港区女子って一体どんな人?パパ活女子との違いやパパ活事情、待ち受ける末路とは

港区女子とパパ活女子

「港区女子」というと、SNS上でゴージャスな生活を公開しているキラキラした女性、という印象。

パパ活女子にも、憧れている人が多いのではないでしょうか。

しかし、華やかな生活の先には、あまり見たくない現実が待っているようです。

また、港区女子に憧れるあまり、パパ活でその地位を築いている女性もいるのだとか。

今回はそんな港区女子の実態や、パパ活女子との違い、そして港区女子を待ち受ける恐ろしい末路など、「港区女子」のすべてをご紹介します。

目次

港区女子とは?

港区の高級繁華街を中心に豪遊し、そのキラキラした生活をSNSに日々アップしている「港区女子」。

彼女たちは、下記のような特徴があります。

  1. 港区界隈で遊んでいる女性
  2. 港区女子の住居は港区ではない
  3. ホームパーティでハイステータスな男性と遊ぶのが好き
  4. ハイブランド大好きでキレイ系が多い
  5. 向上心が高く上昇志向
  6. インスタで自撮り写真をあげるのが大好き
  7. 高収入な女性が多い
  8. 自分と同レベルの容姿の友達のみ選別する

それぞれ詳しく確認してみましょう。

港区界隈で遊んでいる女性

「港区女子」とは、東京都港区のセレブリティが多く集まる歓楽街を拠点に豪遊している女性のこと。

彼女たちは港区にある六本木、西麻布、赤坂などのエリアで、会員制クラブや高級レストランで飲食したり、タワーマンションで開催されるホームパーティに参加したりと、夜な夜な同じ港区女子やお金持ちの男性たちと華やかな生活を楽しんでいます。

