリは男女の出会いを提供するサービスです。

出会い系サイトなども含め、健全運営しているマッチングアプリは法律に則って営業しています。

インターネットで男女の出会いを提供するサービスを行う業者は、「出会い系サイト規制法」と言う法律に従って18歳未満の男女が利用できないようなシステムで運営する必要があります。

正式には「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律施行規則」と言い、マッチングアプリなどの利用に起因した児童売春や、そのほかの犯罪から18歳未満の児童を守ることを目的とした法律になっています。

  • 都道府県公安委員会への届出義務化
  • 年齢確認の義務化
  • 欠格事由・名義貸しの禁止
  • 一部利用者による禁止誘引行為の公衆閲覧防止措置の義務化
  • 事業の停止及び廃止の措置

年齢確認の義務化については、以下の確認方法が義務付けられています。

運転免許証などユーザーの年齢、又は生年月日を証する公的書類で

年齢または生年月日
・書面の名称
・書面の発行・発給者の名称


この部分を提示し、写しの送付や画像の送信を受ける。

または、クレジットカードでの支払い(児童は利用できない)で料金を受け取る同意を得る。

パパ活アプリは女性の登録・利用が無料と言うこともあって、クレジットカードでの年齢確認を行うアプリは見受けられません。

そのため、身分証明書での年齢確認が必要になるのです。

パパ活アプリで年齢確認のために身分証明書を提出しても大丈夫なのか?

身分証明をする際に、一番気になるのは個人情報の流出ではないでしょうか?

パパ活アプリ側としても、情報漏洩してしまうと運営自体が危うくなってしまうこともあり、厳重なセキュリティ体制を取っていることが基本になります。

ただし、悪質サイトの場合ですと個人情報を抜き取ることを目的としている場合もありますので、公式サイトで以下の点を注意してみてください。

  • インターネット異性事業届出番号の表記がある
  • 会社概要がある(フリーアドレス・携帯電話でない)
  • 利用規約・プライバシーポリシーがある
  • セキュリティに関する表記がある

では、パパ活アプリの公式サイトで、セキュリティに関する項目をチェックしてみましょう。

情報漏洩の可能性があるとすれば、外部からの不正アクセスです。

選ぶべきパパ活アプリは、通信の暗号化や自動、有人での監視体制を取っていてセキュリティが万全であるものになります。

セキュリティや個人情報の管理に関する表記を確認し、納得のいくシステムを採用しているサイトを選ぶといいですね。

なお、身分証明書、年収証明書については、提供いただいた時点から24時間以内に、サーバー上から自動的に消去しています。

シュガーダディ プライバシーポリシーより

個人情報データの削除が早いパパ活アプリは、より一層安心感があるのではないでしょうか?

パパ活アプリでの年齢確認の方法と必要な身分証明証

では、パパ活アプリでの年齢確認の方法と、人気アプリでの必要な身分証明証の種類をご紹介します。

パパ活アプリでの年齢確認の流れ

パパ活アプリに登録後、本人確認に進みます。

アプリによって多少異なりますが、写真撮影した身分証データを画像添付してアップロードする方法が一般的です。

  • 年齢または生年月日・証明書の名称・発行元が写っていること
  • 鮮明な写真であること
  • 画像形式・ファイルサイズが適正であること

身分証を撮影する際は、この点を注意して撮影してください。

個人情報の流出が不安な場合は、必要な部分以外を塗りつぶして提出することも可能です。

アプリによっては塗りつぶしを禁止しているものもありますので、人気パパ活アプリでの年齢確認の方法についてもご紹介しておきます。

シュガーダディの本人証明で利用できる身分証

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • クレジットカード(男性の場合)

対応ファイル:13MB以内のJPG・GIF・PNG形式
「名前」「証明発行元」「生年月日」以外の塗りつぶしOK

「マイページ」の「本人証明」より、提出するする証明書を選び写真をアップロードします。

年齢証明修了後、シュガダディより承認完了の通知が届きます。

通常は1~2時間程度で年齢確認ができますが、状況により数日かかる場合もあります。

非承認の場合はその旨の通知が届きますので、新たに撮影してアップロードしてください。(一度非承認になった画像は使うことができません)

ペイターズの年齢確認で利用できる身分証

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

登録した生年月日と、提出された年齢確認書類の生年月日が一致しないと承認されない。
塗りつぶしはNG

7月になったしペイタに再登録してみようと思ったら、本人確認書類が免許の全体像が必要に変わってて躊躇している
登録している皆さんは当然書類を提出しているんだと思いますが、こんな運営会社にp活してる事やフルの個人情報を握られるのは本当に嫌なんだよなぁ

