パパ活のメッセージは超重要!状況別の送り方やコツ・別れ方まで解説

パパ活アプリメッセージ

男性とやり取りするメッセージは、パパ活を成功させるためにとても重要な要素のひとつです。

パパに気に入ってもらえるかどうかは、どのようなメッセージを送るかによって決まるといっても大げさではありません。

パパ活アプリでメッセージのやり取りというと、難しいと思う人もいるかもしれませんが、そのコツをつかめばパパ活成功への近道となるのは間違いありません。

そこで今回の記事では、状況別のメッセージの送り方のコツと、パパと別れる時のメッセージで注意するポイントを解説していきます。

「どうやってデートに誘えばいいの?」「パパからの返信がない…」など、メッセージについて悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね!

目次

パパ活のメッセージの重要性とは?

パパのハートをつかめるかどうかはメッセージ次第ともいえます。

なぜメッセージはそれほど大切なのでしょうか。

まずは、パパ活におけるメッセージの重要性を見てみましょう。

  • アプリで出会ったパパをスムーズに顔合わせに誘導する
  • 交際後にパパとの関係を長続きさせる
  • メッセージだけでパパ活できる場合もある

アプリで出会ったパパをスムーズに顔合わせに誘導する

パパ活アプリを利用してパパ活を行う場合、まずはアプリ内で出会った男性と顔合わせの約束をしなければいけません。

男性は顔合わせでもお手当を支払わなければいけないため、無駄にお金を使わないために最短で理想の女性とマッチングしたいと考えています。そこで、この女性となら顔合わせをしてもいいと思わせるためにメッセージの内容が重要になるのです。

