パパ活は何歳から何歳までできる?年齢が嘘なのは当たり前?

パパ活は何歳から 何歳までできる?

今回のテーマは、パパ活における「年齢」です。

「私の年齢ではもう遅い?」と心配するアラサー・アラフォーの女性。

「未成年の定義が変わったけれど、18歳ならば女子高生とも大人の関係になれる?」という男性からの疑問。

「お金持ちの男性というとおじさんばかりで、相手ができるか不安……」

「おじいちゃんだけどかわいい女性とデートできるかな?」

という男女の声も聞こえてきます。

数年前には、池袋で殺害された82歳の男性がパパ活中だったというニュースあり、被害者の年齢の高さに驚きの声が聞こえました。

パパ活ができるのは、何歳から何歳までなのでしょうか。また、パパ活の年齢は嘘がつけるのでしょうか?パパ活における年齢について、詳しくご紹介します。

目次

女性がパパ活をできるのは何歳から?

最近、成人年齢が18歳に引き下げられたことで、「未成年者」の定義が改めて話題になることが多くなりました。これにより、パパ活をできる女性の年齢が18歳に下がる、と思っている人も多いのではないでしょうか。

実は今も昔も、18歳以上であれば一部条件はあるものの、パパ活を行うことは可能でした。

ただし、条件とは、「親の同意」。親の同意がなく未成年者とパパ活デートをしてしまうと、最悪の場合、未成年者誘拐罪に抵触してしまいます。

もちろん、パパ活に親の同意を求めている女性はほぼいません。そのため、20歳未満の女性のパパ活は基本的にできない、というのが実情でした。

さらに18歳未満の 女性は、青少年保護育成条例や児童福祉法、児童買春法に守られています。そのため、17歳以下の女性とパパ活をした男性は法律違反となる可能性があります。

パパ活アプリやサイトは、18歳未満の女性の登録自体を禁止しています。これは、未成年者を守るのと同時に、未成年と知らずにパパ活をして犯罪者になってしまう男性のリスクを減らすためでもあります。

また、18歳以上であっても、高校生は登録が禁止されているアプリが大半を占めています。たとえ登録ができるサービスであっても、高校生の場合は学校の校則違反になり、場合によっては退学になるリスクもあります。学校を卒業するまで、パパ活は控えましょう。

未成年の定義が変わるとどうなる?

2022年4月1日より、成年年齢が20歳から18歳に変わりました。

これにより、2022年4月1日に18歳以上の人は、2022年4月1日以降成人として扱われます。

成年がこれまでの20歳から18歳に引き下げられたことで、法律上では以下のような変化がありました。

  • 親の同意なく、携帯電話契約できる
  • 親の同意なく、ローン契約できる
  • 親の同意なく、クレジットカード契約できる
  • 親の同意なく、不動産契約できる
  • 10年間有効のパスポートを取得する
  • 公認会計士、司法書士、医師免許、薬剤師免許などの国家資格の取得
  • 性同一性障害の性別変更審判

逆に以下のことは、これまで通り、20歳にならないとできません。

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 馬、競輪、オートレース、競艇の投票券(馬券など)を購入
  • 養子を迎える
  • 大型・中型自動車免許の取得

その一方で、女性の結婚年齢がこれまでの16歳から18歳に引き上げられました。これにより、結婚をできる年齢は成人した者、となり、16歳~17歳の女性とは結婚ができなくなりました。

では、成人が18歳になったことで、パパ活に関しては何か変化があったのでしょうか。

大きく変わったのは、18歳以上20未満の人が「未成年者誘拐罪」に該当しなくなることです。

未成年者誘拐罪は、当事者同士が合意していたとしても、保護者の許可がなく未成年者と一定期間を過ごした場合、成立します。

例えば、地方在住の未成年女性が親に無断で東京に行きパパ活を行った場合、男性側が未成年者誘拐罪に問われる可能性がありました。

成人年齢が18歳になった今後は、18歳以上20未満は未成年ではなくなるため、この未成年者誘拐罪が適用されなくなります。

女性がパパ活をできるのは何歳まで?

