パパ活アプリおすすめランキング

パパ活をインスタグラムでやる方法!実際おすすめできない理由は?

パパ活のインスタでのやり方

インスタグラム(Instagram)でパパ活ができれば、ユーザーも多くパパが見つかりそうですよね?

スマホさえあれば簡単にアカウントが作れますし、今すぐにパパ活が始められそうですよね。

ただ、インスタでのパパ活はおすすめできないと言われているんです。そう言われると気になりますよね。

その理由は何なのか、パパ活でインスタを使うやり方をご紹介しながら解説していきます。

パパ活アプリ選びで迷う方へ

パパ活アプリって本当に良いものも怪しいものもありますので注意してください。ナイトガーデンスタッフが全部つかって、さらにアンケートを取った中で質が高いのは「シュガーダディー」です。男性も女性もここからスタートすれば安心です。

目次

インスタグラムのパパ活事情について

まずはインスタでのパパ活がどのような物なのか、実際にパパ活ができるのかからご紹介します。

そもそもインスタでパパ活ができるのか?

インスタは14歳以上であれば、アカウントを作成し利用することができるSNSです。

日本国内のユーザー数も3,300万人を越え、10代では半数が利用している人気SNSですね。

以前はもっと女性ユーザーの比率が高かったのですが、最近では男性の利用も増え年配層の利用者も増えています。

国内では、LINE、Youtube、Twitterに次ぐユーザー数の多さから、パパ活をするにも困らないような気もしますね。

ただ、18歳未満の利用者には一定の制限がかかります。

  • 16歳未満:新規アカウントはデフォルトで非公開
  • 18歳未満:フォローしていない成人とのDMが制限

このように、18歳未満の女性はパパ活ができないシステムになっているんです。

そうは言うものの、インスタは身分証明書を提出しての年齢確認がされないため、18歳未満の女性がパパ活利用しているというのが実態ですね。

インスタグラムでパパ活をしているのはどんな人?

では、インスタでパパ活をしている女性は、どのようなタイプなのでしょうか?

パパ活女子のインスタの利用方法をまとめました。

パパ募集をしている18歳未満の女性

インスタを使ってパパ募集している女性は、パパ活アプリや交際クラブに登録ができない18歳未満の女性である場合がほとんどです。

パパ活アプリや出会い系サイトでは、身分証明書を提出して年齢確認をする必要があり、18歳未満の女性の登録は難しくなっています。

交際クラブも面接時に身分証明書を確認されますし、10代の場合は顔写真付きの証明書でないと登録ができない場合が多いです。

そのような理由もあって、年齢確認が甘いインスタなどSNSを利用してパパ活をする未成年の女性は後を絶ちません。

ハイブランド・高級料理を投稿しているパパ活女子

パパ活女子の中には、パパから貰ったハイブランドのプレゼントや、パパ活デートでのお食事写真、海外旅行風景などを投稿している人もいますね。

大学生や20代前半の普通のOLだと、自分で買ったり食べたりすることが難しいような写真ばかり掲載している女性は、パパ活女子である可能性は高いです。

数枚だけなら自分で買ったのかもしれませんが、ほとんどが高級な物になると実家が太い女性かパパ活女子のどちらかです。

この場合も、本垢ではなく裏垢でやっていることがほとんどです。

パパとのやり取りに使っているパパ活女子

インスタグラムでは通常のDMだけでなく、ビデオチャットなどができる電話&通話機能もありますね。

プライベートなLINEを交換したくないパパ活女子が、インスタをパパとの連絡手段に使っている場合もあります。

また、一人だけのパパ用にパパ活デートやプレゼントを掲載し、思い出を共有しているパパ活女子もいます。

この場合は、一人のパパに対して1つのアカウントであること、アカウントをパパごとに使い分ける必要がありますね。

インスタは複数アカウントを作るのが簡単な為、パパごとに使い分けることも容易です。

インスタでもパパ活男性からのアプローチはある?