港区女子の住居は港区ではない

港区女子というと港区在住というイメージを持つかもしれませんが、全員が全員そうではありません。

港区の高級繁華街を拠点に遊んでいれば「港区女子」に該当するため、必ずしも港区在住というわけではないのです。

港区以外の区に住んでいる人はもちろん、東京の郊外や千葉・埼玉・神奈川などの関東一円に住んでいる人もいます。

ホームパーティでハイステータスな男性と遊ぶのが好き

港区女子は、ハイステータスな男性が参加するホームパーティも大好きです。

ホームパーティは港区にあるタワーマンションの最上階かそれに近い部屋で開催され、主催する男性と同じレベルのハイステータスな男性が集まります。

参加するためには主催者の招待が必要なため、同じ港区女子の友達はもちろん、それまで培った人脈やSNSを駆使して積極的に参加します。

ハイブランド大好きでキレイ系が多い

港区女子は、見た目の美しさをトコトン追及します。

身に着けるものは一流のものばかりで、ブランド品を持つことこそがステータス。

ただし、一見してブランドだとわかる大きなロゴが入ったアイテムやモノグラムなどは持たず、小さくロゴやブランドネームが入ったようなさりげないアイテムを活用します。

服装は女性らしいワンピースがほとんどで、全体的にとても清楚。

最近ではイギリスのキャサリン妃のように、ZARAやH&Mなどのファストファッションをあえて上手に取り入れてセンスの良さを見せる女性も少なくありません。

男性のみならず、女性からも褒められるようなコーディネイトを基本としています。

向上心が高く上昇志向

港区女子には、上昇志向を持った女性が多いのが特徴です。

常に人よりも上に立つことを目標としていて、良い意味でとてもアグレッシブ。

自分を磨くための努力は惜しまず、ハイステータスな男性との会話についていくために知識や情報収集も欠かしません。

承認欲求が強いため向上心が高く、とても勤勉です。

インスタで自撮り写真をあげるのが大好き

港区女子は、SNSが生活の中心と言っても過言でありません。

インスタなどに自撮りの写真を上げるのが大好きです。

その背景は、誰もが「うらやましい」と思えるようなシチュエーションで撮るのが鉄板。

イイネの数がステータスになるので、少しでも映える写真を撮ることに必死です。

また、掲載する写真も、プロレベルの映えたものがほとんど。

まるで雑誌や海外セレブのインスタのような写真を撮影し、写真加工アプリでより美しく加工してUPします。

高収入な女性が多い

本来の港区女子は、自身もハイステータスな女性が多いのが特徴です。

その職業は

  • 商社やIT企業、外資系や金融など、一流企業に勤めるOL
  • モデルや女優の卵
  • 飲食店やエステを経営する女社長
  • 医師や看護師

などが占めています。

中には、「太実家」と呼ばれる実家を持ち、ほとんど働いていないというお金持ちのお嬢様も。

男性に貢がれるのではなく、自らのお金でゴージャスな生活を送る女性であることも港区女子の特徴です。

自分と同レベルの容姿の友達のみ選別する

港区女子は、友達にも自分と同レベルの容姿を求めます。

それには

  • 美に対する価値観が同じ
  • SNSに投稿する自撮りをする時、並んで恥ずかしくない
  • 友達を紹介して欲しいと言われた時に堂々と連れていける

などの理由があります。

港区女子はSNSのフォロワーもステータスの1つ。

そのため、容姿に優れた女性同士が撮影することでフォロワーを増やしたり、UPしたSNSを見た男性から声がかかったりというメリットがあります。

また、招待されたホームパーティに誘いあったり、おいしいイベントの情報を共有したりと、利害関係で結ばれています。

港区女子はパパ活してる?パパ活女子との違い

最近では、港区女子=パパ活女子と勘違いしている人も少なくありません。

では、港区女子はパパ活をしているのでしょうか?

結論から言えば、通常の港区女子は基本的にはパパ活はしません。

が、色々な事情からパパ活をして港区女子の生活を維持している人もいます。

通常の港区女子とパパ活女子には、以下のような違いがあります。

  1. 港区女子はお手当をもらわない
  2. パパ活女子はある意味相手を選ばない
  3. パパ活女子は生活に困っている女性も多い

それぞれ詳しく確認してみましょう。

港区女子はお手当をもらわない

パパ活は、お金持ちの男性と食事やデートをして、お手当をもらう女性のこと。

一方、港区女子は、たとえ男性と食事やパーティをしても、お手当はもらいません。

ただ、一部の女性は、港区女子の生活を維持するために、パパ活をしているケースもあります。

パパ活女子はある意味相手を選ばない

港区女子は、自分自身がハイステータスなため、相手の男性にも同等以上のステータスを求めます。

ハイクラスの男性が自分も高めてくれるという考えから、地位や収入のある男性しか相手にしません。

一方、パパ活女子は、きちんとお手当を支払ってくれる男性であれば、相手を選びません。

もちろん「太パパ」と呼ばれる、ハイステータスでお手当の額も大きく、定期的に会ってくれるパパが一番の理想ではありますが、お手当さえもらえるのなら、低年収の男性とてもデートをします。

男性との関係でいえば、パパ活女子の方がよりビジネスライクに男性を見ているとも言えます。

パパ活女子は生活に困っている女性も多い

港区女子は、元々お金持ちだったり有名企業に勤めていたりと、自分自身もお金持ちという女性が大半です。

一方、パパ活女子の中には、男性に援助をしてもらわないとお金がないという人もいて、中には日々の生活にすら困窮している人も。

また、港区女子は自分のリッチな生活のためにお金を使いますが、パパ活女子の中には将来の夢や生活費のためにお金を使う人も少なくありません。

港区女子とパパ活女子は、お金の使い方にも違いがあるようです。

港区女子のインスタにありがちな投稿とは

港区女子は、とにかくインスタが大好き。

自分のゴージャスな生活をアップして、羨望を受けることを生きがいにしていると言っても過言ではありません。

そんな港区女子のインスタには、

  1. タワマンのペントハウスからの夜景
  2. 海外旅行の写真
  3. レストランでの他撮り写真
  4. エルメスなどの高級ブランド品写真
  5. ワイングラスを片手に撮影した港区女子の集合写真

