パパ活アプリおすすめランキング2023

パパ活は気持ち悪い?周りからキモい・意味不明と思われるパパ活女子・パパの特徴

パパ活女子気持ち悪い

PR:このコンテンツには広告を含む場合があります

パパ活は法に触れる行為ではありません。

しかしネット上には、パパ活をしている女子を「気持ち悪い」という意見もたくさんあります。

これからパパ活をしようと考えている女性にとって、そうした意見はすごく気になりますよね?

周りからキモいと思われるパパ活女子には、ある特徴があります。

そこで今回は、嫌われるパパ活女子にならないためにも、気持ち悪いと言われるパパ活女子およびパパの特徴や、気持ち悪いと思われないためのポイントについて解説します。

ナイトガーデンのイチオシ

おすすめ1位

SugarDaddy
(シュガーダディ)

paters
(ペイターズ)

Love&
(ラブアン)

目次

パパ活が気持ち悪いと言われているのは本当?

パパ活でお小遣い稼ぎをする女性が増えている一方で、世間の厳しい声があるのもまた事実。

パパ活・パパ活女子に対するSNSの意見

  • 「ただの売春をパパ活って言葉に言い換えているだけ」
  • 「パパ活女子がキラキラしてるとか意味不明。普通にキモい」
  • 「男に貢がせているのに金持ち気取り」

SNSを見てみると、パパ活に対する厳しい意見がたくさん。

なぜこのように言われるのでしょうか。

パパ活が気持ち悪いと言われる5つの理由

ネット上でパパ活という行為が気持ち悪いと叩かれているのはなぜなのか。

パパ活に悪いイメージがある理由
  1. 援助交際や売春と同じだと思われているから
  2. 年上すぎる既婚者とエッチしているから
  3. パパ活女子は人の金にたかる寄生虫的存在だと思われているから
  4. お金で若い女性とデートしようとする男性が気持ち悪いから
  5. 実態がわからない意味不明な商売だから

解説していきましょう。

1.パパ活が援助交際や売春と同じだと思われているから

パパ活という名の売春をしてるような阿婆擦れが偉そうにしてるの世も末だな

パパ活は男性と大人の関係を持つというイメージがあるため、援助交際や売春と同じだと考えている人がいます。

本来のパパ活の意味は、食事やデートをしてお手当をもらう行為を指し、必ず体の関係があるわけではありません。

しかし実際にパパ活でエッチありの条件でお手当をもらっている人もいるので、援助交際と同じだと思われても仕方がない側面もありますね。

パパ活は援交や買春を言い換えただけで、していることは変わらないという辛辣な意見も多いです。

2.年の差がある既婚者とエッチしていてキモいから

あー、きもいきもい セカンドパートナーとかパパ活とか 不倫と援助交際を聞こえの良い言葉に塗り替えてるだけでやってる事同じじゃんキモすぎる。

パパ活をしている男性の中には、既婚者も一定数います。

「奥さんがいる男性とエッチしている」という行為は、いわゆる不倫と同じであり、それが世の女性たちから嫌悪感を抱かれる原因となっています。

また、歳の離れた男性とのお付き合いに嫌悪感を抱く人もいます。

自分の父親以上年の離れた、好きでもない相手とのお付き合いは気持ち悪いと感じる女性は多いです。

おじさんに対して気持ち悪いと感じる若い女性もいますので、気持ち悪いおじさんとお食事したりエッチするパパ活女子も気持ち悪いという流れのようですね。

中には熟女好きがあるのだから「熟男」好きの女子がいても良いという声もあります。

3.パパ活女子は楽して男性からお金を巻き上げている存在だから

最近パパ活乞食女を見てても 「なんの努力もせずにいい思いができて羨ましい」って思いより 「自力でいい思いをする力がないから他人に寄生するどーしよーもねぇクズ」って発想しか出てこなくなったので私は大人になりましたね。

一般的に、お金は仕事をして苦労しながら得るものと思われています。

一方でパパ活は、食事やデートをしただけで多くのお金を簡単に稼いでいるというイメージを持たれており、それゆえ嫌悪感を持たれることがあるのです。

自分で苦労してお金を稼ぐわけではなく、お金持ちの男性から簡単に貢いでもらっている、他人のお金を自分の物にしているというイメージですね。

そのため、ネット上では「寄生虫」などとも呼ばれています。

実際にはパパ活で稼ぐのは簡単なことではありません。日頃から外見だけでなく内面も磨き続ける努力が必要。しかしそういう事情は世間には伝わらないので、どうしても悪いイメージだけを持つ人はいますね。