インスタのパパ活おぢ撃退しようとしたら間違えて電話かけちゃうの死んだwwwwww罠すぎやろインスタの電話

@nyaaa2a

インスタのDMにパパ活しませんかって来たんだけどもしかして身バレした?

@mchi_black

朝からインスタでパパ活のお誘い()がきて殺伐としました

@fundoCOA

女性がパパ募集をするだけでなく、男性からパパ活のお誘いDMが来ることもあります。

パパ活女子だけに限らず、一般女性に対してもDMが来るケースが多いようです。

ただ、本当にパパ活目的の男性なのか、お手当が貰えて安全な男性であるかどうかは疑問です。

その理由は、後程詳しくご紹介していきます。

インスタグラムでのパパ活のやり方と手順

インスタでのパパ活のやり方を手順に沿って解説していきます。

写真と動画が中心のインスタで、どのようにしてパパ活をするのでしょうか?

1、インスタでパパ活用のアカウントを作成する

インスタグラム(Instagram)をダウンロードしていない人は、スマホにインストールしておきましょう。

  1. メールアドレス
  2. 電話番号

このどちらかを使ってアカウントを作成しますが、複数アカウントは5つまで持つことができます。

本垢でパパ活をするのは危険ですので、本垢とは別に裏垢を作っていきましょう。

新規でアカウントを作成する場合

新規で作成する場合はアプリをダウンロード後、メールアドレスか電話番号のどちらかを入力します。

認証コードが送られてきますので、その番号を入力。

名前(ニックネーム)とパスワードの設定を行います。

誕生日を入力すれば、アカウントを作成することができます。

複数アカウントを作成する場合

インスタグラムは、1つのアカウントに対して4つの紐づけできるサブアカウントを持つことができます。

サブアカウントは簡単に切り替えることができ便利なのですが、ついうっかり本垢にパパ活投稿してしまう可能性もありますね。

ですので、サブ垢ではなく新しくアカウントを作った方がいいと思います。

Gmailなどで裏垢用のメールアドレスを作り、メール認証をしてもう一つアカウントを作りましょう。

設定⇒アカウントを追加⇒メールアドレス・パスワード入力⇒認証コード入力⇒ニックネーム登録⇒生年月日入力

  • Facebookと連携しない
  • 連絡先の同期はしない
  • 「フォローする人を見つける」はキャンセル
  • 名前は本名や本垢と関連のない物を使う
  • 生年月日を入力する際は必ず18歳以上であること
  • 電話番号は登録しない

裏垢を作る時に気を付けたいポイントは、このようなものになります。

個人情報に関することは登録しない、他のアカウントと紐づけはしないことは必ず守ってください。

連絡先を同期してしまうと、あなたの知り合いにおすすめアカウントとして表示されてしまいます。

そこからバレる可能性は高いですので、同期やFacebookとの連携もしないようにしてください。

2.プロフィールやアカウント名でパパ活を匂わせる

  • アカウント名はpjやp活などをプラスする
  • プロフィールにはpjであること、スぺや活動地域を記載する

アカウント名は自分のニックネームにpjなどをプラスして、パパ活目的であることがわかるようにしましょう。

プロフィールには年齢や活動地域などの情報を入れておきます。

ただし、インスタでは性的に卑猥な言葉が厳しく禁止されているため、エッチな言葉を使ってしまうと垢バンされてしまいます。

アカウント名・プロフィール・ハッシュタグ・コメントすべてに適応されますので気を付けましょう。

3.パパ活募集の画像を作成する

インスタは文章でパパ活募集することが難しいですので、画像や動画でパパを募集します。

スマホのメモを利用するなどして、プロフィールや条件などを記載した画像を用意します。

  • プロフィール:ニックネーム・年齢・スペック
  • 条件:活動場所・お手当・交通費
  • NG行為:大人・晒し・盗撮・暴言など
  • メッセージ

このようなプロフィールを作成し、ハッシュタグと共に投稿します。

または、身バレしない程度の写真を何枚か掲載しておくだけで、男性からDMが来る場合があります。

自分の写真を投稿するときは、普段使っている洋服やアクセサリーで写真は撮らないこと、スタンプで隠してもバレる可能性があるので顔写真はやめておいた方がいいでしょう。

4.ハッシュタグを付けて投稿する

先ほどもお伝えしたように、インスタでは禁止されているハッシュタグがあります。

また、「#パパ活」でアカウント停止になる可能性もあります。「#p活」「#pj」は今のところ大丈夫なようですが、ハッシュタグの使い方には注意した方がいいと思います。