@u20180209

以前は氏名や年齢、発行元の塗りつぶしはOKだったのですが、仕様が変わり塗りつぶしは禁止になっています。

本人確認方法は、「マイページ」の「年齢確認する」より、登録した生年月日を確認後、身分証の写真をアップロードします。

会員登録の際に入力した生年月日と、提出する証明書の年齢とが一致しない場合は、アップロード前に修正する必要があります。

基本的には1時間程度で年齢確認が完了しますが、24時間経過しても承認・非承認の連絡がない場合は「問い合わせフォーム」を利用して確認してください。

ペイターズでは、「本人確認」が新たにリリースされ、「顔写真付きの本人確認書類と一緒に写った顔写真」を提出することで、より信頼度の高いアカウントと認識されます。

身分証と顔が1枚の写真に全て映る必要があり、文字が隠れたり切れたりするのもNGになっています。
自撮りの場合は割と撮影が難しいですので、審査落ちしないように工夫しなければなりませんね。

ラブアンの本人確認で利用できる身分証

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
  • 外国人登録証明書または滞在カード
  • 官公庁が発行した身分証明書

「名前」「証明発行元」「生年月日」以外の塗りつぶしOK

ラブアンの本人確認は、マイページのプロフィール画面にある「設定」で行います。

基本的に1時間程度で本人確認は完了します。

パディ67の年齢確認で利用できる身分証

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 独身証明書
  • 住民票
  • その他一般的に氏名と年齢、生年月日が確認できる公的書類

登録した生年月日と、提出された年齢確認書類の生年月日が一致しないと承認されない。
「名前」「証明発行元」「生年月日」「書面の名称」以外の塗りつぶしOK

パディロクナナは、アカウントより「年齢確認を行う」をタップします。

登録した生年月日と、提出する証明書とが同じであることを確認してから提出してください。

パパ活アプリの年齢確認・本人確認が通らない理由

Twitterを見ると、パパ活アプリで年齢確認ができない、本人確認が通らないという口コミが結構あります。

審査に通らない口コミが多いのは、運営側がしっかりとチェックをしている証拠になりますね。

では、どうしてそのようなことが起こるのか、その原因についてご紹介します。

1.身分証明書の写真が不鮮明で確認できない

  • 写真がぼやけて文字が読み取れない
  • 必要な情報が写っていない(切れている・塗りつぶされているなど)
  • 写真が暗い
  • 影や光がある
  • 画像が小さすぎる・荒すぎる
  • データが古すぎる

このように、読み取ることが困難な写真の場合は、認証拒否されてしまいます。

もう一度送った写真を確認し、不鮮明ではないか切れていて移っていない部分がないかなどをチェックしましょう。

一度はじかれてしまった写真は利用することができませんので、再度撮影して提出してみてください。

2.パパ活アプリに登録した内容と身分証明書の内容が違う

登録時に間違って生年月日を入力したり、故意に偽ったりした場合、提出した身分証明証と異なった場合非承認になるアプリがあります。

写真を送る前に生年月日が同一かどうか確認されない場合は、そのまま非承認になるか自動的に身分証の年齢に合わせられるかのどちらかです。

パパ活アプリの場合は、年齢のサバ読みができず自分で希望の年齢を設定することができませんので注意してください。

うっかりミスがないか、登録時の生年月日を確認するようにしてください。

3.身分証明書を加工・偽造している

クッッッソwwwwwwwwwwシュガダのためにわざわざgmail作成したのに本人確認嘘バレて登録30分で強制退会させられたwwwwwww画面真っ白wwwありのままの自分でいけってかwwwwつらみwwwwwwwwwwwww