などが投稿されがちです。

タワマンのペントハウスからの夜景

港区女子が参加するパーティはタワーマンションの最上階で開催されるものが多く、ゴージャスな部屋からの夜景は定番の背景になっています。

特に、東京タワーやスカイツリー、レインボーブリッジなどのランドマーク的な建造物が見えるタワマンは、港区のどのあたりから撮影したものかがわかるので、重宝されます。

海外旅行の写真

港区女子は、旅行もゴージャス。

海外旅行を満喫している写真も、頻繁にSNSにアップします。

その行先は、フランスやイタリアなどのヨーロッパ諸国、モルディブやバリなどの高級リゾートなど、誰もが一度は行ってみたいと思う観光地ばかり。

特にリゾート地の写真では、ビキニなどの水着姿で、自分のバツグンのスタイルを惜しげもなく披露しています。

旅行中に撮った写真は一度にアップするのではなく、ネタがない時などに「ドバイ旅行楽しかったな」「また行こうね」なとのコメントをつけて後日掲載することもあります。

高級レストランでの他撮り写真

高級レストランは、港区女子にとっては写真スタジオのようなもの。

美しく盛り付けられた料理の写真だけでも映えますし、テーブル越しに自撮りすれば工夫しなくてもゴージャスに見えます。

どれだけ有名なレストランや高級店に行ったかも重要。

ミシュラン三ツ星店や予約の取れないレストランに行ったら、忘れずにハッシュタグをつけて投稿します。

エルメスなどの高級ブランド品写真

ハイブランドを持つことこそステータスである港区女子の写真には、ブランドのバッグや小物、アクセサリーがよく写っています。

バーやレストランでは、写真にさりげなく椅子に載せたエルメスのボリードを写り込ませたり、わざと左手でワイングラスを持ってロレックス時計をチラ見せしたり。

中でもエルメスは、数あるハイブランドの中でも別格。

エルメスのオレンジ色の紙袋や箱を並べて「大人買い♡」「プレゼントでいただいた」などとUPしている写真もよく見かけます。

ワイングラスを片手に撮影した港区女子の集合写真

港区女子は、ワインをよく飲みます。

中でも、特に好んで飲まれるのはシャンパン。

タワマンのホームパーティや会員制バーで撮影された集合写真には、ワイングラスやシャンパングラスを持った男女が多く写っています。

ワイングラスは、顔のそばに持ってくると小顔効果がある上、華やかさをプラスすることもできるので、港区女子の写真の定番アイテムになっています。

港区女子が痛いと言われる理由

華やかで誰もがうらやむような生活をしている港区女子ですが、その一方で「痛い」「悲惨」などという声もよく聞かれます。

それには、以下のような理由があるようです。

  • 男のステータスを自分のステータスだと勘違いしている
  • 若さしか取り柄がない人も多い
  • 地位や容姿で相手を判断する

それぞれ詳しく確認してみましょう。

男のステータスを自分のステータスだと勘違いしている

港区女子が集まるパーティやお店には、ハイステータスの男性がたくさん。

彼らは有名大学出身で、大企業の重役、ベンチャー企業の社長、飲食店の経営者、医者など、社会的地位のある人ばかりです。

そんな特別な男性たちに囲まれていると、まるで自分も偉くなったような勘違いをしてしまいます。

一緒にいる男性のステータスを自分のステータスと勘違いして大柄な態度をとるため、「勘違い女子」「痛い」と思われがちです。

若さしか取り柄がない人も多い

港区女子の中には、ただ若くてキレイなだけで、特に取り柄がないがないという女性もいます。

しかし、若いというだけでちやほやされてしまうためそのことに気が付くことができません。

さらに、周囲に立派な取り柄を持つ人が多いため、自分も他人より優れていると勘違いしてしまいます。

その結果、最初は優しかった男性たちも、「若いしか取り柄がないな」「中身は空っぽだ」などと倦厭してしまい、次第に去ってしまいます。

地位や容姿で相手を判断する

自分の地位や容姿に絶対的自信を持つ港区女子。

そのボーダーを相手にも適用してしまうため、相手を地位や容姿でジャッジします。

少しでも下だと判断すると、その人を見下すようになり、相手にしません。

しかし、港区女子を取り巻く世界はとても狭く、嫌な態度をとった相手が誰か知り合いである確率も高いのが実情。

一度悪い噂が立つと、自分自身が相手にしてもらえなくなります。

港区女子の末路は悲惨?

日夜華やかな時間を過ごす港区女子ですが、何事にも終わりはやってきます。

社会的通年では若いとされる20~30代ですが、港区女子の中では25歳以上で高齢。30代を過ぎると、完全におばさんに認定されてしまいます。

自分が年をとってしまったことに気付かないまま港区女子を続けていると、末路には悲惨な結果が待っていることも……

港区女子は年齢を重ねると、

  • お金持ちと結婚して専業主婦になる
  • 30代以降ではしゃぐと痛いおばさんになる
  • 友達が離れていってしまう
  • キラキラした自分を保つために借金するようになる
  • チヤホヤされた体験を忘れられずホス狂へ