4.お金で若い女性とデートしようとするパパ活の男性が気持ち悪いから

お金の力を使って若い女性と交際しようとする男性のことを気持ち悪いという意見も多くあります。

パパ活は親ほど歳の離れた、女性にモテない気持ち悪いおじさんが相手だというイメージがあり、そんな人からお金をもらって交際することが理解できない、という声は多いです。

風俗や水商売に行くよりも、パパ活をしている男性の方がイメージが悪いようです。

5.パパ活は実態がよくわからない意味不明の商売だから

テレビで特集されていたり、事件や芸能人のスキャンダルがニュースになったりとパパ活が注目を浴びているのは確かですが、本当のところその実態がわからないと言う人も多いです。

街で見かける年の差カップルが全てパパ活に見えたり、ハイブランドバッグを持った女性が全てパパ活女子に見えたりと偏見を持っている人も少なくありません。

実態がわからず理解できないものを恐れるのは良くあることです。

SNSで叩かれやすいキモいパパ活女子の特徴とは

SNSで叩かれやすいパパ活女子には、以下のような特徴があります。

  • SNSでパパ活デートでもらったものやいったお店を自慢する
  • 友達にパパ活していることをペラペラ話す
  • 大人の男性との交流がない周囲の女性を見下す
  • 全身パパにもらったブランド物で出かける
  • 周囲の男性にもお金のかかる私アピールをする

では、それぞれについて解説していきます。

SNSでパパ活デートでもらったものや行ったお店でマウントを取る

なんかさ、pjさんでハイブラマウント取ってる人いるけどそれは違くね??って気持ち わざわざp活してない人にそれでマウント取る意味ある?恥ずかしくないんか?

TwitterやインスタグラムなどのSNSに、パパからもらった物や行ったお店などのキラキラした写真を投稿するパパ活女子も気持ち悪いと思われてしまいます。

プライベートアカウントで、プレゼントしてもらったブランド品や高級レストランの料理など、自慢気な写真は人を不快にさせます。

「誰と行ったのか」のような匂わせも気持ち悪がられるポイントになりますね。

純粋に思い出を記録したいというのであれば、密かに裏垢でやりましょう。

また、いくら稼いだ、回収したなどパパ活で稼いでいる額や、整形に課金した金額を堂々と公表しているパパ活女子もいますね。

パパ活女子は納税していないというイメージがあるため、更に印象を悪くします。

ドカタの内容や、自分自身がキモイと言っているオヂとのエッチを呟くのも、一般の人から見れば気持ち悪く映ってしまうでしょう。

友達にパパ活していることをペラペラ話して軽蔑される

パパ活で大金を稼いでいると、ついつい友達に言いたくなるものですが、それを聞かされた友達からは軽蔑されるのがオチです。

身近な人に話すというのは、やはり自慢したい気持ちがあるからでしょう。「こんなに稼いでる」「ブランド物のバッグをもらった」など、マウントを取りたくなってしまうのです。

ただでさえマウントを取ろうとする女子は嫌われるのに、パパ活女子だとなおさら軽蔑されるでしょう。

稼げない女性や容姿がイマイチな女性を見下す

若い人というのは、社会的に成功者と言われるような大人の男性との交流はあまりありません。そうした周りの女性を見下す態度を取るパパ活女子は嫌われます。

パパ活は多くのお金を稼ぐことができるので、周りの女性より収入が高くなることもあります。そのため変に自信がついて、周りの女子より自分のほうが格上だと勘違いしてしまうことも。

自分に自信を持つのは良いことですが、特別なんだと思うのはただの勘違いですね。

また、稼げないパパ活女子や容姿が劣っている女性に対して見下す態度を取る人は嫌われます。

全身パパにもらったブランド物を身につけている

パパ活をしているとパパから様々な高価なプレゼントをもらえます。

パパからもらったブランド物を全身に身に付けて出かけるパパ活女子もいますが、これも気持ち悪いと思われる行動のひとつです。

自慢したいという気持ちがあるのかもしれませんが、周りから見ると「パパに買わせたものを見せつけてるとかキモい」となります。

パパ活女子が良く使っているため、ブランドのイメージが落ちたという意見もあります。

ハイブランド店で大きな声で本名を呼ばれたり、あまり良くない態度で接客された経験があるパパ活女子の口コミもありますね。

昼職で頑張って手に入れたブランドバッグが、パパ活バッグと呼ばれていることにショックを受ける女性もいます。

周囲の男性にお金のかかるアピールしてお金がないとバカにする

周りにいる男性に対しても「私ってお金がかかる女だから」というアピールをするパパ活女子も嫌われますね。

パパにたくさんお金や高価なプレゼントをもらい慣れているので、セレブな女子になったかのような振る舞いをしてしまうのです。

周りからすると「ただの勘違いなのに痛々しい」となります。

自分より稼いでいない男性をバカにしたり、上から目線のパパ活女子もために見かけますね。

周囲に気持ち悪いと思われないためにパパ活女子が気をつけること

では、どうしたら周りから嫌われないパパ活女子になれるのでしょうか。

ここでは、周囲に気持ち悪いと思われないためにパパ活女子が気をつける5つのポイントはこちらになります。

  • SNSでパパ活の模様を発信しない
  • 周囲にパパ活していることを言わない
  • プライベートとパパ活の区別をつける
  • パパに貰ったものをやたら持ち歩かない
  • パパ活している自分を偉いと思わな

