パパ活アプリおすすめランキング

パパ活のメイク決定版!男性にウケがいいお化粧のコツから使えるコスメまで

パパ活で稼ぐためには、まずプロフ写真や会った時の第一印象でパパに気に入ってもらうことが大切ですね。

そのためには、パパ活男性にウケるメイクで男性と会う必要があります。

パパ活男性は年代的にかなり上なので、普段しているメイクではウケが悪いかもしれません。

どんなメイクがパパ活でモテるのか、メイクのポイントと一緒にお伝えします。

あまりお化粧が得意でないな。という女性や自信のない女性にもわかりやすくご紹介していきますね。

パパ活アプリ選びで迷う方へ

パパ活アプリって本当に良いものも怪しいものもありますので注意してください。ナイトガーデンスタッフが全部つかって、さらにアンケートを取った中で質が高いのは「シュガーダディー」です。男性も女性もここからスタートすれば安心です。

目次

パパ活で男性にウケるメイクとは?

パパ活でメイクが重要なわけは、やはり見た目がパパ活で重要な位置を占めるからです。

プロフ写真は多少の加工で盛れますが、実際に会って印象が違い過ぎるとがっかりされてしまいますし、最悪写真詐欺と言われてしまいます。

実物の方が可愛い!と言われる逆写真詐欺になれるよう、どんなメイクがパパ活でウケるのかをまずはご紹介しておきますね。

清楚系ナチュラルメイクはパパ活の基本

メイクの流行りはかなり早く移り変わっていきますね。

流行りのメイクをしていないと、取り残されたような古い印象になってしまうのも確かです。

ただ、パパ活メイクの基本は、清楚系のナチュラルメイクなので、あまりトレンドに左右されるものではありません。

少しトレンドを取り入れるくらいで、ナチュラル系を意識しておくと間違いありません。

ナチュラルメイクとは、すっぴんに見えるようなお化粧ではなく、しっかりとベースメイクをして美しい肌に見せるメイクです。

そのためには、普段からスキンケアに力を入れておく、お化粧ノリのいい肌を作ることが大切になります。

太パパ狙いなら少し強めの美人系メイク

富裕層男性は清楚系よりも、少し強めの美人を好む方も多いです。

ケバい濃いさではなく、上品で強めな濃さを意識するといいと思います。

好みが別れるところですが、一般のモデルさんよりも、モード系なかっこいいモデルさんがしているようなメイクもウケますね。

男性の好みに合わせてメイクを変えるのは基本ですが、太パパ狙いならプロフ写真のメイクも少し強めを意識するといいですよ。

プライベートのメイクと違う上品さを意識する

プライベートではトレンドメイクをどんどん取り入れてもOKですが、パパ活は大人っぽい上品さを意識することが大切です。

つけまつ毛で盛り過ぎない、泪袋を作り過ぎないなど、女優さんがしているような自然なメイクは全般的にウケはいいです。

また、清潔感があるというのも忘れてはいけません。

眉毛や産毛の処理、ネイルもしっかりとしておきましょう。

トータルバランスを考える

メイクは髪型や服装と合わせることも大切ですね。

大人っぽいメイクなのに、パステル系の可愛い服だとアンバランスです。

また、自分のコンプレックスをカバーするためにも、服装や髪型までトータルで考えた方がいいですね。

逆に自信がある部分を強調するのもいいでしょう。

パパ活でウケる髪型は、やはり黒髪かダークカラーのロングヘアーです。

髪型についてはこちらで詳しく解説していますので、ポイントだけでもおさえた置いた方がいいと思います。

パパ活でやったらモテないNGメイク

では逆に、パパ活でやったら男性ウケしないNGメイクとはどのような物なのでしょうか?