@zzzooosan

身分証明書の加工や偽造は、まず見抜かれて審査に通過しないと思っておいた方がいいでしょう。

また、証明証の加工や偽造は、公文書偽造という罪にあたります。

公文書変造、同行使罪の場合は1年以上10年以下の刑になる可能性がありますので、軽い気持ちで行わないようにしましょう。

4.身分証明書の有効期限切れ

身分証明書の有効期限を確認してください。

有効期限が切れた身分証明は、運転免許所やパスポートであっても法的には身分証明書として認められません。

更新されたもの、期限が有効な物を再提出してください。

また、写真データが古すぎたり時間が経過した物だとはねられる場合もありますので、再度撮影されてください。

5.一度パパ活アプリを強制退会になっている

シュガダで強制退会後にアドレスを何度も変えても、本人確認書類を送って数分後、真っ白画面になります。 本確書類も色々変えましたがダメです。

@shun_deai

一度強制退会させられた場合は、新規に登録することができても本人確認によって利用できなくなるアプリは信頼度が高いと言えます。

強制退会になると言うことは、アプリ内での違反行為や会員からの通報が多いユーザーなので、治安を守るためにも再度入会することができなくなっているのです。

メールアドレスや電話番号を変えて新規登録できるパパ活アプリは多いですが、本人確認ではじかれてしまう場合がほとんどと言うことです。

身分証明書が必要ないパパ活アプリはある?

では、身分証明が必要ないパパ活アプリはあるのでしょうか?

どうしても身分証を提出したくない場合、利用しても大丈夫なのか。その安全性と利用できるアプリをまとめました。

インターネット異性事業届出をしてない怪しい出会い系

インターネット異性事業届出をしていないアプリやサイトは、年齢確認が甘く身分証を提出する必要がありません。

女性の場合は年齢確認は自己申告によるものですが、男性の場合は支払いのためにクレジットカードを利用するもの、キャリアでの支払い、銀行振込が必要になります。

  • 知名度が低く会員数が少ない
  • サクラ・業者ばかりで出会えない
  • セキュリティがしっかりしていない
  • 男性の利用料金が高額・不明瞭
  • 公式サイトがない・簡易サイト
  • 会社概要・事業所の記載がない・個人
  • 利用規約・プライバシーポリシーがない
  • 連絡先がフリーメール

年齢確認が甘く身分証の提出がないアプリは、このような特徴があるものが多いです。

まず、安全面において信頼性がないため、会員が集まらずパパ活利用しても出会えない可能性が高いです。

会員を集めるためにサクラを使っているサイトもありますし、中には悪徳業者の利用により無法地帯になっているアプリもありますね。

運営会社自体が詐欺と言う可能性もあります。

まずは、法的に認められていないサイトであることは知っておく必要があるでしょう。

無料マッチングアプリTinderも年齢確認が必要

無料マッチングアプリであるTinderは、以前は年齢確認による身分証提出の必要がありませんでしたが、改正により運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれかの提出が必要になりました。

18歳未満の男女の利用が規制され、年齢による審査が行われます。

無料マッチングアプリに身分証を提出するリスクは、無料のために運営による監視やセキュリティが甘い可能性があると言うことです。

年齢認証終了後、身分証明書画像は90日以内に安全に削除されますが、無料なりのリスクがあるのは確かだと思います。

SNSでのパパ活は身分証明が必要ない

TwitterやInstagramなどのSNSは、身分証の提出が不要です。

パパ活アカウントも多く見かけますが、SNSでパパ活募集をしているアカウントは少なく、情報を発信しているアカウントが多いですね。

その理由としては、以下のようなものになります。

  • 18歳未満の児童と出会う可能性がある
  • 相場が低すぎる
  • P・PJの質が悪い
  • サイポリによる監視が厳しい

18歳未満の児童と出会う可能性がある

社会的地位がある男性が一番恐れているのは、18歳未満の女性と出会ってしまうリスクです。

女性の場合は補導で済む可能性がありますが、男性の場合は各都道府県の青少年健全育成条例違反の罪に問われることになります。

東京都で淫行を行ってしまった場合は、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられ、その罪は一生消えることはありません。