パパ活ができる最年少の年代は18歳からとわかった一方で、パパ活ができる最年長は、何歳までなのでしょうか

結論から言えば、上限はありません。パパ活は何歳であっても、可能です。

例えば、本人が希望し、相手が同意をすれば、80歳のおばあちゃんであってもできる、というわけです。

しかし実態は、その大半が20代前半。20代後半、30代、40代と年齢を重ねるごとにパパ活をする女性も男性側からの需要も少なくなります。

男性側から見た理由は

  • 若い女性と付き合うことがステータス
  • 若いからこそ応援したいから
  • 同年代や年の近い女性とお金を出してまで会いたくない
  • 30代40代でパパ活をしている女性に良いイメージがない

などが挙げられます。

一方、女性側が少なくなることにも、いくつか理由があります。

最も大きな理由は需要が少なくなる、相場が下がる、ということですが、その他にも、

  • 仕事が忙しくてパパ活をする時間がない
  • パパ活をするほどお金に困っていない
  • この年齢で男性に甘えたりできない

などが挙がっていました。

何歳であってもパパ活をすることはできますが、やはりパパ活をする女性の年齢は20代が大半を占めているようです。

年齢によって相場が変わる

では、年齢によって、パパからもらえるお手当の相場は変化するのでしょうか。
年齢別の、平均的なお手当の相場は、以下の通りです。

20代 30代 40代
顔合わせ 5,000円 5,000円 3,000円
食事のみ 10,000円 10,000円 5,000円
大人あり 30,000円 20,000円 10,000円
大人あり定期 300,000円 200,000円 100,000円

20代と30代には、顔合わせや食事のみのデートの場合、ほぼ差はありません。40代はやはり需要が少ないため、20代・30代に比べると大きく減少するという傾向にあります。

30代のパパ活については、こちらの記事もご参照下さい。
30代におすすめのパパ活アプリ!実体験から分かる30代の相場と稼げる秘密!

ただし、大人の関係ありのパパ活では、大きな差が出てしまいます。20代が最も相場が高く、30代では減少してしまい、40代ではさらに少なくなってしまいます。

40代のパパ活については、こちらの記事もご参照下さい。
40代におすすめのパパ活アプリ!アラフォーならではのやり方も解説!

これは、通常のデートでは30代以上の女性でもよいと思っていても、体の関係を持つのならば若い女性の方がいいと考えている男性が多いから。

ただし、これらの金額も、あくまで平均です。20代前半であっても大人ありで1回1~2万円程度のお手当の人もいれば、40代で定期50万円という人もいます。

大人ありは、年齢での差はもちろんですが、個人差も最も出やすいパパ活です。

金額を聞かれたら年齢以外をアピール

パパ活では、デート内容や金額など、パパと会うための条件を自分たちで決める必要があります。

せっかく大切な時間を使ってパパ活をするのですから、少しでもお手当が多い方がうれしいですよね。

30代以上のパパ活女性は、若い女性よりもお手当が少なくなることを不安に思っているかもしれません。しかし、年齢以外の部分をアピールすることで、相場よりも多くのお手当かもらえる可能性があります。

