パパ活アプリおすすめランキング

パパ活で勘違いしている男女の特徴は?嫌われる前に気付きたい3つのポイント

パパ活をしていて上手くいかないってことがありませんか?

そんな時に、チェックしたいのが勘違いパパ活女子、勘違いおじさんとお相手から思われていないかどうかです。

顔合わせが中々決まらない、2回目のデートに繋がらないなら、パパ活で勘違いしていることがあるかもしれません。

今回は、そんなパパ活で勘違いしているかもしれない行動をご紹介していきます。

ナイトガーデンのイチオシ

おすすめ1位

SugarDaddy
(シュガーダディ)

paters
(ペイターズ)

Love&
(ラブアン)

目次

パパ活で勘違いしていると言われる女性の3つの特徴は?

パパ活は楽に稼げる、男性の話を聞いていればOK。若ければ問題ないと思っているなら、勘違いパパ活女子と思われているかもしれません。

男性とお食事するだけで簡単に稼げるのがパパ活ではなく、稼いでいるパパ活女子は色々な努力をしています。

今稼げているかもしれませんが、パパ活女子は増え続けていますのでいつパパから切られてしまうかわかりません。

若さだけで行けると思っているなら、もう一度勘違いしていないかどうか見直してみましょう。

1.お手当高すぎ!自分の価値を勘違いしているパパ活女子

自分に価値があると思っているのはいいことです。

自己肯定感が高い方が、精神的に楽であるのは確かですね。

ただ、パパ活で言う価値は、パパ活男性が決めるものと言うことを忘れてはいけません。

パパ活は容姿と年齢によって、女性の価値が図られることが多いですね。容姿が良ければ、その分お手当も高くなる可能性があります。

でも、自分が美人で自信があるからと言って、思ったような金額で交渉できないこともあります。

少し名の知れた芸能関係の女性とのパパ活が一晩10万円以上なのは、ネームバリューによって男性がエッチしてみたいと思うからです。

いくら美人でモデル並みのスタイルであっても、最初から高額なお手当要求は厳しいということを知っておく必要がありますね。

まずは、男性を楽しませること。楽しませたうえで、男性に払いたいと思ってもらうことが重要です。

食事は2万じゃないと無理。ではなく、この子なら食事2の価値があると思わせることです。

最初から金銭感覚がバグったパパ活男性は少なくなっていますが、自分が納得できることにお金を積む男性は多いですよ。

また、自分の容姿を客観的に見ることも必要ですね。

男性に気に入られる前に大人の関係をする場合は、容姿に左右される部分が大きいですので客観的な判断が必要になります。

ただ、金額を提示して男性から「高い」と言われても、それは相手の価値観なのであまり気にしないことは大切です。

稼ぐためには必要なことですが、パパ活での価値を自分に当てはめてしまっては、精神的に参ってしまうこともあるでしょう。

パパ活での価値が全てではないことは、覚えておきましょう。

2.常に上から目線で会ってやっていると思っている

美人だから、何もせずに座っておくだけでいいでしょ?若い時間をおじさんに使ってやっている。

と考えていては、勘違いパパ活女子として嫌われてしまいます。

上から目線と思われる行動
  • プロフィールに会える条件を書く
  • 「お手当は〇で大丈夫です」・「〇でお願いしています」などの言葉遣い
  • 顔合わせでホテルのラウンジ指定
  • 簡単にドタキャンやリスケをする