絶対に避けるべきメイクをご紹介しておきます。

お化粧なしのすっぴんは絶対にNG

パパ活ですので、すっぴんで出かける女性はいないとは思いますが、パパ活デートでお化粧なしは絶対にNGです。

素肌っぽく見えるベースメイクはいいですが、本当に素肌はやめた方がいいでしょう。

パパからの急な呼び出しでお化粧が間に合わないとき、「そのままでいいからおいで」と言われることもありますが、真に受けてすっぴんのまま会いに行くのはやめましょう。

また、お付き合いが長くなるとメイクや服装に手を抜きがちになってしまいますが、お別れの原因になることもあるので手を抜かないようにした方がいいですね。

メイクは最低限のマナーだと思っておいた方がいいでしょう。

流行りに乗り過ぎたメイク

女性から見てかわいいと思うメイクでも、男性から見るとちょっと・・・と引かれてしまうメイクもあります。

特に流行りのメイクは、多少奇抜なケースもあるのでやめておきましょう。

パパ活男性の中には、10代女性の文化が好き、若い子の流行りが知りたいという方もいますが、リクエストがあったら次のデートで対応した方がいいですね。

トレンドメイクを楽しむのはプライベートのみで、パパ活には使わない方がいいということは覚えておいてください。

水商売系の派手・ケバいメイク

夜のお商売のメイクは、派手なドレスときっちりとセットした髪型に合うように派手なことが多いですね。

パパ活の場合は、清楚系の服に合わせるため派手メイクだと浮いてしまいます。

また、素人女性とのお付き合いを求めている男性がほとんどなので、ケバいメイクは敬遠されます。

目を大きく見せようと盛り過ぎたり、メイク慣れしていないとどんどん濃くなってしまいますので気を付けましょう。

目元を強調するなら口元を控えめにするなど、バランスの取れたメイクを心がけてください。

肌荒れが目立つ・化粧崩れ

パパ活デートは頻繁にお化粧直しに席を外せない場合が多いですね。

最初はばっちりメイクでも、時間がたつにつれて崩れてしまうことが多いです。特にお店が乾燥していたり、お酒を飲んで体が温まったりすると崩れやすくなりますね。

冬は乾燥対策、夏はテカリ対策をして化粧崩れしないようにしていきましょう。

肌荒れしていると化粧ノリが悪くなるだけでなく、ついつい厚塗りして隠そうとしてしまうので崩れやすくなってしまいます。

どんなに疲れていても必ずメイクを落としてから寝る、睡眠時間や食事などにも気を使ってお肌が荒れないようにしていきたいですね。

パパ活メイクのやり方とポイント

では、実際にパパ活で使えるメイクをポイントごとにご紹介していきます。

パパ活メイクのポイント

  • 艶感を出す
  • 派手になり過ぎないナチュラルメイク
  • 化粧崩れしにくい
  • ピンク・ベージュ・ブラウンなら間違いない

メイクには流行りがありますが、まずはこのポイントを基本にするといいと思います。

ベースメイク:素肌感・透明感を出す

ベースメイクはパパ活メイクで一番重要になるポイントです。

肌がつるんとして艶があるだけで綺麗に見えてしまうので、ベースメイクはしっかりと覚えましょう。

手抜きをしてしまうと化粧崩れしたり、不健康に見えてしまうので気を付けてください。

STEP
洗顔してスキンケア

メイク前は必ず洗顔して肌の汚れや不要な油分を取り除きます。
その後は化粧水と乳液など、普段のスキンケアをして肌を整えます。

STEP
化粧下地

化粧下地をして、毛穴やシミ、肌の凸凹をカバーしていきます。
ファンデーションを塗る前に肌のきめを整える、肌を保護する、化粧崩れを防ぐことができますので、省かずに使っていきましょう。

STEP
リキッドファンデ

パウダーファンデーションは手早くメイクを完成することができますが、こだわりがないならリキッドタイプの方がおすすめです。
化粧下地を省きたい場合は、クッションファンデを使ってみるのもいいと思います。
美容液とファンデーションが一体になっているので、乾燥肌の女性にもおすすめです。