パパ活に慣れているパパからは、デート前に「条件は?」と聞かれます。そんな時は以下のようなアピールで、少しでも多くのお手当がもらえるように交渉しましょう。

社会人経験をアピール

30代以上の女性は、社会人経験も豊富。若い女性にはない、常識や落ち着きも魅力です。

一方、30代以上の女性を希望している男性は、20代女性の元気さやマナーの低さ、教養のなさに辟易して、落ち着いた年齢の女性とデートがしたいと考えています。

そのため

  • 「一緒にいて恥ずかしくない程度のマナーは身についております」
  • 「よくおっとりして、話しやすいと言われます」

などと、落ち着きや大人っぽさをアピールするのがおすすめです。

職業をアピール

CAや秘書、受付や保育士など、男性に人気の職業に就いている女性は若くなくてもプラスイメージになり、職業をアピールすることができます。

  • 「役員付きの秘書をしているので、目上の男性への対応は心得ています」
  • 「受付嬢として常に人に見られているため、外見には気を使っています」

など、見た目やスキルと同時に、人気の職業であることもさりげなくアピールしましょう。

趣味が合うことをアピール

忙しいパパは、わざわざ時間を調整して女性と会うため、少しでも楽しい時間を過ごしたいと思っています。そのため、趣味が同じだということは、大きなポイントになります。

  • 「ゴルフがご趣味とのこと。私も2年前からハマっています。今度コースにご一緒できればうれしいです」
  • 「私もフランス映画が大好きなので、趣味が合いそうですね。〇〇についてお話してみたいです」

など、必ず会話が盛り上がる趣味の話題があるということをアピールしてみてください。

パパ活女子の年齢は嘘?

年齢を重ねていてもパパ活は可能ですが、やはり若い女性の方が需要もあり、お手当の額も高くなる傾向であることは事実です。

では、パパ活女子で年齢をごまかすことはできるのでしょうか。

年齢に対する嘘についてご紹介します。

年齢確認があるので嘘は少ない

パパ活において、年齢を詐称することはできるのか?

結論、パパ活アプリやサイトを使っている場合、年齢で嘘をつくことはできません。

なぜなら、パパ活アプリやサイトでは、男性とやり取りをする場合、免許証やマイナンバーカードなどの公的証明書による年齢確認を求められるからです。

少なくとも、パパ活アプリやサイトを利用している場合、男女共に年齢はほぼ嘘ではないと言えます。

姉妹や友達の身分証明書で登録をしたり、免許証を偽造したりというケースもゼロではありませんが、これらの行為は、偽証罪や公文書偽造罪に該当してしまう犯罪行為。自分では絶対に行わないことはもちろん、万が一年齢や身分を詐称している人を見つけたら、運営に通報しましょう。

未成年とは犯罪になるので注意

未成年者とのパパ活は以下のような犯罪に該当する可能性があるので、男性だけでなく女性も注意が必要です。

【青少年健全育成条例】

青少年保護のために各都道府県が制定するもので、各自治体で若干異なるものの、共通して未成年に対する「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」などを規制する条例です。

例えば東京都の場合、「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」と定められていて、違反すると2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

【児童買春罪】

未成年者に対し、金銭を渡すまたは渡す約束をして性行等をすることを禁ずる法律です。違反すれば5年以下の懲役、または300万円以下の罰金が科せられます。

パパ活は本来、大人の関係なしのデートのみですが、未成年者と大人ありのデートをしてしまうと該当します。

「性交等」には、本番だけでなく、児童の性器を触ったり触らせたりする、いわゆる「プチ」と呼ばれる行為も含まれますので、注意が必要です。

【児童福祉法】

児童(18歳未満の未成年者)に淫行をさせる行為を禁止する法律です。違反すれば10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、もしくはその両方が科せられます。

自分がパパ活をしていなくても、知り合った女の子にパパ活をさせて相手の男性から金銭を受け取ると、この法律に抵触します。

【未成年者誘拐罪】

未成年者を略取又は誘拐することを禁止する法律です。違反すれば、3月以上7年以下の懲役が科せられます。

未成年の定義でも参考に出しましたが、親の同意なしに未成年者と行動を共にするだけでも該当します。

例えば17歳の女性から、

「家出をしました、援助してください」

というメッセージをもらい、東京に呼び寄せて泊めてあげたとします。すると、たとえ体の関係がなかったとしても、この法律に違反したことになります。

パパ活アプリやサイトでは年齢確認が必要なため、未成年がパパ活の相手を探すのは主にTwitterや掲示板などのSNSになります。つまり、SNSでパパ活の相手を探すと、パパ活サイトやアプリを使えない未成年者などの相手とマッチングしてしまう可能性があるというわけです。