というルートをたどることが多いようです。

それぞれ詳しくご紹介します。

お金持ちと結婚して専業主婦になる

一見何も考えずに生きていそうな港区女子ですが、実際には将来設計をきちんと考えているリアリストが多数。

最終的に目指しているのが、お金持ちと結婚して、専業主婦になること。

そのためホームパーティや会員制バーなどで、結婚相手となる男性を探しています。

夫となる男性の年収は、1,000万円が最低ボーダーライン。

もっとも1,000万円では港区で優雅に暮らせないため、より年収の多い男性を求める傾向にあります。

結婚後、自分自身も稼ぐというキャリア志向の女性もいますが、ほとんどは仕事を離れて専業主婦に。

かつてパーティを開催していたような港区のタワマンに暮らし、子どもが生まれると有名幼稚園やインターナショナルスクールに通わせます。

さらに

  • 同じような生活水準のママ友を作り、腹の探り合いをしながらマウントを取り合う
  • ブランド服を着せた子ども、ママ友との高価なランチ、店のような自作の料理をSNSにアップ
  • ヨガやパーソナルトレーニングなどに通い、自分磨きに余念がない

という、まるで港区女子の延長のような人生を送る傾向にあります。

30代以降ではしゃぐと痛いおばさんになる

前出の通り、港区女子の中では、25歳でもう高齢になり、30歳をすぎるとおばさん認定されてしまいます。

しかし、中には30代・40代でも、港区女子気分ではホームパーティなどに参加して大はしゃぎをする人も。

まだまだ若いつもりの彼女たちですが、本当に若い港区女子からは「あのおばさん、痛くない?」と、白い目で見られてしまいます。

友達が離れていってしまう

港区女子は、友達も自分と同等かそれ以上のスペックを求めます。

容姿に自信のない女性はそれだけで離れて行ってしまい、周囲には容姿が優れた同じレベルの女性しか残りません。

美意識や考え方が一致して認め合っている間は良いですが、元来マウンティング好きな港区女子。一つでもマウントを取れるものを発見してしまうと、友情が成立しなくなってしまいます。

また、港区女子の友情は、パーティへの誘いあいや情報共有で結ばれています。

そのため、利害の一致がなくなってしまうと、友情は消滅。

元々の友達は港区女子になった時点でいなくなっているため、次第に友人のいない孤独な女性になってしまいます。

キラキラした自分を保つために借金するようになる

毎日の飲食代に、最新のブランドアイテムや洋服代、帰宅時のタクシー代など。

キラキラした港区女子の生活は、一般女性からは考えられないほど、お金がかかります。

さらに、港区女子の中には、さらなる美しさに磨きをかけるために美容整形をする人も少なくありません。

それらのお金を自分の稼ぎでまかなえているうちは良いのですが、人はどんどん欲が出てしまうもの。

時には借金をしてまで、ゴージャスな生活を維持するようになってしまいます。

結果、支払いができなくなってしまい、こっそりナイトワークや風俗で働くようになる人も少なくないようです。

チヤホヤされた体験を忘れられずホス狂へ

若く美しい時は、黙っていても男性がチヤホヤしてくれる港区女子。

しかし、年をとってしまうと男性は他の若い子の元に行ってしまい、次第に離れて行ってしまいます。

チヤホヤされた快感を忘れられない女性が行きつく先は、ホストクラブ。

お金さえ払えば、かつてのように男性がチヤホヤしてくれるで、ホス狂の元港区女子も多いようです。

元はおごられて当然、買ってもらて当然、という身分だった港区女子が、気が付けば男性側にお金を払う立場になってしまいます。

港区女子はパパ活している?港区女子とパパ活するには?

