パパ活でも「ホ別」を使う!?ホ別の意味や由来・SNSで「ホ別」を使う要注意人物について解説

パパ活のホ別

Twitterでたまに見る「ホ別」の意味がわからない、という方もいますよね。

ホ別は元々援助交際や風俗界隈で使われる言葉で、料金(お小遣い)と別にホテル代も払ってくださいという意味です。

今回はホ別の詳しい意味やパパ活界隈での使われ方、隠語が使われる背景について解説。

パパ活界隈ではホ別は大人の関係という意味になりますが、大人の関係を持つ時のお手当相場やメリット、デメリットについても説明します。

Twitter上で「ホ別」を乱用している悪質な危険人物についても紹介するので、パパ活女子さんもパパも最後までよく読んでくださいね。

目次

ホ別とは「ホテル代とは別に」の略称!援助交際・デリヘル用語

ホ別とは、ホテルとは別でお手当をもらうという意味です。

元々援助交際で使われていた言葉で、援助交際の代金にホテル代を含めないという意味になります。

デリヘルなどでも、ホ別ということが使われることもありますね。

つまり「お小遣い+ホテル代も男性が出してね」ってことです。

パパ活だとパパがホテル代を出すのは当たり前ですが、援助交際の時代は違いました。

「お小遣いの中からホテル代は出しておいて」と言って、先にホテルから出てしまうおじさんが結構いたんです。

そのため、交渉の時に「ホ別2でお願いします」などと伝えるようになりました。

「ホテルとは別で、純粋にエッチの代償として2万円ください」という意味です。

正直パパ活ではホ別は使わない

私もそうですが、パパ活でホ別って言葉は使いません。

たまに使っている男性・女性がいますが、「援助交際出身なのかな〜」と思っています。

そもそもパパ活している人はお金持ちが多いので、ホテル代を出せと言われることも稀です。

逆に使っていると「援助交際?」と思われてしまうので、使わないようにしましょう。

パパ活でホ別という人がいるのはなぜ?

SNSを見ていると、たまに「ホ別」と指定している人がいますね。

パパ活ではホテル代を出してもらえないことはあまりないと思いますが、どうして使っているのでしょうか?

私が見たところおそらく「念の為」なんだと思います。

パパ活の人口が増えてきて、エッチのお手当が5万円から3万円に下がリマした。

そのため、金のないパパがホテル代込みでお手当を渡す可能性があると考えた人が始めたのでしょう。

  • ホ別とは援交・デリヘル用語
  • ホテル代は別でお手当がかかるという意味
  • パパ活界隈ではあまり使われないが、たまに使っている女性もいる
  • パパ活人口が増えて、お手当からホテル代を出せというケチな男性避けのために使う人も現れた