解説していきましょう。

SNSでパパ活での稼ぎや愚痴を発信しない

まず最初のポイントは、インスタグラムなどのSNSでパパ活のことを投稿しないことです。

プライベートアカウントで、高級レストランや高価なブランド品などの画像を投稿すると、知り合いの人たちは不審に思うからです。

どうしても記録として残しておきたいのであれば、裏アカウントを作って投稿するのが基本です。

パパ活男性アカウントや、夜職などのアカウントに無駄に絡んだりすると、イキリPJと呼ばれてしまうのでマウントは撮らないようにしましょう。

周囲にパパ活していることを言わない

周囲の人にパパ活していることを話したり自慢するのも控えましょう。

パパ活のことを誰かに話しても、褒められることなんてまずありません。ほとんどはイメージダウンにつながりますし、下手をすると友情が壊れてしまうことさえあります。

パパが既婚者の場合は、周りに話したことによって奥さんにバレるリスクも高まります。

パパ活のことはパパとあなただけの秘密にしておきましょう。

知り合いからいつ足を引っ張られるかわかりません。バレないようにすることも大切です。

プライベートとパパ活の区別をつける

周りにいる男性に、いつもパパに接しているように接してしまうと、普段のあなたとのギャップが出て気持ち悪いと思われます。

プライベートの自分とパパ活の時の自分のキャラクターをきちんと区別して、普段は普通の態度で振る舞いましょう。

お金の使い方も派手にしない、服装やメイクもパパ活するときと区別をつけるといいですね。

気持ちを切り替えることも大切ですので、パパ活であったことを引き摺ったりしないようにすること。

また、スマホを2台持ちしてプライベート用とパパ活用を使い分けるのもおすすめです。

パパに貰ったものを自慢しない

パパに買ってもらった高価なものをやたらと持ち歩くのもやめましょう。

急に持ち物が高級品に変わると、周りの人から「あの子なにかしてるんじゃない?」と勘ぐられるかもしれません。

パパからもらったプレゼントなどは、友人に会う時には持っていかないようにしましょう。

パパ活で稼いでいる自分を偉いと思わない

パパ活はあくまでもお小遣い稼ぎ、いわばアルバイトみたいなものです。なのでそれをやっているからといって別に偉いわけではありません。

自分を卑下する必要はありませんが、パパ活でたくさん稼いでいるから偉いとか、社会的ステータスのある男性と付き合っているからスゴイと思っていると嫌われます。

稼げているのは今のうちだけかもしれませんので、謙虚な気持ちでいることも必要ですよ。

パパ活女子の本音!気持ち悪いパパの特徴

パパ活市場にはいろいろなタイプの男性がいます。

どのようなタイプのパパと出会うのかは非常に重要なことで、気持ち悪いパパは絶対に避けたいものです。

また、パパ活男性は女性に気持ち悪いと思われてしまうと、楽しいパパ活ができません。少しのことで変わってしますので、どのようなパパがキモイと言われるのかチェックしてみてください。

ここでは、気持ち悪いと思われるパパ活のパパの特徴を紹介します。

パパ活女子が思う見た目が気持ち悪いパパとは

まずは、見た目から。

パパ活女子が一緒にいたくない、キモイと感じるパパ活男性の見た目はどのような物なのでしょうか?

