パパ活アプリおすすめランキング

ギャラ飲みとパパ活の違いは何?相場とメリット・デメリットを比較


ギャラ飲みもパパ活も楽にお金を稼げる方法として女の子に人気ですよね?

でも2つの違いがあまりよくわかっていない人も多いんです。知らないとトラブルに巻き込まれる可能性もあるし、人によって向き不向きもあるんですよ。

この記事では、ギャラ飲みとパパ活の違いと相場、それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

最後まで読むと、「ギャラ飲み=ギャバクラの延長」「パパ活=愛人関係に発展」というイメージ以外のことがわかり、後悔しない稼ぎ方を選べるようになりますよ!

パパ活アプリ選びで迷う方へ

パパ活アプリって本当に良いものも怪しいものもありますので注意してください。ナイトガーデンスタッフが全部つかって、さらにアンケートを取った中で質が高いのは「シュガーダディー」です。男性も女性もここからスタートすれば安心です。

目次

そもそもギャラ飲みとパパ活の違いって何?

まず、ギャラ飲みやパパ活の名前しか聞いたことがない人のために、そもそもギャラ飲みとパパ活って何なのか?

その違いを簡単に解説するところからスタートしたいと思います。

ギャラ飲みはサービス会社を通した出張キャバクラに近い

ギャラ飲みは、サービス会社を通した出張キャバクラをイメージするとよいでしょう。

主に男性が仕事の接待や合コン目的で女の子を呼び、参加してくれた対価として女の子たちに謝礼金を支払うシステムになっています。

そしてギャラ飲みは複数人で開催されるのが基本です。

女性は飲み会に華を添えるような容姿レベルと、場を盛り上げようとするサービス精神や接客適性を求められます。そのため、報酬の高いサービス会社のキャストになるためには厳しい審査に合格する必要があります。

パパ活は1対1の食事から始まる男性の疑似恋愛

パパ活は、分かりやすく言うと男性の愛人探しをイメージするとよいでしょう。

余裕のある男性が食事デートを綺麗なこと楽しみたい・・・又はエッチありの疑似恋愛を楽しめる相手を探しているケースが多いです。

相手をパパ活アプリや交際クラブで探し、愛人関係に合意した女性は定期的に男性と会う対価としてお金をもらう流れになっています。

最初は1対1で会うことからスタートするのが基本です。

ギャラ飲みのような厳しい審査はないところがほとんどですが、全くないわけではありません。

男性が一般的に理想とする容姿であることをプロフィール写真を通してチェックされ、華やかさよりも色っぽさや艶っぽさを求められる傾向にあると言えます。

あとは大人の関係になったときのリスク管理もしっかりする必要があります。

ギャラ飲みとパパ活の報酬の相場を比較

次に気になるギャラ飲みとパパ活の報酬の相場を比較してみたいと思います。

ギャラ飲みパパ活
出勤日自由(好きな時)交渉次第
メインの時間帯平日21時~26時平日の昼間・夜間
報酬の相場・6,000~20,000円/時間
・深夜手当2,000円前後
・指名手当4,000円前後
・延長手当2,000円前後
・顔合わせ:10,000円/1回
・食事:15,000円/1回
・エッチあり:3~5万円/1回
・定期契約:5万円~/月
報酬の受取方法サービス会社から銀行振込パパから直接手渡し

ギャラ飲みとパパ活の報酬の相場を左右するのは大人の関係があるかないかで大分違ってきます。

パパ活は食事までならギャラ飲みと報酬が変わりません。

むしろ低いでしょう。でもエッチを承諾することで月10万円~100万円近くもらえる可能性があります。ただパパ次第で契約がいつ終了になるかわからない不安もつきものです。

一方、ギャラ飲みはキャバクラ同等の報酬を自分の好きな時に稼げます。

主要都市だと時給6,000円からスタートし1回の飲み会で1.5~3万円くらい稼げます。

ランクが上がると時給が2万前後になり1回の飲み会で3~5万円くらい稼げるようになります。ただ大きく稼ぐためには数をこなさないといけない大変さがつきものです。

男性と深い関係にならずに稼ぎたい人はギャラ飲み向きで、なるべく少ない稼働でたくさん稼ぎたい人はパパ活向きと言えます。

男性と当日合うまでの流れを比較

次に、ギャラ飲みとパパ活で男性に会うまでの流れを比較してみました。

ギャラ飲みパパ活
①面接審査①アプリに登録
②アプリに登録②パパを探す
③参加したいギャラ飲みを探して応募③メッセージのやり取り
④マッチング成立④気に入られたら会う日を決める
⑤チャットで待ち合わせ日時を確認⑤顔合わせまでメッセージのやり取り
⑥当日お店で合流⑥当日忘れていないか連絡をいれる
⑦当日約束の場所で合流