ポイントをおさえたメッセージを送ることで、パパ候補となる男性をスムーズに顔合わせに誘導できます。

交際後にパパとの関係を長続きさせる

無事に男性と交際できることになっても、パパ活はそこからが本番です。

パパとの関係が長続きしなければまたイチからやり直しとなるので、いかにパパの気持ちをあなたに向け続けるかが大切になるのです。

デート当日までの期間にどのようなやり取りをするかや、デート後にどんなメッセージを送るかなどがポイントになります。

パパとの関係を長く続けるためにもメッセージがとても重要だということです。

メッセージだけでパパ活できる場合もある

パパ活に興味はあっても「知らない人と会うのは怖い」と考える女性もいるかもしれませんね。実はパパ活は実際に会わなくてもできる場合があります。

コロナ禍の影響で外出を控える人が増えたこともあり、メッセージやビデオ通話のみで行う「会わないパパ活」を行う人が増えているのです。

会わないパパ活には、場所や時間の都合をつけやすく、ストレスなく自由に活動できることや、身バレしにくいなどのメリットがあります。

「実際に人に会うことに抵抗はあるけど安全に稼ぎたい」と考える女性から注目を集めているパパ活方法です。

「会わないパパ活」の詳しい内容はコチラ

↓↓↓↓↓

会わないパパ活で稼ぐ3つの方法!初心者でも始められるおすすめも解説

顔合わせまで!状況別パパ活のメッセージの送り方

パパ活専用アプリやサイトで男性と出会ったあと、メッセージのやり取りが始まります。

出会いから顔合わせが終わったあとまで、男性とのメッセージにはいくつかの段階があり、その状況に応じた送り方のコツがあります。

それぞれの状況でどのようなメッセージを送ればよいのか、詳しく解説していきます。

アプリの最初のメッセージ

パパ活アプリでは最初のメッセージが非常に重要です。パパに興味や好感を持ってもらえる最初のチャンスなので、送り方は注意する必要があります。

以下に、最初に送るメッセージのポイントを見ていきましょう。

礼儀正しく敬語で送る

パパと仲良くなってからであれば、ややくだけた内容のメッセージを送っても問題ありませんが、最初は礼儀正しく敬語を使ってください。

「はじめまして」などの挨拶から入ると、常識ある礼儀正しい女性だと好感を持ってもらえます。

最初のメッセージでは、「パパにマイナス評価されないこと」が大切なので、必ず敬語を使いましょう。

相手のプロフィールの内容を書く

メッセージを送る前にパパのプロフィールはしっかりとチェックしましょう。

もしパパの趣味や出身地など、話が弾みそうなポイントを見つけたら、メッセージに入れることをおすすめします。

パパは多くのパパ活女子からメッセージを受け取っていますが、趣味などが合いそうな女子がいたら選ぶ可能性が高くなるはずです。

また、パパの名前を入れるのも好感度アップのポイント。複数の男性に同じ内容のメッセージを送っているのではないことが伝わるので、印象が良くなりますよ。

是非会いたい・話したいと書く

パパと会ってぜひ話をしたいという気持ちを書くというのもポイントです。

ただし、初回のメッセージなので長文にはせず、シンプルな内容にしましょう。

はじめまして!〇〇と申します。
20歳の大学生です。
私も映画が大好きで、〇〇さんと趣味が合いそうだなと思い、メッセージを送らせて頂きました。
ぜひ一度お会いして、お話できればと思っています。
もしよろしければお返事いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします♪

間違っても初回のメッセージで条件の話をしてはいけません。

あくまで挨拶程度の内容を心がけてくださいね。

パパから返信が来た時のメッセージの送り方

続いてはパパから返信が来た時のメッセージの送り方を紹介します。

パパからのメッセージには、なるべく早く返信することがポイントです。

少しでも返信が遅くなると、他の女の子に心移りしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

また、ここでもお手当などの条件の話はしないように注意してくださいね。

では、パパへ返信する時のポイントを見ていきましょう。

相手が話題にしてきたことにリアクションする

パパからの返信メッセージの中に「広げられそうな話題」が入っていたら、必ずそれに対してリアクションしましょう。そこをスルーしてしまうとパパが傷ついてしまうかもしれないので気をつけてください。

例えば趣味のことを書いていたら、「私も前から興味あったんです。今度教えてください!」など、軽くでいいので触れておきましょう。そこからまた話が広がって、その後のメッセージのやり取りがやりやすくなることもあります。

返信が来て嬉しいと書く

「パパから返信が来て嬉しい」という気持ちを書くというのも大事なポイントです。

そうすることでパパは「自分からのメッセージを心待ちにしてたんだ」と嬉しくなります。

そしてなるべく早く返信するのもポイント。早く返すだけで「返信が来たことが嬉しい」という気持ちが伝わります。

ただし慌てて返信するとメッセージが雑になってしまうこともあるので、内容には注意してください。

メッセージが来たことの嬉しさと感謝の気持ちを伝えることで、素直な女の子という印象を持ってもらうことができます。

メッセージありがとうございます!
お忙しいのにメッセージをいただき本当にうれしいです。
もし都合のいい日があれば、ぜひ一度会ってお話できればと思います。
よろしくお願いいたします。

最後を疑問形にする

パパは多くの女性からメッセージをもらっています。そのため、パパに「返信するきっかけ」を与えることが大切です。

そこでおすすめのテクニックが「最後を疑問形にする」です。

「〇〇さんは食べ物は何がお好きですか?」など疑問形にすることで、パパも返信しやすくなり、メッセージのやり取りが続きやすくなります。

ただし、あまりにも多いと返信を面倒に感じてしまうことがあるので気をつけてくださいね。

条件を聞かれた場合の返信の仕方

次の段階は条件についての返信です。

条件に関しては自分から聞くのではなく、「パパが切り出してくれたタイミング」がベスト。パパ活に慣れている人であれば、スムーズに条件の話を振ってくれるでしょう。

そうでなくても、顔合わせの話を進めていくうちに、自然と切り出してくれるケースがほとんどです。

まずはお食事から始めたいと書く

パパから「どのような条件がいいですか?」と条件について切り出された場合、細かい条件をこのタイミングで送らない方が良いです。

このタイミングでは、食事から始めたいことを伝えてください。例文としては以下のような内容です。

まずはお茶やお食事などのデートから始めたいなと思ってます^ ^
あくまで私の希望なのですが、「ランチ1」と考えています。
もしこれでよろしかったら、ぜひお会いしたいです♪

金額は「1万円」と表現すると生々しいので、「ランチ1」のように書きます。パパ活をやっている男性はこの表現を知っているので、これで「1,000円」と解釈する人はまずいません。曖昧に書いても問題ありません。