リスクを避けるためにも、パパ活ではSNSを絶対に使わないようにしましょう。

また、未成年者でなくても、以下の行為は犯罪になる可能性があるため、注意が必要です。

【強制わいせつ罪】

暴力や脅迫で相手にわいせつ行為をした場合、6か月以上10年以下の懲役に処されます。

わいせつ行為とは、性的道徳観念に反する行為とされています。この中には、相手の性器を触ったり、キスをしたり、抱き着いたりという、いわゆる「プチ」と呼ばれる行為も含まれます。

【強制性交等罪】

暴力や脅迫で、性交等(強制わいせつ罪よりもさらに程度の強い行為)を相手に行った場合、5年以上の懲役に処されます。

性交等とは、通常の性行為のみならず、「口腔性交」や「肛門性交」も含まれます。

強制性交等罪は起訴されて有罪になった場合、必ず実刑を科される重罪です。

【迷惑防止条例違反】

迷惑防止条例は各都道府県で制定される条例で、例えば東京都の場合、

「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もつて都民生活の平穏を保持すること」

を目的として制定されています。

東京都では、相手の体に同意なく触れることなどを迷惑防止条例で禁止しており、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

強制わいせつ罪に至らない程度の行為でも、された側が同意をしておらず不快な思いをした場合、適用される可能性があります。

パパ活でも、「お金を払ったから」などと相手の体を触ったり、むりやり性行為を行ったりすると、犯罪になります。

逆に男性からそのような行為をされた場合、女性は泣き寝入りせず、警察などに相談しましょう。

30代以上の女性でもパパ活の需要はある?

パパ活は20代中心というイメージがありますが、30代以上でもパパ活を希望している人は少なくないはず。30代以上の女性にも、パパ活の需要はあるのでしょうか。

30代のパパ活については、こちらの記事もご参照下さい。
30代におすすめのパパ活アプリ!実体験から分かる30代の相場と稼げる秘密!
40代のパパ活については、こちらの記事もご参照下さい。
40代におすすめのパパ活アプリ!アラフォーならではのやり方も解説!

30代はまだまだ余裕

30代の女性であれば、まだまだ余裕で需要があります。

なぜなら、30代には30代の魅力があり、「20代では若すぎる」というパパに人気があるからです。

若すぎる女性は

  • 常識や落ち着きがない
  • 元気すぎて疲れる
  • 連れていて違和感がある
  • 価値観が違いすぎる

などの理由から、一部の中高年男性からはパパ活の相手として嫌煙される傾向にあります。

一方、30代の社会人経験のある女性なら、ある程度のマナーも身に着けている上、一緒に歩いていても明らかなパパ活には見えないというメリットもあります。

また、年齢による相場の項目でも説明しましたが、大人の関係を持たない通常のパハ活においては、20代女性と相場もほぼ変わりません。

30代女性であれば、十分にパパ活で稼ぐことが可能です。

40代でもパパ活は可能

それでは、さらに年齢が高くなる40代ではどうでしょうか。

簡単に稼ぐことができるとは言えませんが、上手にターゲットを絞ればパパ活をすることは可能です。

40代女性が狙うべきパパは、以下の2タイプです。

50代以上の高齢パパ

50代以上になると、20代はもちろん、30代であっても若すぎてしまい、価値観や話が合わなくなってしまいます。

その点40代であれば年も近く、一緒に歩いていても違和感がありません。

年上の女性に甘えたい20~30代の若いパパ

成功している男性は常に気を張っていて、安らげる時間がない人も少なくありません。そんな男性を甘やかして癒してあげられる母性の強い女性であれば、40代でも需要があります。

ただし、40代でパパ活がしたい時は、自分自身もしっかり磨いておく必要があります。

スタイルが良いのはもちろんですが、年齢よりも若く美しく見えるよう努力しましょう。また若い女性以上に知性も知識も必要になりますので、内面も磨いておくことが重要です。