ギャラ飲みはマッチング成立したら、男性とのやり取りは日時と場所を確認だけで当日お店で合流するだけなので楽です。

ただその前に厳しい面接審査に通過する必要があります。

報酬が高いアプリは通過率5~10%と低いため、合格するまでの労力が必要とされます。

一方でパパ活はすぐに登録してパパを探せます。

でも男性との連絡頻度が多いのが難点。パパに気に入られないと会うまで漕ぎつけないのと、当日心変わりするのを防止するためにマメなやり取りを行う必要があります。

容姿に自信があって面倒なやり取りは避けたいタイプの人はギャラのみが向いています。

逆にメッセージのやり取りは苦にならないけど、面接審査を面倒に感じる人はパパ活の方が向いているでしょう。

ギャラ飲みのメリットとデメリット

まずギャラ飲みのメリットとデメリットを詳しく解説していきたいと思います。

ギャラ飲みのメリット

①報酬未払いのトラブルがない

ギャラ飲みは男性がサービス会社に料金を支払い、女性の銀行口座に会社経由で報酬が振り込まれます。

そのため、男性と直接金銭交渉をする必要がありません。時給で換算でサービス会社が管理しているので、予定していた金額より少なかったとか未払いのトラブルを避けられます。

②禁止事項があるからHの交渉をしにくい

ギャラ飲みはサービス会社が仲介に入っているため、禁止行為が明確に提示されています。女性にセクハラまがいのことをしたりエッチの交渉をしようものならサービス会社に通告されてしまいます。

体の関係を望んでいない人は、ギャラ飲みの方がメリットを感じて活動できるでしょう。

③飲み会以外の働き方がある

ギャラ飲みは飲み会以外の働き方があります。ゴルフやダーツなどスポーツを楽しんだり、ランチタイムに食事をしたり、お酒に弱い人でも稼げる方法が広がっています。また、1対1のオンライン飲み会もあり地方在住の人でも参加しやすく働き方の多様性が魅力的です。

ギャラ飲みのデメリット

①地域によって案件数が少ない

ギャラ飲みは地域によって案件が少ないです。理由は、全国展開のアプリも続々と登場していますが、まだまだ東京や大阪など主要都市に偏っているからなんです。だから地方在住の人は登録できるアプリの選択肢が少ないというデメリットがあります。

②面接審査が厳しい

報酬が高いギャラ飲みアプリは面接審査が厳しいです。審査通過率はおよそ5~10%とかなり低く、1発合格が難しいと言われています。容姿レベルはもちろん接客適正も見られるので、ただ可愛いければいいというわけではないようです。そのためしっかり面接対策をするひと手間がかかります。

③1対1の飲み会は男性からのオファーを待つ

ギャラ飲みで大きく稼ぐためには指名を受ける必要があります。指名をされるとランクに応じた特別手当がつくため1日の報酬額が2倍近くあがります。でも女性から男性にオファーする機能がアプリにないので、基本的に男性から声を掛けられるまで待たないといけません。稼ぎたい人はもどかしく感じるでしょう。

ギャラ飲みに向いている人

  • 容姿に自信がある
  • お酒に強い
  • サービス精神旺盛
  • 時間があるときに単発で働きたい
  • フットワークが軽い
  • の関係は避けたい
  • 脈を作りたい
  • 協調性がある

ギャラ飲みに向いている人は「容姿に自信があって接客適正がある人」です。華やかな容姿で飲み会を楽しい雰囲気にする気配りと協調性がある人はギャラ飲み向きです。

稼ぎ方の方向性としては、時間があるときに体の関係なしでサクッとお小遣い稼ぎをしたいと考えている人におすすめです。

案件は常に安定してあるわけではないのでオファーがかかったらすぐに参加できるフットワークの軽さがあると尚可。

富裕層の男性が接待や合コン目的で利用することが多いので、普段会えないようなハイステータスの男性と人脈をつくり、自分の夢の実現や仕事に活かしたいと考えている人にも向いています。

安全に稼げるおすすめのギャラ飲みアプリ

ギャラ飲みの方が向いているなと感じた人のために、安全に稼げるおすすめのギャラ飲みアプリをご紹介したいと思います。

pato(パト)

画像引用:パト
運営会社株式会社キネカ
年齢層男性:30代~50代
女性:20代~30代
対応地域日本全国
時給スタンダート:6,000円~
VIPクラス:10,000円~
ロイヤルVIPクラス:23,000円~

パトは「もっと楽しいを、もっと自由に」をコンセプトにした働き方の選択肢が広いエンタメマッチングサービスです。

飲み会だけでなく、ゴルフやダーツなどのスポーツを楽しんだり、昼間にランチデートするなどお酒を飲めない女性でも活動できます。

パトの審査は厳しいと評判ですが、スタート時給も高いことから合格さえすれば稼ぎやすいと言えます。また男性もハイステータスな人が多いので、飲み会を通して人脈をつくっていきたい人にもおすすめです!