条件交渉は顔合わせでした方が良い

今後のパパ活についての細かい条件交渉は、顔合わせですることをおすすめします。相手の男性がどのような人か判断してから交渉するほうがよりリスクを減らせるからです。

それにメッセージで伝えるより、直接会ってお願いするほうが条件を飲んでもらえる可能性も高くなります。

大人の関係について聞かれたら

もし大人の関係について聞かれた場合、あなたがそれは絶対に嫌なのであればハッキリとその意思を伝えることが大切です。

そこを曖昧にしておくと、あとからしつこく迫られて大変な目に遭うケースもあります。

まずは顔合わせしてからと答える

あなたが大人の関係もありだと思っている場合は、「顔合わせでフィーリングが合えば考えます」と伝えましょう。

相手のことをよく知らないうちに「大人の関係オッケーです」と伝えてしまうと、実際に会ってから「この人はちょっと違うな…」と思った場合に断りづらくなるからです。

お金ついても聞かれたら答えてOK

大人の関係のお手当について聞かれた場合は答えてもオッケーです。

他のパパとは「大人3」でお会いしています。
これでよろしかったらお会いしたいのですが、〇〇さんはどのようにお考えですか?

お手当の金額は妥協せずに希望している額を伝えてください。
「留学費用を貯めていますが、アルバイトだけでは苦しい状況なんです」など、目標のために頑張ってお金を貯めていることをさりげなくアピールするのもおすすめです。

お手当を値切ろうとしてくる人は論外なので、そういう男性はスルーしても良いでしょう。

条件を聞いてこない場合のメッセージの送り方

お手当や頻度などの条件を伝えるのは「男性が切り出してくれた時」がベストタイミングです。最初のメッセージや最初の返信で自分から切り出すのはNG。

ある程度パパ活に慣れていて、一般的なコミュニケーション力がある男性なら、ほど良いタイミングで切り出してくれます。

「男性側から聞いたほうが女性にとってもやりやすい」とわかっているからです。

しかし、いつまで待っても条件を聞いてきてくれない男性がいるのも事実。

その場合にはどうすれば良いのでしょうか?

顔合わせに誘ってみる

なかなか男性側から条件について切り出してくれない場合は、女性側から顔合わせに誘ってみましょう。

顔合わせの具体的な話を進めていくうちに、パパもイメージが湧いてきて「あ、お手当のことも聞いとかなきゃ」と、切り出してくれる可能性が高くなります。

顔合わせの予定を決める時のメッセージ

顔合わせの予定を決める流れは、友達や恋人と日程調整する時とほとんど同じです。

ここでのポイントは「パパの仕事の都合を意識する」ということ。

例えば「〇〇の方って、けっこう夜遅くまでお仕事してますよね?」などの一言を最初に入れておくのは効果的です。こうした言葉があることで、パパは自分の仕事を理解してくれていると感じます。

パパの仕事によって事情が異なりますが、「パパの仕事の都合を考えている」という姿勢を見せることが大切です。

また、パパがあまりリードしてくれないタイプの場合は、女性側から提案しながらテキパキと決めていくようにしましょう。

メッセージのやり取りがダラダラ長引くと、パパ側が面倒くさくなって離れていく可能性もあるので注意してくださいね。

顔合わせの日時・場所を決める

例文をご紹介しますが、基本的に友達などとのやり取りと同じです。敬語を使うかどうかだけが違うと考えてもらうとイメージしやすいと思います。

〇〇さんは、いつがご都合よろしいですか?
私は〇日と〇日が空いています。
時間は〇時~〇時以外ならいつでも大丈夫なので、〇〇さんのご都合に合わせられます。
ご連絡お待ちしております♪

待ち合わせ場所の決め方も、敬語を使うこと以外は友達とのやり取りと同じです。

待ち合わせはどのエリアを希望ですか?
私は○○市内だったら、どこでも大丈夫です!
お会いできるのを楽しみにしています!