STEP
コンシーラで気になる部分をカバー

シミやニキビ跡、クマなど気になる部分はコンシーラでカバーします。
少量をたたき込むようにして馴染ませます。

STEP
フェイスパウダー

最後にフェイスパウダーで肌のテカリやべたつきを抑えます。
化粧崩れを防ぐ効果もありますが、前髪が肌と擦れて崩れないなどの使い道もありますよ。

ファンデーションにはマットな仕上がりになるものと、艶感重視なタイプがあります。

パパ活の場合は艶感があるタイプを選んだ方がウケはいいと思います。

肌色を明るく見せたいですが、自分の肌と違い過ぎるトーンを選んでしまうと浮いてしまいますので、明るくしたいならワントーンのみ上げるようにしてください。

アイメイク:ブラウン・ピンク系にカラコンをプラス

目を大きく見せたいという女性は多いと思いますが、つけまつ毛で盛り過ぎたりアイライナーをガッツリ引いてしまってはナチュラルな印象から遠ざかってしまいます。

カラコンを使うなら、黒目が少し大きく見えるタイプのナチュラルカラーにした方がいいでしょう。

アイシャドウはブラウン、ピンク、コーラルなど暖色系のものをチョイスして奇抜な色は避けます。

ラメを使うなら小粒の物を少量ワンポイントで使ってください。

目袋も強調し過ぎると男性ウケは悪いです。自然な感じに仕上げていきましょう。

チーク:子供っぽくならないように

チークを適当に入れている女性もいますが、顔の印象を大きく変える部分です。

頬の真ん中上に入れると子供っぽくなりますし、耳横から頬骨にかけて入れるとシャープな大人の印象になります。

強く入れ過ぎると化粧下手に見えてしまいますので、チークをブラシに取ったら手の甲で少しはたいてから乗せていくといいですね。

ピンク系を使うと子供っぽくなるので、落ち着いた色を乗せていきましょう。

リップ:艶感を出す

パパ活デートで気になるのが、リップが落ちてしまうことです。

お食事をしているとどうしても取れてしまうため、下地をしっかりと作っておきましょう。

動画では落ちないリップの付け方として、下地の後にリップ、その後にマキシマイザーやグロスを付けていく方法が紹介されています。

リップは乾燥が気になる場合は潤いタイプ、長時間持たせたいならマットタイプを選んでください。

カラーは強すぎない色を選び、グロスで潤い艶感を出すのがパパ活男性にウケる口元です。

メイクや素顔に自信がない女性のパパ活メイク術

パパ活は見た目がとても大事で、容姿に自信のない女性は稼げないのではないか?と不安だと思います。

ただし、女性はメイクで何割増しにも見せることができるので、自信がない女性はメイクの技術を上げて自分に自信をつけていきましょう。

整形メイクを取り入れてみる

「整形メイク」「詐欺メイク」と呼ばれるメイクテクニックは、自信がない女性にぴったりです。

動画を見ながら、どのように顔を作っていけばいいのか、自分の顔にも使えるかどうかをチェックしてみましょう。

Youtubeで検索すればいくらでも解説動画が出てきますので、なるべく自分に近いモデルさんの動画を参考にするといいですね。

最初は上手くできなくても、慣れてくると時短でできるようになってきます。

アプリで写真を加工するよりも、詐欺メイクで盛った写真を掲載した方が会った時の印象が違い過ぎないのでおすすめです。

整形しなくてもメイクで理想に近づけるので、練習してみてくださいね。

パパの好みを聞き出して理想に寄せる

パパ活では物凄い美人だけが稼いでいるわけではありません。

男性に気に入られることが一番の稼げるポイントですので、見た目は男性の好みに寄せていくことをおすすめします。

まずは、パパ活アプリ内で男性の好みを聞き出すことから始めましょう。

好きな芸能人や、どんなタイプが好きなのかがわかれば、メイクや服装、雰囲気で寄せていくことができます。

また、パパ活アプリ内で仲良くなっておくことも重要ですね。

すぐにアポを取りたい気持ちはわかりますが、まずは男性が会ってみたいと思えるまでメッセージのやり取りで親密度を上げておくといいと思います。

パパ活コスメはプチプラではだめ?

パパ活女子はデパコスを使っているイメージですが、プチプラコスメでメイクをするのはダメなのか気になりますよね?

メイク道具をそろえるのも大変ですので、パパ活で使えるコスメもご紹介しておきます。

パパにおねだりするならデパコスがおすすめ

デパコスは、パパにおねだりしやすい価格帯のプレゼントです。

パパ活のプレゼントと言えば、ハイブランドバッグなど高価な物を想像しいますが、実際はそんなに予算が取れる男性はあまりいません。

パパのプレゼント予算が1万円までだとしたら、デパコスだと余裕ですね。

また、クリスマスやバレンタインなど、イベント時に限定コフレが発売されるため、男性も準備しやすいプレゼントの一つです。

メイクアイテムは基礎化粧品のようにたくさん使うものではありませんし、数か月から1年は持ちますよね?