積み上げたキャリア、信頼が一度のミスでなくなってしまう可能性があるのです。

相場が低すぎる

そのため、金銭的に余裕がある男性はSNSでのパパ活はしません。

無料で利用できることから、お金のない男性もパパとして活動することもできるのです。

援助交際や割り切りの割合が高く、その場合でもパパ活相場は低いです。

P・PJの質が悪い

無料で利用できる・本人確認がないことから、未成年者を狙っている犯罪者や詐欺目的の男性も潜んでいます。

お手当が貰えない、食い逃げ、やり逃げに合う、最悪の場合はレイプや暴力に合う可能性もあります。

ターゲットにしているのは金銭的に余裕がない女性、未成年、社会経験の少ない女性です。

女性の場合は、18歳未満でない限り無料でパパ活アプリを利用することができます。

SNSでパパを募集している女性は、パパ活アプリを強制退会されてどのアプリも使えない状態、アプリで出会えずSNSに手を広げた女性など、質が悪い可能性は高いですね。

サイポリによる監視が厳しい

SNSでは未成年が犯罪に巻き込まれることを未然に防ぐため、サイバーポリスによる監視が強化されています。

Twitterなどでパパ募集をした場合、淫行目的で募集した場合など、サイポリから警告メッセージが届きます。

一度目を付けられると、アカウントを監視され続けることになりますので、該当アカウントでパパ活をするとアカウント停止になることが一般的です。

また、私服警官による補導も行われていますので、待ち合わせをしてみればサイポリで補導された実例は少なくありません。

警察署で事情聴取されれば、親が迎えに来るまで帰れませんし、学校に連絡が行く場合もあります。

学校に連絡が行った場合は停学、厳しい学校であれば退学になる可能性もあります。

パパ活アプリの年齢確認と身分証明に関するQ&A

パパ活アプリの年齢確認、身分証明に関するよくある疑問や、トラブルについてQ&A形式でご紹介します。

パパ活アプリで家族や他人の身分証明書を使ったらどうなる?

18歳未満でパパ活アプリを利用したいのですが、家族のものを借りて本人確認をしたらどうなりますか?

バレない可能性はあるかもしれませんが、プロフィール写真などの目視によってアプリ内でも確認されています。
さらに言えば、出会った男性が不信感を持ち通報される可能性もありますね。

もしバレてしまった場合は詐欺罪に問われる可能性が高いです。
詐欺罪の場合は10年以下の懲役で、初犯の場合でも実刑が下される場合も多い重い罪です。
また、利用規約に反していることで、アプリ側が損害を被った際に損害賠償請求される場合もあるでしょう。

身分証と違う年齢で若めに偽って登録することはできる?

実年齢より若くサバを読んで登録したいのですが、アプリ内で自由に年齢を変更することはできますか?

パパ活専用アプリに関しては、女性の場合身分証と同じ生年月日でないと年齢確認できない、年齢確認した時点で身分証の年齢に自動的に変更されるかのどちらかです。
そのため、年齢を偽ることはできません。

パパ活ができる出会い系サイトに関しては、身分証明をした後でも自由に年齢を設定できるものもあります。
年齢を設定できる出会い系サイトは、下記の記事で確認してください。

パパ活男性に年齢確認のために身分証を要求されたら?

顔合わせやメッセージ交換で、男性から身分証を見せるように言われたら見せなければいけませんか?

身分証は個人情報が掲載されていますので、安易に他人に見せるのは危険です。

パパ活アプリを利用していると言うことで、年齢確認は完了しています。
わざわざ身分証を見せて相手に確認してもらう必要はありません。

ただ、18歳未満でないか怪しまれている場合もあるかと思います。
その場合は、身分証以外で年齢を確認できるものを提示しましょう。

本名・住所などがわからないように目隠しする、年齢だけを確認してもらいましょう。

あまりにもしつこく要求された場合は、お付き合いをやめた方が賢明です。
個人情報を聞き出すことを目的としている可能性もありますので注意しましょう。

パパ活アプリでの身分証明書の取り扱いはどうなっている?

パパ活アプリに身分証明書をアップロードするのに不安があります。アップロード後の取り扱いはどうなっているのでしょうか?

まず、パパ活アプリやサイトにデータをアップロードする際は、全てが暗号化されています。
そのため、第三者から見られる可能性は限りなく低いと言えます。

アップロード後の身分証については、各アプリで保管期間が異なります。
シュガーダディのように24時間以内にサーバーから削除されるパパ活アプリもありますし、90日保管されるTinderのようなアプリもあります。

気になる場合は公式サイトを確認され、信頼度の高いアプリを選ぶようにしましょう。

まとめ

パパ活アプリでの年齢確認は必須で、身分証明を提出することで安全な出会いが提供されます。

多くのアプリに共通している本人確認書類は、運転免許証・健康保険証・パスポートになります。

このいずれかがあれば、年齢確認を済ませてパパ活アプリを利用することが可能です。

少し面倒に感じるかもしれませんが、安全にパパ活をする上では避けられませんので、信頼できるアプリを選んで提出を済ませましょう。

また、年齢確認に身分証が必要でないアプリやサイトは、悪質サイトである危険性、未成年者と出会うリスク、出会えない可能性もあることを覚えておいてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次