このような行動をしてしまうと、パパ活ではうまくいきません。

プロフィールに会える条件を書く

パパ活アプリのプロフィールに、お食事のみ・交通費必要・六本木周辺など会える条件を書いてしまうと上から目線で勘違いしていると思われてしまいます。

また、デブNGなど会える男性を指定する条件を書くのも良くないですね。

気に入った方だけ返信します、時間がないので返信できないかもしれませんなどは、最初から相手との壁を作ってしまうでしょう。

パパ活はパパの人数が少なく、女性のライバルが多いということを忘れてはいけません。

こちらからも選ぶ権利はありますが、選ばれる側であるのは確かですね。

メッセージのやり取りでの言葉遣い

「いつもお食事は2でお願いしています。」
「食事1で大丈夫ですか?」
「顔合わせは30分なので1で大丈夫です。」

男性から条件を聞かれたとしても、このような言い方だと上手くいきません。

言葉のニュアンスで上から目線に取られてしまうため、メッセージが返ってこないこともあるでしょう。

男性は金額に納得していないのではなく、その態度が気に入らなかっただけかもしれません。

逆に男性が上から目線であったり、暴言を吐いたとしても相手にしないことが大切です。

条件が会わなくても怒らずに、下手に出て丁寧にお断りすることをおすすめします。

顔合わせ場所などの指定

パパ活慣れした女性は特に、顔合わせはホテルのラウンジと考えているケースが多いですね。

相手から聞かれてもないのに顔合わせやパパ活の場所を指定するのは、業者と見られてしまうか上から目線に取られてしまうでしょう。

パパ活で会う場所は男性に合わせるのが基本で、あまりにも不便だったり生活圏内だと変更してもらう感じになります。

ドタキャンやリスケ

平気でドタキャンしたりリスケするのは上から目線に取られてしまいます。

たとえ更に条件のいい男性が見つかったとしても、ドタキャンするのは辞めておきましょう。

ドタキャンやリスケをお願いするのに謝らない、自分の都合で予定を変更するのは勘違いしていると思われますね。

遅刻もNGですので、パパ活の予定は余裕を持ってたてましょう。

3.時間さえ過ぎればお金がもらえるという態度

パパ活は、簡単に稼げるわけではないですし、男性と一緒に時間を過ごせばお金が貰えるわけでもありません。

パパ活での勘違い行動
  • 手抜きメイク・服装
  • 男性の話を聞かない
  • 顔合わせ詐欺

このような事をしていると、勘違いパパ活女子を言われてしまいます。

手抜きメイク・服装

パパ活女子は見た目に気を使わなければなりません。

ノーメイクはもちろんNGですが、手抜きのメイクやプライベートでしている流行りのメイクだとパパ活女子とは言えません。

整っていない髪型、剥げたネイルなどもNGです。

服装もブランドを身につける必要はありませんが、清潔で女性らしい恰好をする必要がありますね。

お金がないことをアピールしたいからと言って、ヨレヨレでペラペラの服装だと足元を見られてしまいます。

男性が好む身だしなみであることは、パパ活をする上で重要です。

男性の話を聞かない態度

時間が過ぎればお金がもらえると思っていると、男性の話を聞かずにスマホをいじったり最悪な態度を取ってしまいます。

男性の話が面白くなかったとしても、話を聞く態度は崩してはいけません。

自分の貴重な時間を使って会ってやっている、若い時間をキモイオジに売っているという態度は確実に勘違いです。

顔合わせ詐欺

顔合わせだけで稼ぐパパ活女子も、勘違いしていると嫌われますね。

写真を加工し過ぎて別人にし、顔合わせだけで稼ぐのは通報されてもおかしくありません。

顔合わせを入れるために大人の約束をして2度目のデートはない、というのも地雷として扱われます。

条件や写真で嘘をつくと、勘違い女として晒されてしまう可能性があります。

勘違いパパ活男性の3つの特徴は?