交通費だけ負担して欲しいとお願いする

パパとの待ち合わせ場所が遠方であれば、交通費だけ負担してほしいとお願いしてみましょう。その場合は必ず、「自宅から遠いので交通費が多くかかる」ことをきちんと伝えてください。そして、「もらえると嬉しいです」という謙虚な姿勢も大切です。

交通費はお手当とは別のものなので、パパとしてはできるだけ払いたくないと考えています。もらって当然という態度で交渉すると。印象が悪くなってしまうかもしれないので注意してください。

あくまで交通費の負担をお願いするのは、遠方の待ち合わせ場所に行く場合だけにしたほうが良いです。

近場なのに交通費を要求すると、お金にがっついている印象を持たれてしまうかもしれないので、その点は気をつけてくださいね。

顔合わせ後のお礼メールの送り方

無事に顔合わせが終わったら、必ずお礼メールを送りましょう。

これを忘れると間違いなく印象は悪くなります。

お礼メールにもいくつかの大事なポイントがあるので、以下に紹介していきますね。

相手が送ってくるより先にLINEする

顔合わせが終わったらできるだけ早くお礼のメッセージを送ることが大切です。

顔合わせでLINEを交換した場合ならパッとLINEで送ってしまいましょう。

相手が送って来るより先に送るのがベストなので、帰りの電車に乗ってすぐのタイミングでいいと思います。

早くお礼のメッセージを送ることで、二人の時間が楽しかったという気持ちが伝わるので、パパも嬉しくなること間違いなしです。

まずは今日の感謝を伝える

メッセージの内容ですが、まずはその日の感謝のお礼を伝えることが大切です。

時間を作って会ってもらったこと、そして楽しい時間を過ごせたことへのお礼を伝えてください。

礼儀正しくて素直な人だという印象を持ってもらえて、ますます気に入ってくれるはずです。

顔合わせ中にあったことをメッセージの内容に入れる

メッセージの内容に、顔合わせの中であったことを入れるのも大事なポイント。

食べた料理のことや、パパが話した仕事や趣味のことなどに触れましょう。

そうすることで「本当に楽しんでくれたんだな」とパパも嬉しくなります。

ただし、もらったお手当のお礼を伝えるのはNG。必要以上にお金のことを言われると、パパのせっかくの楽しい気分が冷めてしまいます。

お手当のお礼はもらった時にその場で伝えれば十分です。

次のデートを楽しみにしていることを伝える

顔合わせでパパのことが気に入ったら、次のデートを楽しみにしていることを伝えましょう。

今日は楽しい時間を本当にありがとうございました!
〇〇さんからいただいたアドバイス、とても参考になりました。
食べ物の好みも似ているので、今度一緒にお食事に行けたら嬉しいです^ ^
また○○さんにお会いできるのを楽しみにしてます。
私は平日の18時以降ならだいたい空いているので、いつでも気軽に連絡してくださいね♪

パパと交際が始まった後のメッセージのやり取りのポイント

お互いが相手を気に入って、二人の交際が無事に始まってからも、メッセージのやり取りが重要であることに変わりはありません。

ここでは、交際が始まってからのメッセージのやり取りのポイントについて解説していきます。

ポイントはこちらの4つです。

  • メッセージの頻度は相手に合わせる
  • 既婚者の場合は送りすぎないこと
  • 独身者の場合は毎日送ってもOK
  • デート中の会話について話すのが良い

メッセージの頻度は相手に合わせる

いくらパパの気持ちを自分に惹きつけておきたいからといって、やたらとメッセージを送ってはいけません。

ほとんどのパパは仕事をしているため、仕事中に返信するのは難しいです。

また、あまりにメッセージのやり取りが多くなると、パパ側の負担になってしまって印象を悪くしてしまう可能性もあります。

パパに対する配慮や思いやりを忘れてはいけません。メッセージの頻度はパパの都合に合わせることが大切です。

既婚者の場合は送りすぎないこと

パパが既婚者の場合は頻繫にメッセージを送らないようにするなど、特に注意が必要です。

パパの奥さんにパパ活していることがバレた場合、パパの家庭が修羅場になったり、最悪のケースでは女性が奥さんから訴えられることもあります。

頻繁にメッセージを送り合っていると、それだけパパの奥さんにバレる可能性も高くなります。

なるべくメッセージを送る回数を少なくすること、そして送ってもいい時間帯をパパから教えてもらい、その時だけ送るようにするなど、バレないための工夫をしましょう。

独身者の場合は毎日送ってもOK

パパが独身者の場合は、基本的に毎日送っても問題ありません。

ただし、パパによって仕事やプライベートの事情が異なるので、どの程度の頻度でメッセージのやり取りをするかを決めておくと良いでしょう。

ここでのポイントは、パパが「もっと多くメッセージをやり取りしたいな」と感じる頻度にすること。ほんの少しパパを焦らすことで、パパの中であなたへの興味・関心が高まっていきます。