ホ別という隠語が使われるようになった背景

援助交際は売春行為の1つで、公にはできません。

そのため隠語を使って、サイトや掲示板から追い出されないようにしたのが、ホ別などの用語が使われるようになった背景です。

特に未成年者が援助交際をすることが多かったので、各サイト・出会い系などでは厳しく取り締られました。

隠語を使い、密かに自分が援助交際する際の条件を伝えるようになったのです。

  • ホ別という言葉は、援交していることを隠すための隠語として生まれた

パパ活のホ別(大人の関係)の相場

パパ活ではホ別、つまりエッチすることを大人の関係と呼びます。

この際にどの程度のお手当がもらえるのかを説明しますね。

基本的にパパ活のホ別のお手当は、3万円〜10万円と幅があります。

女性のレベルが高いほどお手当が高く、モデルさんや芸能人級の女性だと一晩30万円以上ということもあるようですよ。

私の友人は芸能事務所に所属していましたが、食っていけなくてよくパパ活していました。

彼女は一晩50万円もらったりしていましたから、女性のレベルによって相場は変わります。

一般人がパパ活する場合は、相場は3〜5万円程度と考えておくと良いでしょう。

  • ホ別のお手当相場は3〜5万円!
  • 芸能人やモデルは一晩で数十万円なことも!
  • 見た目が可愛い子なら、10万円くらいは出してもらえるかも

パパ活でホ別するメリットとデメリット

パパ活でホ別するメリットとデメリットを説明します。

パパ活のホ別(大人の関係)のメリット

パパ活のホ別(大人の関係)のメリットは2つです。

少ないと思うかもしれませんが、リスクの方が高いのは確か。

それでもお金を重視するなら、大人の関係を持った方が早いです。

食事のみよりお手当が高い

食事のみのお手当相場は、5,000〜10,000円程度です。

しかし、パパ活のホ別は30,000〜50,000円もらえます。

お手当の金額が圧倒的に高いので、ホ別を選ぶ人が多いです。

トークスキル・容姿がなくてもそこそこ稼げる

食事のみでパパ活しようと思ったら、見た目もそうですし、トーク力も磨かないと無理です。

なんの見返りもなく男性がお金を払うか?というとそんな甘い話はありません。

食事のみでパパ活できている人は超美人、または話が面白いなど、何か得意なことがある人です。

その点大人の関係は、そう言ったスキルに関係なくヤリたい男性を集めやすく稼ぎやすいんです。

出会うスピードが早い

食事のみのパパはアプリ、交際クラブでもなかなか見つかりません。

しかし、ホ別は出会い系を使えばすぐに相手が見つかります。

アプリや交際クラブでも体目当ての男性は非常に多いので、エッチした方が相手が見つかりやすいのはメリットと言えるでしょう。

  • ホ別(大人)のメリットはお手当の高さ
  • トークスキル・容姿がハイレベルじゃなくても稼げる可能性がある
  • 出会いのスピードは食事のみより圧倒的に早い

パパ活のホ別(大人の関係)デメリット

次に、パパ活のホ別(大人の関係)のでメリットを紹介します。

大人の関係はメリットもありますが、デメリットもかなりあるので、慎重にデート内容を決めてくださいね。

病みやすい

好きでもない男性とエッチし続けていると、だんだん自己肯定感が下がってきます。

よくSNSで自分を「膣ドカタ」と呼ぶ人がいますが、これは自虐的な意味で使っているんです。

精神的に弱い人は、大人の関係(ホ別)しないでパパ活した方が、結果的に長続きすると思います。

関係が長続きしづらい

パパ活における男性の目標は、最終的にエッチすることです。

女性を落とすまでの過程を楽しむ男性が多いので、目標達成後に捨てられるケースもあります。

ホ別は即大人の関係を持つため、飽きられるのも早いのがデメリット。

そのため、常に新規パパを探して顔合わせしたりしなければならないので、収入なども安定しづらいでしょう。

妊娠のリスク

性行為する訳なので、当然妊娠するリスクがあります。

避妊も100%安全ではありません。

また、中には生中出しでもっとお金を払うと言ってくる非常識な男の人もいます。

こっそりゴムを外して生でエッチしようとする最低男もいるんです。

ピルを飲むなど対策を徹底しないと、妊娠してしまうリスクがあります。

性病のリスク

性病リスクも常にあります。

フェラチオでも咽頭クラミジアに感染することがあるので、ゴムをしていても100%安全とは言えません。

相手の男性が100%クリーンかどうかは、お互いに性病検査して確かめるしかありません。

お互いに検査しようと呼びかけてみたり、証明書なしではエッチしないなど、ルールを決めておいた方が良いと思います。

盗撮のリスク

パパ活界隈では盗撮も問題になっています。

家でエッチしたら盗撮されていて、ネットに流出させられるリスクがあるでしょう。

また、ホテルでも隠しカメラ・小型カメラを用いて盗撮する男性がいます。

後からリベンジポルノされるリスクもあるので、十分注意しましょう。

盗撮リスクについては以下の記事でまとめたので、良かったら読んでみてくださいね。

<内部リンクお願いします>

不倫のリスク

既婚者とエッチすると、法律上の不貞行為に当たります。

つまり、万が一配偶者に関係がバレるとあなたが慰謝料請求の対象になるということです。

慰謝料の請求額は状況にもよりますが、だいたい平均的に50万円から100万円くらい。

かなりの大金ですし、パパが立て替えてくれる保証もないので気をつけましょう!