パパ活で貰ったお手当を自分に投資することも必要ですので、一つずつお気に入りのブランドで揃えていくのもおすすめですよ。

特に、シャドウやリップは発色も良く、肌ケアもできるので一つ持っておくといいでしょう。

プチプラコスメと組み合わせて使う

多くの女性は、プチプラコスメとデパコスを組み合わせて使っています。

プチプラコスメは、発色の良さと持ちの良さで選んで行きましょう。

ドラッグストアで気軽に買えて発色がいいと言えばKATE(ケイト)ですね。

韓国コスメもプチプラな物が多く、クッションファンデをはじめ肌ケアもできる商品がありますので、ぜひ取り入れてみてください。

MISSHA(ミシャ)ETUDE(エチュード)なら、2,000円以下でほとんどのコスメが手に入ると思いますよ。

パパ活シチュエーション別に使えるメイクのコツ

最後に、パパ活のデートで使えるシチュエーション別メイクのコツをお伝えします。

パパ活デートはお食事だけでなく、旅行でお泊りしたりアウトドアだったりと様々なシチュエーションがありますね。

いつも同じメイクでは飽きられてしまうかもしれませんので、イベントごとに違うメイクを楽しんでみましょう。

お泊りパパ活のためのすっぴん風メイク

旅行やお泊りで気になるのが、パパにすっぴんを見せてもいいか?ということですね。

すっぴんを絶対に見せたくないなら、お泊りメイクをしてすっぴん風を作っていきましょう。

すっぴんメイクのポイント

  • 24時間つけていられるコスメを選ぶ
  • 気になる部分だけ隠す
  • 薄付きするものを選ぶ
  • シーツなどに付かないように配慮する

お泊りメイクのポイントは、24時間つけていられるそのまま寝られるコスメを使うことです。

コスメには美容成分がたっぷり配合された、24時間つけていられるものがあります。

フェイクヌードクリーム 1,320円

普通のコスメだとつけっぱなしは肌に負担がかかりますので、つけたまま寝られるコスメを選ぶようにしてください。

シーツなどに色が付かないようにするには、化粧下地とパウダーだけで仕上げるといいですよ。

すっぴんパウダー 1,600円

厚塗りしてしまうとメイク感が出てしまうので、肌に軽く乗せるようにして肌のトーンを上げてみてください。

ゴルフやアウトドアで使えるUVカットメイク

パパ活のスポーツと言えばゴルフ。パパと一緒にゴルフをしているパパ活女子も多いですね。

ゴルフは炎天下行われることが多く、メイク崩れや日焼けが気になってしまいます。

ゴルフのポイント

  • 日焼け止めはリップや耳の後ろまで完璧に
  • ファンデは少な目、コンシーラでカバーする
  • ウォータープルーフなどで崩れにくいメイク

メイク崩れを防ぐためには、できるだけ塗らないのが基本になります。

日焼け止めを塗り漏れしないようにしっかりと付けて、ファンデは少な目、コンシーラで気になる部分をカバーするようにしましょう。

顎の部分はスイングした時にウェアと擦れてしまうので、ファンデは薄目にします。

眉はウォータープルーフの眉マスカラなどを使って落ちないように気を使いましょう。

アイライナーやアイラインも落ちやすいので、マスカラを効果的に使うのがおすすめです。

お食事やマスクで落ちないリップ

パパ活デートで気になるのは、脂っこいお食事などでリップが落ちてしまうことですね。

最近はマスクをする機会も多いですので、マスクでよれてしまって口元が台無しになってしまった経験がある女性もいるのではないでしょうか?

落ちないリップと言えばティントですが、乾燥がきになってしまう場合もありますね?

ティントを塗る前には保湿を済ませて、唇がサラサラな状態で塗っていきます。

内側から外側へぼかすようにして薄くつけていくのがポイントです。フェイスパウダーをはたけば、マスクで擦れても落ちなくなりますよ。

グロスを使うと落ちてしまうので、マットな仕上がりにはなりますが、絶対にリップを落としたくないときにはおすすめです。

イベントで使えるメイクのコツ

クリスマスやバレンタイン、特別なディナーなど、パパ活でのイベントには、普段より少し大人目なメイクをするのもおすすめです。

普段の清楚系メイクから、少し強めのメイクにすることで、パパにも特別感を味わってもらうことができます。

バレンタインはチョコレートカラーを使う、クリスマスはラメ感を少し強めにするなどアレンジしてみてください。

自分のために綺麗にしてくれたと感じると、お手当アップにも繋がりますし、美容代やコスメをおねだりするきっかけにもなりますよ。

まとめ

パパ活のメイクのコツをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

パパ活では清楚系がお決まりですが、男性の好みに合わせてメイクを変えることも重要なポイントです。

メイクによって雰囲気が変わりますので、色々なシチュエーションに合わせて使いこなしてくださいね。

すっぴんや容姿に自信がない女性でも、メイクで自信を付けることができます。

メイクが苦手な女性も、動画などを参考にしてチャレンジしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次