そうなれば「もっと自分から連絡しなきゃ」「早く次のデートに誘おう」と思ってくれるでしょう。

デート中の会話について話すのが良い

あまりに内容のないメッセージのやり取りは楽しくなく、だんだんパパの負担になってきます。

パパとのやり取りを楽しいものにするためのコツとしておすすめしたいのは、「デート中の会話について話す」ということ。

例えばデートで映画の話をしたのであれば、「あの映画見ましたよ~」と言って感想を伝えると良いでしょう。

そしたらパパ側も他の映画を勧めたり、あなたの好きな作品を聞いてきたりして会話が弾みます。

パパと別れる時のメッセージの送り方

パパと交際していると、その期間の長さはどうであれ、いつかは別れる日が来ます。

パパ活はお金だけの割り切った関係のように見えますが、きちんとした別れ方をしないと、トラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。

以下に、パパと別れる時のメッセージについての注意点と送り方のコツを解説します。

原則メッセージで別れ話はしない

別れ話をメッセージだけで済ませるのはおすすめしません。

束縛が強くてうっとうしくなったり、本命の恋人ができたなどの理由があったとしても、これまで食事やお手当をもらったりしてお世話になったのは事実です。なので、別れ話は直接会って伝えることが大切です。

パパ活をしている男性のほとんどは経済力があり社会的地位も高い人なので、極端に変な人はいません。なので、きちんと理由を話せば理解してくれるはずです。

相手がガチ恋・しつこい場合の別れ話の仕方

パパ活をしている男性は富裕層が多くまともな人がほとんどだとお伝えしましたが、とは言え、稀に変な人がいるのも事実です。

パパがあなたに本気で惚れてストーカーのようになるケースもあります。

そのようなタイプは別れ話を受け入れず、しつこくつきまとってくることも。

そうしたやっかいなパパに対するポイントを2つお伝えしますね。

転勤・実家に帰るなど物理的に会えなくなると送る

物理的な距離が離れてしまうことは、パパが納得しやすい理由となります。

  • 「地元に帰って就職する」
  • 「地方に転勤する」
  • 「遠方に引っ越しする」

などの理由でパパと会えなくなると伝えましょう。

このように言えば「パパのことを嫌いになったわけではない」ということも伝わるので、パパも気分を悪くすることなく納得してくれます。

たとえ嘘なんじゃないかと疑っても、引越しするのであれば、仕方がないと受け入れざるを得ません。

ただし、住んでいる地域がパパと離れていればバレる可能性は低いですが、比較的近くに住んでいる場合は、バッタリ街で会ってしまうこともあるので、そこだけは注意が必要です。

相手への感謝を伝える

パパに別れたいと伝える際に、相手を傷つけたり怒らせたりする発言をしてはいけません。

「生理的に受けつけなくなった」「束縛がウザい」など、もしパパのことが嫌いになっていたとしても、その気持ちをストレートにぶつけると怒らせてしまいます。

これまで美味しいもの食べさせてもらったりお手当をもらったりしてきたのは事実なので

最後はパパへの感謝を伝えることが大切です。

  • 「〇〇さんと出会えて良かったです」
  • 「いつもデートで楽しませてくれて本当にありがとうございました」

こうした感謝の言葉とともに、どうしても会えなくなる理由ができたことを伝えれば、パパも納得してくれるでしょう。

しつこく縋られたり脅されても無視する

いくら丁寧に対応してもパパが怒ってしまうことはあり得ます。

たちの悪いパパであれば、「お金を返せ」「訴える」などと脅してくることがあります。しかし、大抵はハッタリです。

それに、パパ活でもらったお金は返す必要がありません。なので、一切の要求を突っぱねましょう。

パパによっては「弁護士に相談する」と脅してくる可能性もありますが、たとえ弁護士に依頼したとしても、女性がお金を返さなければいけなくなることはありません。

相手にするとパパを期待させてしまうので、しつこく迫られても「無視」あるいは「ブロック」で対応しましょう。完全にシャットアウトしてしまえば、パパは他にあなたに連絡する方法がありません。