年代別のおすすめパパ活アプリ・サイト

アプリ名 分類 おすすめ年代 公式サイト
シュガーダディ webサイト 30代〜40代
アプリ 20代〜30代
アプリ 20代〜30代
アプリ 20代〜30代
アプリ 20代〜30代
アプリ 20代〜30代
アプリ 20代〜30代
hananokai webサイト 30代〜

パパ活に特化したマッチングアプリやサイトは、年齢によって出会いやすさが異なります。それぞれの年代におすすめのパパ活アプリ・サイトをご紹介します。

20代におすすめ:ペイターズ

paters

引用:https://matching-affi.jp/link.php?i=pgpq0ovbhq0g&m=mh3wi5hhvwrh

会員数150万人を超える、定番のパパ活アプリです。利用者が多く、マッチング率が高いのが魅力。パパ活を紹介するSNSでは「ペイタ」という愛称がある程、人気があります。

男性利用者の大半が年収1千万円以上のリッチなパパで、ハイクラスな出会いを求める女性にぴったりのアプリです。

20代前半の女性が多く利用していることから、若い女性目当ての男性が多いため、20代のパパ活女性が最も出会いやすいアプリと言えます。

また、安全性に力を入れていて、運営による24時間体制の監視制度や、なりすまし防止、プライベートモードや不審ユーザーへのイエローカード制度など、パパ活が初めてという20代の初心者さんでも安心して利用できるシステムが整っています。

\20代におすすめパパ活アプリ/
ペイターズ公式サイト

30代におすすめ:シュガーダディ

sugardaddy

引用:https://sugardaddy.jp/

ペイターズと同様、パパ活では定番のマッチングサービス。「シュガダ」という愛称で呼ばれている程、人気があります。

カレンダー機能が搭載されていて、自分の都合に合わせたパパ活をすることができます。出張パパとの出会いを求める、地方女子にもおすすめです。

最大の特徴は、アプリではなくWeb上でのみのサービス展開をしていること。アプリの場合、たとえ端末から消去してもダウンロード履歴が残ってしまいますが、Webのみの場合は完全に消去することが可能なため、絶対に人にバレたくないパパ活女性にもおすすめです。

利用者の口コミ評価が高く、初心者からベテランまで利用できる優良サービスです。落ち着いた女性とのマッチングを希望する40代以上の男性利用者が多く、30代のパパ活女性におすすめです。

\30代におすすめパパ活サイト/
シュガーダディ公式サイト

40代におすすめ:MITSUMITSU

MITSUMITSU

引用:https://lp.mitsumitsu-app.com/

MITSUMITSU は、2019年に登場して以来、そのマッチング率の高さに人気急上昇のパパ活アプリ。男性の年齢層が高めなため、落ち着いた30~40代女性が人気です。

最大の魅力は、マッチングスピードの速さ。希望日時をあらかじめ登録することができるので、自分の都合に合わせて相手を探すことが可能です。最短、当日のデートもOK。

本人の写真登録が必須なため、なりすましも少なく、安全です。また、プロフィール虚偽やドタキャンなどの違反行為には持ち点が減点されるというペナルティ制度があるため、安心して利用することができます。

確実にデートしたい!という、忙しい40代女性にピッタリのアプリです。

\40代におすすめパパ活アプリ/
MITSUMITSU公式サイト

50代におすすめ:華の会メール

hananokaimail

引用:https://hana-mail.jp/

50代でもパパ活がしたい!という女性におすすめなのが、「華の会メール」。30歳以上しか登録ができない、中高年の出会いをサポートするサービスです。

男性利用者の85%が35歳以上、最も多い50代が30%を占めており、50代の女性でもパパになってくれる男性と出会いやすくなっています。

中高年向けのサービスであるため、セキュリティーを高く設定したり、専任オペレーターが登録や操作をサポートしてくれたりと、マッチングサイトやインターネットに不慣れなユーザーでも安心して使用することができます。

\50代におすすめパパ活アプリ/
華の会メール公式サイト

パパ活の年齢に関するよくある質問

様々な年齢のパパ活についてご案内してきましたが、最後によくある質問についてお答えします。

年齢によってはパパ活は気持ち悪い?