WANNA(ワナ)

画像引用:ワナ
運営会社株式会社キネカ
年齢層男性:30代~50代
女性:20代~30代
対応地域日本全国
時給スタンダート:6,000円~
VIPクラス:10,000円~
ロイヤルVIPクラス:23,000円~

ワナはキャバクラ派遣最大手のTRY18を運営している会社のギャラ飲みサービスです。

ギャラ飲みサービスとしてはめずらしい運営会社独自のマナー研修も実施されていてキャストのホスピタリティが非常に高いと評判。

登録している女性の容姿レベルはよいのはもちろん、審査では内面も重視するとだけあって高級キャバクラ店と比べた時におとらないと信頼されています。

ただお金を稼ぐだけでなく接客スキルを磨いてプロへのセカンドキャリアを考えている人におすすめです。

LION(ライオンラウンジ)

画像引用:ライオンラウンジ
運営会社株式会社オープンマインド
年齢層男性:30代~50代
女性:20代
対応地域東京・大阪
時給5,000~10,000円

ライオンラウンジは、普段出会えないような美人と出会えるギャラ飲みサービスと言われているだけあって、審査の通過率が業界の中でも5%という狭き門です。

対応エリアは東京と大阪の2拠点で、男性ユーザーもかなりハイステータスな富裕層揃い。

キャストとして働けば普段出会えないような男性と高確率でマッチングでき、超リッチな世界を堪能できること間違いなしです。容姿に自信がある女性は是非チャレンジしていただきたいアプリのひとつです。

パパ活のメリットとデメリット

ここからはパパ活のメリットとデメリットについて解説していきます。

パパ活のメリット

①定期契約をすると安定して稼げる

パパ活は定期契約をしてもらえると安定して稼げるようになります。定

期契約とはパパが気に入った女性に「月に2回会って食事する」など条件を提示して、月々まとまった金額を女の子に支払うシステムのことです。

長期契約の場合はサポート額が段違いです。

定期契約のパパが1人でもできると月数十万単位の収入ができるのでかなり安定します。

②Hありだと1回で3~5万稼げる

パパ活はエッチありだと1回3~5万円稼げます。

容姿レベルによっては一晩10万円も珍しくありません。ギャラ飲みは1回の相場が高くても2万円、手当がついて3万円くらいです。体の関係をもつリスクはありますが、かなり効率よく大きく稼いでいくことが可能です。

③プレゼントや旅行などをおねだりできる

お金持ちのパパができるとプレゼントや旅行をおねだりできる可能性があります。女性にかわいくお願いされると報酬とは別にポンっと買ってくれることがよくあります。自分ではなかなか変えないブランドバックなどおねだりひとつで手に入るのはメリットです。

パパ活のデメリット

次はパパ活のデメリットを見ていきましょう。

①食事のみだと稼げない

パパ活は食事のみだと報酬が5,000~10,000円です。10,000円だとギャラ飲みと変わりがありません。むしろ低い場合もあります。パパ活はエッチありきで稼げる働き方だと認識しましょう。

②不倫や妊娠のリスクがつきまとう

パパ活は40代の既婚者がメイン層なので、エッチをすると不貞行為にあたります。それが配偶者にバレると慰謝料請求の対象になり裁判に発展することだってあります。あとは定期的に会ってエッチをすることで妊娠のリスクも当然出てきます。落とし穴と常に背中合わせということを意識していないとあっという間に転落する可能性があります。

③ストーカー行為に発展する可能性がある

パパ活は愛人と疑似恋愛を楽しめます。女性側はお金をもらっておじさんと遊んであげようくらいの気持ちでも、男性があなたに本気で夢中になってしまった場合ストーカー行為に発展する可能性もあります。そうすると学校や職場に知られたり警察沙汰になるリスクもあると考えておきましょう。

パパ活に向いている人

  • 月10万単位から稼ぎたい
  • 大人の関係を割り切れる
  • 体型に自信がある
  • 交渉力がある
  • 恋愛経験豊富
  • 学校や職場で年上の人に好かれる
  • マメでメールのやり取りが苦にならない
  • 1人の人と付き合うと長続きする