別れる時のことを考えて、交際している間も個人情報は絶対に教えないようにしてくださいね。

パパ活でメッセージを無視される場合の対処法

パパ活をしていると、女性がメッセージを送ったのにパパからの返信が来ないことがあります。

LINEの既読無視や、既読がつかないと「何かあったのかな?」「ひょっとして嫌われた?」などと不安になってしまいますよね。

こんな時にどうすれば良いのか、その対処法をお伝えします。

1週間程度おいて「元気?」とさりげなくメッセージを送る

パパが女性からのメッセージを無視する理由として多いのが「仕事が忙しい」というもの。

パパとしては他意はなく、忙しくて返信する余裕がなくなって、返信の優先順位が一時的に下がっているだけです。

パパ活をやっている男性は仕事で成功している人が多いので、「他のことにかまっていられないほど忙しい」という状況になることが多いということを理解しておきましょう。

なので、あまり頻繁にメッセージを送ると、うっとうしがられてしまう可能性があります。

1週間程度おいてから「元気ですか?」といったさりげないメッセージや、「お仕事頑張ってください」など、仕事を応援するような内容を送って返信を待ちましょう。

返信がない場合はしつこく送らない

「元気?」などのさりげないメッセージを送ってもなお返信が来ないという場合は、それ以上しつこく送らないようにしましょう。

猛烈に仕事が忙しい、あるいはガチであなたに冷めてしまっている可能性もあります。

完全に気持ちが冷めているパパにしつこくしていると、本当に怒ってしまうこともあるので注意が必要です。

1ヶ月くらい週1回送り続けて、無理なら諦めましょう。

一人のパパにこだわって時間を無駄にするより、さっさと他のパパを探したほうが良いですよ。

パパがしつこくメッセージで大人に誘ってくる場合の対処法

パパと交際していると、パパから「大人の関係」を迫られることがあります。

最初は大人の関係なしで始めたとしても、親しくなっていくうちにパパの中でそういう気持ちが芽生えることはよくあることなのです。

あなたが「大人の関係なし」でパパ活をやりたいと思っているのに、パパがしつこくメッセージで誘ってくる場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?

相手が自分にハマってる場合は1回無視してみる

パパがあなたにかなり夢中になっている場合は、1回無視してください。

そうすると「やばい、怒らせたかも」と相手が焦って、ご機嫌取りをしてくる場合があります。

そこですぐに返信するのではなく、しばらく置いてから返すのもポイント。すぐに返信したら「謝ればすぐに許してくれる」と思われてしまうからです。

その後のパパとのやり取りでまた大人の関係を迫られても、徹底的にスルーしましょう。

大人の関係はちょっと怖いとはっきり伝える

大人の関係がイヤなのであれば、妥協せずにハッキリと断ることが大切です。

その際に、大人の関係はトラウマなどがあって怖いということを伝えてみましょう。

「以前、強引に男性から迫られて怖い思いをしたことがある」と言えば、パパもそれ以上あなたにお願いしにくくなります。
「◯◯さんと過ごす時間はとても楽しいのですが、大人の関係は考えていません。これまで通りデートができたら嬉しいです」とフォローしておけば、パパの気分を損ねるようなことにはならないでしょう。

社会的に成功している人はプライドが高いので、突き放すような言い方はNGです。

「あなたと体の関係なんて考えられない」と思っていても、決して態度には出さないでくださいね。

まとめ

今やパパ活をする女性はたくさんいて、競争率も高まっています。

お金持ちの男性などは特に人気があるので、自分のことを気に入ってもらい、パパになってもらうのは簡単ではありません。

そこでメッセージの効果的な送り方を覚えることが、ライバルのパパ活女子に差をつけるために重要となるのです。

ぜひ今回紹介したメッセージのポイントをおさえて実践してみてください。

パパ活がよりスムーズに進み、太パパをゲットできる可能性は高くなるはずですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次