自分が納得しているのならば、何歳であっても気持ちが悪いものではありません。

パパ活は、中高年の男性と若い女性がデートをするもの。そのような状況を気持ちが悪いと思う人も、中にはいるかもしれません。

しかし、パパ活をしている女性は、フリーランスのホステスのようなもの。クラブで中高年の男性と若い女性がお酒を飲んでいる状況を思えば、気持ち悪いという人は少ないのではないでしょうか。

女性側がプライドを持ってプロフェッショナルに徹することができれば、パパ活は気持ちの悪いものではありません。

女性のパパ活は何歳から何歳まで?

下は18歳以上ですが、年齢に上限はありません。

2022年4月に、成人の定義が18歳以上に引き上げられました。

それにより、これまでは一部の行為が法律違反となっていた20歳未満でも、18歳以上であれば法律に違反せずパパ活ができるようになりました。ただし、高校生の場合は学校の校則に違反する場合がありますので、注意が必要です。

一方、パパ活かできる年齢に、上限はありません。自分自身がパパ活をしたいと希望し、相手が同意すれば、何歳であってもパパ活をすることは可能です。

男性のパパ活は何歳から何歳まで?

こちらも女性と同じく、下は18歳以上、上限はありません。

パパとなっている男性の主な年齢層は30代~50代が大半を占めていますが、中には20代、60代以上の男性もいます。

パパに求められているのは若さよりも経済力のため、中高年であっても十分パパ活に参戦できます。

自分より若いパパはあり?

ありです。

なぜなら、パパに必要なのは、年齢ではなく経済力だからです。

若いパパ、例えば男子大学生であっても、経済力があって18歳以上であればパパになることができます。同年代はもちろん、年上の優しい女性とマッチングすることも可能です。

パパになるようなハイスペックな男性は、人の上に立って働いている人が大半。そのため、パパ活の時くらいは女性に甘えたい、癒されたいという願望がある男性も少なくありません。そんなパパに対して、年上の女性がパパ活を行うということも可能なのです。

また、20代・30代の若いパパの場合、なぜそんな年でパパ活をしているの? と疑問に思う人も多いかもしれません。実際に20代・30代のパパに聞いてみると

  • 仕事が忙しくて出会う時間がないから
  • 女性をくどく時間を省きたいから
  • あとくされなく遊びたいから

などの理由をあげていました。

20代・30代で成功している男性は、仕事が忙しく、一から女性を探してデートに誘って、という時間もありません。また、一度デートをしてしまうと別れるのが大変かも……というリスクも伴います。

その点、パパ活であれば、目的は明白なため、気楽に女性と遊ぶことができるというわけです。

パパ活は年齢によって何をするか変わる?

基本的には変わりません。

パパ活は、体の関係なしのデートのこと。そのため、デートのアクティブさに差がでる場合はありますが、パパと食事やデートを楽しむという基本は変わりません。
ただし、「大人の関係あり」のパパ活をした場合は、大きく差が出てきます。

年齢が若いパパの方が性欲も強く、体の関係を頻繁に求められる可能性が高くなります。

一方、年齢の高いパパの場合、たとえ性的な関係を求めていたとしても、最後まで行うことが難しいケースも増えきます。その場合、いわゆる「プチ」と呼ばれる挿入以外のサービスを求められることが多くなるかもしれません。

まとめ

パパ活は若い女性が行うものというイメージがありますが、30代はもちろんのこと、40代であっても行うことは可能です。

大切なのは、自分が戦えるフィールドをきちんと認識すること。

自分の年齢にあったパパ活アプリやサイトを利用して、上手にパパ活を行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次