清潔感がない

髪の毛がボサボサ、ひげの剃り残しがある、爪が汚い、服や靴に汚れがあるなど、清潔感がない外見は嫌がられます。

見た目に無頓着すぎる男性は、パパ活女子からは人気がありません。

P活で男(パパ)は最低限の清潔感とお洒落をすべき よくP活女子から聞くのですが、全然お洒落をしなくて不潔っぽいパパが来ることも多いそうです

ブランド品を身につけたり、流行りのお洒落をする必要はありませんが、最低でも身だしなみを整えてパパ活することが大切ですね。

匂いがキツイ

加齢臭、汗の匂い、口臭などがキツイ男性は一緒にいるのが苦痛です。

逆に香水を付けすぎるのもNGです。

女性は男性よりも匂いに敏感なため、気を付けておきたいところです。

パパ活の前に時間が取れるようならシャワーを浴びるなどして汗を落とすこと、歯磨きやマウスウォッシュは基本になりますね。

年齢にサバを読む

パパ活は年齢差があるお付き合いがほとんどなので、その差を埋めようと若作りし過ぎてしまう男性もいます。

プロフィールで40代にしているのに、どう見ても60代男性が来たという口コミも良く見かけます。

20代女性とお付き合いしていたなど、若さアピールも気持ち悪がられる原因です。

若見せするためには、実年齢よりも5歳程度下を意識するだけで十分です。

パパの行動が気持ち悪いと感じるときは

次に注意したいのが、パパ活での行動です。

パパ活男性は、ついつい気持ち悪い行動を取っていないかチェックされてください。

お手当を値切る

一度決めたお手当を値切るのは、パパ活女子から見ると格好悪い行動になりますし、バカにされたように受け取られます。

また、相場を下回るお手当で値切って来たり、他の子はこれでOKだったと比べるのも良くないですね。

条件が合わなければ、しつこく値下げ交渉せずに他の女性を探せばいいだけです。

パパ活女子も自分の稼ぎたい目標額や最低限のお手当条件を決めていることがほとんどですので、大幅に下回らないならお手当面で折り合いが付く女性はきっと見つかります。

ボディタッチが多い・触って来る

手を握って来たり、エレベーターなどちょっとした密室状態で接近したりするのは嫌がられる場合が多いです。

パパ活女子との関係性にもよりますが、大人以外の時に触られたくないという女性もいます。

女性側からボディタッチがあれば問題ありませんが、あまり急激に距離を縮めないほうがいいかもしれません。

また、パパ活カップルは街中でも目立ちますので、手を握ったり腕を組むなどを嫌がる女性も多いですよ。

マナーが悪い

食べるときにくちゃくちゃ音を立てる、大声でパパ活の話をする、遅刻しても謝らないなどマナーが悪いパパもいます。

お手当をいただくのは女性側ですが、一緒にいて苦痛だとパパ活を楽しめずにプロに徹して接客するしかありません。

女性への気遣いだけでなく、周りへの気遣いができる男性はパパ活でもモテますね。

SNSパパ活垢を持っている

SNSのパパ活垢で、「〇歳・スペック〇・お手当〇で大人」などと自慢するツイートをするパパ活男性も割と見かけます。

これはパパ活女子だけでなく一般の女性からしても、気持ち悪いですね。

パパ活男性アカウントに絡まれたり、リプされるの嫌なパパ活女子も多いです。

お説教をしたり攻撃したりするパパ活男性アカウントも、気持ち悪がられていますね。

SNSのパパ活アカウントは、未成年を狙ってパパ活募集している男性と取られてしまう可能性もあります。

メッセージが長文・頻繁

パパ活アプリ内のメッセージやLINEの文章が長すぎる、改行なしで読みづらい、絵文字の使い方がおかしい、おじさん構文などはキモイと言われます。

また、頻繁過ぎるメッセージの着信、返信の催促もウザいと言われる原因です。

本気で恋愛対象にされる

パパ活はパパ活と割り切っている女性は多いです。

距離を置いたドライなお付き合いですので、本気で好きになられると気持ち悪いと感じてしまうことがあります。

また、好きでもない年の離れた男性から、恋人や結婚相手の候補として扱われるのも不快なようです。

未成年の女性にばかり声をかける

どうせパパ活をするならできるだけ若い女の子がいいという気持ちはわかりますが、中には未成年の女性ばかり声をかける男性もいます。

自分の娘より年下の女の子をデートに誘おうとするなんて、気持ち悪い以外のなにものでもありませんね。

パパ活女子をネット晒す

パパ活した女性の裸の画像をSNSに投稿する最低なパパもいます。

普通に気持ち悪いですし、犯罪になる可能性もあります。

パパに裸の写真を取らせてと言われても必ず断ってくださいね。

自分をモテると勘違いしている

女の子たちはお金がもらえるからデートしているだけ。

なのに「自分は女の子にモテている」と勘違いしているパパもいます。

目の前でキモいパパにモテ男のように振る舞われたら、ただただ痛々しくてイヤになりますよね。

まとめ

パパ活女子が気持ち悪いと言われる理由はさまざまです。

お金をもらって交際することが気持ち悪いと思われていることもあれば、パパ活する男性がキモいと思われていることもあります。

  • 「できるだけ周りの人にパパ活の話をしない」
  • 「SNSにパパ活の投稿をしない」

など、気持ち悪いと思われないように気をつけることが大切です。
そうした注意を払いつつ、あまり気持ち悪いという意見を気にしすぎず、パパ活を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次