自分でお金を稼いで自立している「港区女子」ですが、ハイステータスな男性と食事をしたり、会員制バーに行ったりと、行動はパパ活女子と似ている部分があります。

実際に港区女子の中には、キラキラな生活を維持するためにパパ活をしている女性も多数いようです。

パパ活している人も半数くらいいる

本来の港区女子は、自分自身で稼いでいたり、元々家がお金持ちだったりと、自分の力で豪華な生活を送っている人がほとんどでした。

しかし、最近ではそんな港区女子に憧れた女性たちが、男性からの援助を受けてゴージャスな生活を維持しています。

今では半数が、後者のようななんちゃって港区女子。

パパ活をしながら港区女子をしている人も少なくありません。

また、特にお金には困っていなくても、くれるというものを拒まなかった結果、交通費やお小遣いという名目でお小遣いをもらっていた=パパ活をしていた、という女性も。

実際、港区女子に「パパ活をしたことがある?」と聞いてみると、何と半数の人が「ある」と回答しました。

元々「港区女子」は、成功した男性がホームパーティや飲み会などにきれいな女性を呼んで、お小遣いを支払っていた「ギャラ飲み」から派生したもの。

ギャラ飲みは、一緒に食事を楽しんでお手当をもらうパパ活に通じるものがあり、パパ活女子でも並行してやっている人も多いので、港区女子はパパ活にピッタリと言えます。

また、港区女子は

  • 見た目が美しい
  • 勤勉で男性との会話も盛り上がる
  • 向上心が高く努力家

と、パパから愛されやすい属性を持っています。

では、そんな港区女子とパパ活がしてみたくなったら、どうすればいいのでしょうか?

出会う方法は

  1. 六本木界隈のホームパーティに参加する
  2. 港区のラウンジで出会う
  3. 港区の高級キャバクラで出会う
  4. 交際クラブで出会う/b>
  5. パパ活アプリで出会う

などがあります。

それぞれ、詳しくご紹介します。

六本木界隈のホームパーティに参加する

港区女子がメインの活動場所としている1つが、タワーマンションで開催されるホームパーティ。

特に六本木周辺のタワマンで行われるパーティには、セレブな男性が多く訪れるため、頻繁に姿を見せます。

そんな女性たちの中には、スポンサーになってくれる男性を探すためにパーティに参加しているという人も少なくありません。

そんな女性を見つければ、容易にパパ活の条件交渉をすることができます。

ただし、パーティに来ている港区女子の中には、結婚相手を探している人も多数参加しています。

既婚の男性は、きちんと自分が結婚しているということを伝えておかないと、後でトラブルに発展する可能性があるため、注意が必要です。

港区のラウンジで出会う

最新ブランドのバッグや、毎回違う洋服、エステや高価な飲食代、そして時には美容整形の費用。

港区女子はとにかくお金がかかるので、キラキラの生活を維持するためにナイトワークをしている女性も多くいます。

特に港区女子に多いのが、その容姿と会話術を生かした、会員制ラウンジ嬢。

短時間で高収入を得られる上、他のナイトワークと違って「女性もお客様」というスタイルのラウンジは、「サービスはしてもらって当然」と考える港区女子にとっても働きやすいお店のようです。

また、太パパを見つけるのが目的で勤務しているラウンジ嬢も多く、店外デート黙認しているお店がほとんどな会員制ラウンジは、パパ活相手を見つけるという目的にもぴったり。

会員制ラウンジについては以下の記事でも詳しくご紹介しています。
会員制ラウンジで働きながらパパ活!パパ活までの道のりを解説!

港区の高級キャバクラで出会う

会員制ラウンジと同様に、港区女子に人気のナイトワークがキャバクラです。

ラウンジ嬢と違ってテーブルワークなどの接客が必要になりますが、同伴やアフターで稼ぎやすいのが魅力。

そのため、六本木や赤坂、西麻布などの高級キャバクラに行けば、かなりの確率で港区女子と出会うことができます。

港区女子は、見た目がキレイなのはもちろん、気配り上手で会話を盛り上げるのも得意。

高級キャバクラにおいて、人気がでるキャストにぴったりの条件を兼ね備えています。

ただし、キャバクラは店のキャストと客が店の外で会うことを嫌っており、キャバ嬢にとってもリスクが発生します。

キャバ嬢をパパ活デートに誘うのには、注意しなければなりません。

交際クラブで出会う

交際クラブとは、ハイステータスな男性と、容姿に優れた女性とのデートをセッティングする会員制クラブのこと。

デートクラブなどとも呼ばれており、厳しい審査に合格した男女しか会員になれません。

本来なら自分で相手を探してデートの交渉をするマッチングアプリと違い、コンシェルジュが間に入って、フィーリングが合いそうな男女を引き合わせてくれる、時間のない人にピッタリのサービスです。

交際クラブについての詳細は、下記もご参照ください。
パパ活におすすめの交際クラブ・デート倶楽部!安全かつ相場が高いパパ活を

交際クラブにはパパ活を希望している女性が多く所属しており、中には港区女子も多数。
そのため、男性側が
「港区女子との出会いを希望している」

と伝えれば、コンシェルジュが希望に沿った女性を紹介してくれます。

港区女子は、「ユニバース倶楽部」や「ヴェルサイユ」などの交際クラブをよく利用しています。

詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照下さい。

ユニバース倶楽部⇒ユニバース倶楽部の口コミ・評判からパパ活で利用できるか徹底調査!
ヴェルサイユ⇒交際クラブのヴェルサイユでパパ活をした口コミ・評判!