おすすめの配偶者バレ対策は、LINE登録名を会社名(または男性の名前)に変えておくこと。

中身を見られたらアウトですが、配偶者も携帯を盗み見る際はアイコン・名前が女性の履歴からチェックしていくので、バレづらくなります。

そのほか携帯の通知を切ってもらうなどして、配偶者バレしないように気をつけてくださいね。

相手がガチ恋になるリスク

エッチすると気持ちが入り、ガチ恋になる男性もいます。

男性の心理では「エッチさせてくれる=自分に好意がある」と思うからです。

不思議なのですが、意外と男性って少年みたいな価値観を持っていますよね。

お金のためにエッチしていることが理解できない人もいます。

ガチ恋が悪化すると、ストーカーになって家に押しかけてきたり、交際を迫られて面倒です。

過剰な色恋はしない方がよく、割り切ってエッチすることをパパにもわからせる必要があります。

LINEで大好きと発言しない、など一線を置いてデートしましょう。

  • ホ別(大人の関係)のデメリットは結構多い
  • 妊娠や性病リスクがあるので、避妊や検査は徹底する
  • 盗撮リスクがあるので注意
  • 不倫になるリスクもあるので、配偶者バレ対策をすること
  • 相手がガチ恋になってストーカーになることもある
  • 大人の関係を持つなら、パパに過剰な色恋は厳禁

【危険】ホ別を提示しているSNSアカウントの特徴!

ホ別は援助交際やデリヘルの用語であり、パパ活界隈では一般的ではありません。

ホ別を強調しているSNSアカウントやパパ活プロフは危険なことがあるので、注意しましょう。

未成年

SNSでホ別を使っているのは未成年者が多いです。

元々未成年はパパ活アプリが使えません。

そのためTwitterなどでパパ募集をするのですが、その際にホ別を使いたがるんですよね。

未成年とエッチすると、児童ポルノ防止法や児童売春で男性は逮捕されます。

パパ活しているパパたちにとっては大きなリスクなので、未成年アカウントに声をかけないようにしましょう。

1回めからエッチ希望の男性

パパ活アプリ、出会い系であっても「ホ別」を使っている男性は避けましょう。

援助交際をしていた経験がある、または即ハメ希望の人が多く、顔合わせでワンクッション挟めません。

相手が危険人物だった場合は、ホテルに2人きりになると暴力を振るわれたり、合意なく性行為に及ばれるリスクがあります。

そもそも体目当てなので、継続的にエッチしてお金を払わないこともあるので、ホ別を使っている男性は避けましょう。

援デリ業者

Twitter上でパパ活女子を装って援デリ業者が活動していることもあります。

パパ活に見せかけて男性を呼び出して、ホテルに入った時点で料金を請求するのが手口です。

断っても、外にお店の従業員が控えていて脅されてお金を取られることもあります。

  • SNSでホ別を使っている人は危険人物の可能性がある
  • 未成年…男性が逮捕される・13歳以下なら一発アウト
  • 1回めからエッチ希望のヤリ目も多い、基本的に交際が続かないのでヤリ損になる可能性もある
  • 援助デリバリー業者がパパ活女子のふりをしていることもある(風俗用語をついつい使っているパターン)

まとめ

ホ別は援助交際やデリヘル用語で、パパ活では一般的ではありません。

意味としては「お手当を払った上で、ホテル代は別で払ってください」という意味。

基本的にパパ活では使いませんが、TwitterなどSNSではたまに使われています。

そもそもSNSでホ別を提示しているアカウントは未成年、ヤリモク男性、援助デリバリー業者のこともあるので気をつけましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次