パパ活に向いている人は「交渉力があり大人の関係に抵抗がない人」です。パパたちは体の関係の有無で報酬金額の駆け引きをしてきます。

だから仕事と割り切っておじさんとキスとかエッチができる人はパパ活向きです。

稼ぎ方の方向性としては、1ヶ月のスケジュールの見通しがついて安定した収入の確約が欲しいと考えている人におすすめです。

時給制のギャラ飲みと違い市場価値は自分でつけられるので交渉力があると高値で契約ができる可能性があります。

一歩間違えれば不倫や妊娠のリスクがつきまとうからこそ、恋愛経験がそこそこある人の方がパパを手のひらで転がしながらリスクを避けていけるので向いています。

稼ぎたい人におすすめのパパ活アプリ

パパ活の方が向いているなと感じた人のために、しっかり稼げるパパ活アプリをご紹介したいと思います。

シュガーダディー

画像引用:” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>シュガーダディー
運営会社株式会社シナプスコンサルティング
年齢層男性:30代~50代
女性:20代~30代
対応地域北海道・東京・大阪・愛知・福岡・沖縄・海外
お手当相場・顔合わせ:5千円~1万円
・食事のみ:5千円~1万円
・大人の関係あり:2万円~5万円
・月極(大人の関係なし):5万円~15万円
・月極(大人の関係あり):10万円~50万円

シュガーダディーはパパ活の王道と言っても過言ではないほど有名なアプリです。そのため失敗したくない人こそシュガーダディーをおすすめします。

シュガーダディーの運営は24時間365日体制です。メッセージのやり取りで不適切なものがあったり、風俗へのスカウトやその他違反行為が見つかった場合、男性は強制退会させられます。

また女性からも通報機能があるため危険を回避できます。大人の関係に発展する可能性があるからこそ安心のシステムですね!

登録している男性の質も高く、会社経営者や役員などハイステータスな人が多いので安全にしっかり稼ぎたい人にぴったりのアプリです。

Love&(ラブアン)

画像引用:ラブアン
運営会社株式会社Blueborn
年齢層男性:30代~50代
女性:20代~30代
対応地域札幌・東京・大阪・愛知・福岡・沖縄・海外など
お手当相場・顔合わせ:5千円~1万円
・食事のみ:5千円~1万円
・体の関係あり:2万円~5万円
・月極(体の関係なし):5万円~15万円
・月極(体の関係あり):10万円~50万円

ラブアンはハイクラスな男性と出会いたい女性のためのパパ活サイトとして2019年に運営がスタートしました。業界初の動画で相手を選ぶマッチングサービスを導入!男性にアピールできる手段が増えたことであなたの魅力を伝えやすくなります。

また、ラブアンではオンラインで顔合わせができる機能があるので、事前にどんな相手かを確認することができます。当日会ってみないとわからないという心配を回避できるので安心です。

ただ安心感のある工程を踏むことでマッチングまでの時間がかかるので、じっくり相性を確認してから相手を選びたい人に向いているサイトと言えるでしょう。

PCMAX

画像引用:PCMAX
運営会社株式会社マックス
年齢層男性:20代前半~30代前半
女性:20代前半~30代前半
対応地域全国
お手当相場・顔合わせ:5千円~1万円
・食事のみ:5千円~1万円
・体の関係あり:2万円~5万円
・月極(体の関係なし):5万円~15万円
・月極(体の関係あり):10万円~50万円

PCMAXは超大手の出会い系アプリで気軽に遊ぶ相手を探せることからアクティブ会員が多です。

登録している男性の年齢層が若いことから太パパを見つけるのは難しいかもしれませんが、年収が上がり始める30代のルックスがいい男性にちょっとしたものをおごってもらいながら楽しく遊べそうなアプリです。

PCMAXには「アポ待ち」という機能があり、「今からすぐ会いたい」など時間が空いたときにメッセージができるためマッチングまでの時間を短縮できます。

ちょっとお金を持っている若い男性と時間をかけないで出会いたい人におすすめです♪

パパ活とギャラ飲みの違いのまとめ

2つとも男性に会ってお金をもらう仕事に変わりません。でも違いやそれぞれのメリットとデメリットを知ることで、どちらが自分に合った働き方か判断しやすくなったと思います。

ギャラ飲みは男性と深い関係にならず時間が空いたときに単発で稼ぎたい人に向いています。パパ活は少ない稼働で継続的にたくさん稼ぎたい人に向いています。

あなたが最優先したいことやこれだけは避けたいなどの基準をもって選択すると後悔せず楽しく稼ぐことができますよ^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次