また、インスタはハッシュタグのバンも行います。

禁止ハッシュタグを使うと、検索した時にヒットしなかったりガイドライン違犯のメッセージが出ます。

せっかく投稿しても人の目に触れないことになりますので、投稿前には確認しておきましょう。

禁止されているハッシュタグの調べ方は、

  1. 検索窓に使いたいハッシュタグを入れて検索
  2. 利用したいハッシュタグを押して投稿一覧に移動

一覧へ移動し

一部の投稿がInstagramのコミュニティガイドラインに違反している可能性があるため、#〇〇の最近の投稿は非表示になっています。

このアナウンスが出ると、禁止ハッシュタグと言うことになります。

#teensで検索した結果ですが、英語ハッシュタグだけでなく日本語でも禁止タグがあるので気を付けましょう。

セクシー・裸・副業などは禁止タグになっています。

禁止ハッシュタグを使うだけでは垢バンにはなりませんが、多くの禁止タグを使ってしまった場合はシャドウバンされることになります。

5.インスタのDMを使ってやり取りする

投稿を見た男性からアプローチがありますので、DMを使ってやり取りします。

インスタは本人確認がなく、無料で利用できるためパパ活ができる富裕層男性ではない人物からDMが来る可能性も高いです。

少しでも怪しいと思ったら会わないこと、事前に条件のすり合わせをしておくことは重要です。

インスタがパパ活向きでないと言われている理由

アカウントを作ることも簡単ですし、裏垢さえ作れば誰でもパパ活ができるインスタですが、インスタはパパ活には向いていないと言われています。

その理由をご紹介しますので、しっかりと確認しておいてください。

写真メインのSNSのため相手が見つかりづらい

インスタグラムは文章を使ってパパ活募集することができません。

ハッシュタグやアカウント検索で相手を見つけることになりますので、会員数は多いですがパパ活での利便性は低いと言えます。

また、最近ではパパ活世代男性のユーザー数も増えてきましたが、まだ若い女性ユーザーがメインのSNSです。

パパ活アプリよりも会員数は多いですが、パパ活目的の男性はかなり少ないのはデメリットですね。

年齢や本人確認がされておらず匿名性が高い

インスタは14歳以上であれば、誰でも利用することができます。

年齢確認や本人確認なしにアカウントが作れてしまいますね。そのため、14歳になっていなくても、スマホさえあれば誰でもアカウントが作れてしまいます。

パパ活アプリは、18歳以上でないと利用することができません。

身分証明書を提出して年齢確認をする必要があるため、身分証を偽造したり自分以外の身分証を使わない限りは18歳未満の女性は登録できないということになります。

そのため、18歳未満の女性がパパ活をするのに利用するのが、TwitterやInstagramの年齢確認がないSNSになりますね。

男性も同様に身分証を提出する必要がありませんので、匿名性が高く危険です。

無料で利用できることから、お金に余裕のない男性もパパと偽ってパパ活相手を探すことができますね。

男性の場合は18歳未満の女性とパパ活すると、罪に問われる可能性も高いです。

そのようなリスクを冒してまでインスタでパパ活をする男性に、富裕層男性や社会的地位の高い男性はいるでしょうか?

インスタでのパパ活はお手当相場が低い

インスタでのパパ活のお手当相場はかなり安いです。

パパ活アプリインスタグラム
顔合わせ5,000円〜30,000円3,000円〜5,000円
食事のみ5,000円〜40,000円4,000円〜10,000円
大人の関係有30,000円〜100,000円10,000円〜

パパ活アプリと比べると、お手当の安さがわかりますよね?