パパ活アプリで出会う

港区女子がパパを探す時に最も利用するサービスが、パパ活アプリです。

飲み会、ホームパーティ、海外旅行と、とてもハードなスケジュールをこなす港区女子だからこそ、自分の都合でパパを探すことができるパパ活アプリは、とても便利なサービス。

特に港区女子が多く利用しているのには、以下のようなサービスがあります。

  • シュガーダディ
  • ペイターズ
  • ラブアン

それぞれ詳しくご紹介します。

シュガーダディ

sugardaddy

引用:https://sugardaddy.jp/

パパ活のマッチングに特化したウェブサービス、「シュガーダディ」。

アプリではなくオンラインサービスのみの展開のため、他の女性にはバレずにパパ活がしたいという港区女子が多く利用しています。

高額な会費が多いマッチングサービスの中で、男性の会費が1か月5,980円と比較的リーズナブルなのも魅力。

おためしで港区女子を探してみたいという男性にもおすすめです。

カレンダー機能が搭載されているので、忙しいハイステータスな男性と、自分の都合に合わせたパパ活がしたい港区女性のマッチング率も高くなっています。

シュガーダディの詳しい情報は、以下もご参照下さい。
シュガーダディの口コミ・評判から分かるおすすめな人を徹底解説

\パパ活のマッチングに特化したウェブサービス/
シュガーダディ公式サイト

ペイターズ

paters

引用:https://matching-affi.jp/link.php?i=pgpq0ovbhq0g&m=mh3wi5hhvwrh

ペイターズは、会員数100万人以上、類型マッチング数1200万組という、驚異的な数字を誇るマッチングアプリ。

身バレを防ぐプライベートモードを搭載しているため、同じ港区女子にパパ活をしていることがバレることを何よりも恐れる港区女子も多く活用しています。

自分が指定した日に相手を募集できる「会いたい」機能があるので、スピーディなマッチングができるのもペイターズの魅力。

突然予定が空いた時や、なるべく早くデートしたいという時などに相手を探せるとあって、多忙なスケジュールをこなす港区女子からの評価も高いサービスです。

ペイターズの詳しい情報は、以下もご参照下さい。
ペイターズ(paters)の口コミ・評判からおすすめな人を徹底解説

\身バレを防ぐプライベートモード搭載/
ペイターズ公式サイト

ラブアン

lovean

引用:https://lovean.jp/lp.html?

2019年のサービス開始から、会員数が増え続けている人気のパパ活サイト・ラブアン。

シュガーダディと同じくWeb上のみで利用できる、スマホに証拠を残したくないという港区女子に大人気のマッチングサービスです。

写真だけでなく動画をアップすることができるため、加工されすぎた写真によるミスマッチを防ぐことができます。

オンライン顔合わせを導入しており、わざわざ時間を使って顔合わせに出かける必要がない手軽な出会いが、時間のない港区女子からも好評価。

男性も無料から利用できるため、おためしで会員になってみるのもおすすめです。

ラブアンの詳しい情報は、以下もご参照下さい。
ラブアン(Love&)の口コミ評判から分かるおすすめな人と料金相場まとめ!

\スマホに証拠を残したくない港区女子に大人気/
ラブアン公式サイト

まとめ

SNSから見る港区女子、毎日楽しくゴージャスな暮らしを送っているように見えますが、実態は努力家で計画的な女性がほとんどのよう。

悲惨な末路が待っているかもしれない、という恐怖はあるものの、それでも憧れる女性が多いことに違いはありません。

お金持ちじゃないけれど港区女子を目指してみたいという女性には、パパ活がおすすめです。

港区にはお金持ちの男性も多く、パパと出会いやすいのも魅力。

また、パパ活をすることで、港区女子に必要な相手に対する気遣いや、男性と盛り上がる会話スキルも手に入ります。

憧れの港区女子に一歩でも近づけるよう、ぜひパパ活にも挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次