中々アポが取れない、定期がみつからない、いい交際ができないなど、パパ活で上手くいっていない男性は、勘違いおじさんと陰で言われているかもしれません。

パパ活がうまくいっていないなら、やり方を見直してみることをおすすめします。

1.お金さえ払えばパパ活女子を何とでもできると勘違いしている

パパ活はお金を介したお付き合いで、お手当がいいほどモテるのは事実です。

ただし、お金さえ出せば全てのパパ活女子が何とかできるわけではありません。

高いお手当だけで繋がっている関係で女性が楽しんでいないと、パパ活で楽しむことは難しいでしょう。

パパ活女子は売春婦でも風俗嬢でもありません。

パパ活アプリ内でいきなりの大人交渉や、何回目でセックスができるのかを聞くのは辞めた方がいいです。

お金でセックスができるかもしれませんが、買っているという態度はよろしくないですね。

お金はドライな関係を保てるリスクヘッジや、女性に対する愛情表現として考えておいた方がいいでしょう。

2.自分はモテていると自慢話ばかりしてくる

若いころはモテた、20代の彼女がいたなどの自慢は必要ありません。

また、今までお付き合いしたパパ活女子の写真や行動などを、相手に伝えるのは嫌われる原因になります。

今からお付き合いすると、自分も写真を他の女性に見せられるのではないか?という不安が残りますので、お付き合いに発展することは難しいですね。

お仕事の話をされるのは女性としても嬉しいですが、マウントを取るような自慢話や過去の武勇伝を語り過ぎるのもダサいです。

女性が尊敬できる存在であるように、自慢話は控えておいた方がいいでしょう。

3.パパ活アプリで恋人探ししている

パパ活アプリで、勘違いしていると言われるのはこのタイプですね。

パパ活での勘違い行動
  • 「食事する相手には困ってない」という表現
  • お手当は考えていない
  • 恋人・結婚相手として付き合える相手を探している

パパ活は援助交際の相手を探す場所でも、恋人探しの場所でもありません。

食事などのデートが基本で、お付き合いの結果として体の関係があるかもというのが、本来のパパ活ですね。

お手当なしの関係はパパ活とは呼べません。

パパ活関係から恋愛に発展することもありますが、最初から恋人を探している女性はごくごく稀な存在でしょう。

まずは、お手当ありの関係であること、大人の関係は結果としてついて来るものであることは忘れてはいけませんね。

もちろん、最初から大人目的の女性もいますので、相手を見て判断するといいでしょう。

パパ活で勘違いしている!と嫌われないための注意点

では、パパ活で勘違いしていると言われないためには、どうしたらいいのでしょうか?

嫌われて損をしないように、このようなことに注意してみてください。

正しい距離感でお付き合いする

パパ活はドライな関係で、相手から束縛されることがない自由恋愛の一つです。

疑似恋愛の要素が強いため、本気になってしまう可能性もあります。

お金を介しているため、ある程度の抑制は効くのがメリットにもなりますね。

男性の場合は、女性はお金を稼ぐことを目的としていることは忘れないようにしたいです。

途中から好きになることも考えられますが、パパ活ですのでパパとして好きであることが基本でしょう。

恋愛に発展したなら、パパ活との違いを明確にしてお付き合いをスタートさせることをおすすめします。

また、既婚者とお付き合いしてる場合は、不貞行為として配偶者側から訴えられる可能性があることは知っておくべきですね。

パパ活は不倫とは違いますが、配偶者にしてみればパパ活も不倫でしょう。

バレないようにすること、もしバレてしまったときの対応は話し合っておくといいと思います。

お互いの立場を尊重する

男性はお金を払っているから上、女性は若さを売っているから上など、パパ活で上下関係を求めるのはナンセンスです。

確かにお手当をもらうのは女性ですが、楽しい時間を提供するサービスを受けているのも男性です。

一緒に楽しむという意識があれば、パパ活をより一層楽しむことができますね。

時間にしても場所にしても、お付き合いが始まるとお互いが会いやすいタイミングであること、プライベートにはあまり干渉し過ぎないことも大切です。

マナーやルールを守る

一緒に過ごす時間を楽しくするためには、最低限のルールやマナーを守った方がいいですね。

食事の食べ方が汚い、時間にルーズなどでは、いいお付き合いができません。

LINEなどのメッセージを送る頻度や時間帯にも気を使った方がいいでしょう。

会う時には清潔感を第一にして、身なりにも気を使いたいですね。

お付き合いしていくうえで、自分たちのルールが決まって来るとは思いますが、パパ活でも社会一般的なルールを守ることは最低限のマナーになります。

まとめ

パパ活で勘違いしていると思われないためには、相手への思いやりと一般的な常識が必要です。

お金を搾取しているパパ活女子、女性を買っているパパ活男性と思われないためにも、ルールやマナーを守りいい距離感でお付き合いしたいですね。

パパ活を楽しむためにも、自分が損をしないためにも、今回ご紹介したことを参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次