また、プチのようにオプションを設けてあったり、時給制でパパ活をしている女性も多いようです。

プチや大人でのパパ活がメインになりますので、リスクも高くなります。

ハッシュタグ規制がありパパ活投稿は垢バンされる可能性もある

禁止ハッシュタグのお話はしましたが、今禁止になっていないものでも急に禁止される可能性があります。

パパ活はグレーな部分があること、インスタは未成年者も利用できるSNSであることから、規制が厳しくなる可能性もあります。

過去に投稿したハッシュタグも、時々禁止になっていないかどうかチェックしてみることをおすすめします。

パパ活にインスタを使っている口コミ

インスタをパパ活で使っている男女の口コミを集めました。

どのような人が多いのか、利用方法も含めてご覧ください。

インスタを利用しているパパ活男性の口コミ

インスタ始めてみたけど使い方がわからん p活垢をフォローしたいけど見つからない 「p活」「パパ活」ってNGワードにでもなってるんかな?

@u20180209

Twitterでのp活は理解できたので、そのうちインスタでのp活に挑戦してみます笑

@masuo_papa

そもそも、インスタの使い方がわからない男性も多いようです。パパ活世代の男性だと、アカウントは作ったけど使っていないという男性も多いのかもしれません。

InstagramでP活しようとしたらバカくそ詐欺られたわ 全員詐欺やんけ

@Ysmdj

TwitterにもInstagramにも、パパ活DM来まくるけど、月20万で体の関係契約とかするなら、吉原の4万円という中級店でお気に入りを見つけたほうが良いし、もっと言えば、角海老の1万5千円〜2万円の方が楽しかったりする。

@PubTak

加工写真に騙された、風俗の方が楽しいという男性もいますね。

インスタでは写真加工は基本ですし、自分のなりたい顔に加工する10代女性の割合は高いですので、写真詐欺に合う可能性も高いようです。

インスタを利用している女性のパパ活に関する口コミ

p活ってインスタじゃできないの?って聞かれる事あるけど、基本的には止めた方が良いかな! それよりもアプリとか使ってちゃんと始めた方が良いよ(#^.^#)

@miomioimada

インスタでもp活依頼… 限界感じるなあ〜
謝礼ありのカフェ活動、好きな服装でお小遣いが変動。最低でも1.5万円以上…

@neko__blue2

InstagramでP活せん?って海外ダンディにメッセージもらた
興味ないですまん

Instagramに「パパ活エージェント」とやらからメッセージがきたんだけれど、アメリカ入っていないのに「アメリカンドリーム」って書いてあるのに笑ってしまった 全然アメリカンじゃない

パパ活アカウントでも、プライベートなアカウントでも、パパ活関連のDMは来るようです。

ただやはり怪しい案件が多いので、詐欺や怪しい男性を見分ける力は必要になりますね。

パパ活にインスタを使う時に注意したいこと

あまりパパ活とは相性が良くないインスタグラムですが、どうしても利用したい場合に注意したいことをまとめました。

本垢でパパ活はしない・本垢とリンクさせない

インスタは画像を使ったSNSですね。

情報化社会で、写真に写り込んでいる背景や食事などから情報を収集することは容易です。

生活圏を特定するのは割と簡単ですし、他のアカウントと同じような投稿をしている場合は個人情報も特定されてしまう場合があります。

プライベートな写真や動画を投稿している本垢がバレてしまうと、身バレする危険性は高いですね。

そのため、裏垢と本垢はリンクさせないこと、同じような投稿をしないことが大切です。

また、本垢にパパ活目的の男性からDMが来ることもあるでしょう。

その場合は、辞めておいた方がいいですね。

プライベートな写真が掲載してあるため、すでに個人情報を提供しているようなものです。

インスタでパパ活をする男性は、悪質な場合が多いです。ストーカー被害に合ったり、詐欺や恐喝などのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。充分に注意しましょう。

相手が写真を掲載していたとしても簡単に信じない

DMがあった相手のアカウントで、顔写真や豪華な食事、高級車や海外の風景などお金持ちそうな画像が掲載されている場合もあるでしょう。

ただ、それが本当に男性が撮影した物なのか、男性本人なのかはわかりません。

ネットの拾い画かもしれませんし、女性を騙す目的でアカウントを作っているかもしれません。

札束や豪華な料理、ハイブランドなどに釣られて騙されないようにしましょう。

スカウトからのDMなど業者や詐欺目的を見分ける

パパ活アカウントを作ると、必ずと言っていいほどスカウトなどの業者や詐欺目的の相手からDMが来ます。

インスタにパパ活交際クラブの勧誘してくんな

このようなツイートがありますが、交際クラブの勧誘とは限りません。

交際クラブに見せかけた援デリ業者の可能性が高いですし、AVの可能性もありますね。

芸能事務所を装った悪質なスカウトや詐欺もありますので、十分に注意しましょう。

特に、社会経験がなく騙しやすい10代・20代の女性をターゲットにしているケースが多いですので、うまい話には乗らないようにしましょう。

パパ活での戦利品のインスタ投稿はやめた方がいい

意外と水商売が国税に刺されているっぽい。 パパ活もInstagramとTwitterからやられてる人いた。贈与税払わされるのかw
表に出ないだけでかなりやられているのかもしれない。

@mksaryo

パパからのプレゼントやお手当を、インスタやツイッターに投稿しているパパ活女子はよく見かけますよね?

キラキラ女子の仲間入りをしたい気持ちはわかりますが、高額なお手当やハイブランドばかりを載せていると、国税に目を付けられる可能性があります。

パパ活でのお手当やプレゼントは、年間110万円を超えると贈与税として申告する必要があります。

所得を隠してしまうと、追徴課税などのペナルティを受けることになりますので必ず行いましょう。

特に、インスタやツイッターでパパ活垢を持っているなら、自慢は程々にした方がいいですね。

インスタのパパ活はサイポリによる監視や通報を受ける可能性がある

警察庁;令和2年における少年非行、児童虐待および子どもの性被害の状況

SNSに起因する犯罪被害に合った児童の数は多く、サイポリによる監視は厳しくなっています。

インスタはツイッターに続き被害児童の数が多いSNSになっており、インスタでもサイポリによって監視されています。

インスタアカウント自体がサイポリにマークされると、垢バンになる可能性もあります。

垢バンだけならいいのですが、18歳未満の女性の場合はお食事のみの健全パパ活であっても補導されます。

補導されれば親に連絡が行くだけでなく、最悪の場合は学校に連絡が入り停学、退学の処分が下されることもあります。

将来的にも影響してしまうケースがありますので、18歳未満の女性はパパ活をしない。パパ活アプリや交際クラブに登録できるようになるまで待ちましょう。

また、パパ活目的だと分かると、通報して垢バンさせようと思う人がいて、突然アカウントにログインできなくなってしまい、連鎖的に別アカウントに被害が及ぶこともあるので注意して下さい。

まとめ

インスタグラムは無料で誰でも始められ、複数のアカウントを作るのも簡単です。

裏垢を作ってハッシュタグでパパ活募集すればいいだけなので、募集の方法も楽ですね。

ただ、インスタでのパパ活は危険な部分も多いです。

  • 男性も無料で利用できる(お金のない人も利用できる)
  • 本人確認・年齢確認がない
  • DMを送って来るのは質の悪い男性が多い
  • 体の関係がメイン
  • お手当が安い
  • 身バレの可能性もある
  • スカウトや詐欺など業者によるDMが多い

このようなリスクもあり、あまりお勧めできるパパ活の方法ではありません。

18歳以上の女性であれば、パパ活アプリを利用してのパパ活をおすすめしますし、18歳未満の女性はパパ活はまだ早いですね。

危険な目に合うようなことは絶対に避けて、インスタはプライベートでのみ楽しんだ方がいいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次