パパ活アプリおすすめランキング

間違い注意|パパ活「プチ」の正しい意味と使い方

パパ活のプチ

パパ活用語でよく聞く「プチ」という言葉。

かわいい雰囲気に惑わされそうですが、実は性的なサービスを伴うパパ活のことで、間違った意味で使ってしまわないよう注意が必要です。

デートだけのパパ活より稼げると噂の「プチ」とは、どのようなパパ活なのでしょうか?正しい意味と使い方についてご紹介します。

目次

パパ活のプチの意味とは?

パパ活における「プチ」とは、本番行為なしで大人の関係を行うパパ活のこと。挿入はしないけれど、それ以外の性行為をしてお手当をもらうことを「プチ」や「プチパパ活」などといいます。

最後までする大人の関係は妊娠などのリスクが怖いけれど、カンタンかつ短時間で稼ぎたいというパパ活女子に人気があります。

プチの種類と意味

プチには、いくつかの種類があります。

  • おさわり

その名の通り、男性に体を触らせてあげるサービスです。
おさわりには、服の上から触らせるものと、服を脱いで触らせるものがあります。軽いもので服の上から胸を触らせてあげる程度から、ディープなものだと服を脱いで性器を触らせてあげるものまで。服の有無や触らせるパーツで、お手当の相場が変わります。

  • キス

パパとキスをするサービスです。
唇を軽く触れるだけのフレンチキスから、舌をからませるディープキスまであり、こちらも程度によってお手当がかわります。

  • 手コキ

手を使ってパパの男性器を愛撫してあげるサービスです。
ローションや唾液を使って男性器を刺激し、射精まで導きます。

  • フェラ

口を使って、パパの男性器を愛撫してあげるサービスです。
別名、Fや口などと表現します。ゴムあり、ゴムなしの生フェラ、口内発射やごっくんありなどで、お手当がアップします。

  • 愛撫

裸でパパの全身を愛撫してあげたり、パパに愛撫してもらったりというサービスです。
ベッドでいちゃいちゃすることで、パパと距離も縮まります。

  • 素股

股の間に男性器をはさんで、パパに疑似挿入を味わってもらうサービスです。
太ももで圧迫したり、女性器にこすりつけたりと、やり方は様々。スキルが必要なので難しいですが、本番行為に近いためパパに人気があります。

パパ活のプチの相場は?

パパ活におけるプチの相場は、以下のようになります。

服の上からおさわり 3千円~5千円
服の下からおさわり 5千円~1万円
キス 3千円~5千円
手コキ 5千円~1万円
フェラ 1万円前後
愛撫・素股 1~2万円

軽いプチはデートをするくらいのお手当の同じくらい。

ホテルに行くようなディープなプチは、挿入を伴う大人の関係の半額~8割くらいが相場です。

プチはそれぞれをオプションのように組み合わせて行う場合があります。

例えば

キス+手コキ 1万円
愛撫+素股 2万円前後
デート+プチのフェラ 3万円

というように、組み合わせることでお手当の金額も高くなります。

パパ活のプチの使い方

パパ活情報を発信しているSNSなどでは、「プチ」という言葉は一般的に使われています。

しかし、一部の人はプチの使い方を勘違いしているようです。

プチの認識が異なっていると、後でトラブルになる可能性があるため、注意が必要です。

プチの認識違いに注意

パパ活をしている人の中には、「プチ」を以下のような意味で使っている人がいます。

プチパパという意味でのプチ

お手当の払いがプチ、という意味です。

普通のサラリーマンは、何万円も女の子に援助してパパ活をするのは難しいもの。

しかし、1万円程度なら出すことができるので、このようなパパのことをプチパパと呼びます。

相手がそれほどお手当を出すつもりがなく使っている場合があるので、金額の交渉をしっかり行うなど、注意が必要です。

プチ愛人という意味でのプチ

愛人契約とは通常、長期間に渡るものですが、愛人契約を数か月だけ行うことを、「プチ愛人」といいます。

定期で会うパパ活に似ていますが、愛人契約の場合はプチであっても大人の関係が前提となります。

パパ活における「プチ」を希望している人は気を付けましょう。

プチ=フェラだと思っている

プチは挿入なしで大人の関係を持つことであり、その中にはキスやおさわりなどの軽い行為も含まれます。

しかし、中にはプチ=フェラ、と勘違いしている人もいます。

これらの勘違いを防ぐためにも、プチを行うときは事前に細かい条件をすり合わせておくことが大切です。

パパ活のプチで稼ぐ方法

プチで稼ぐためには、以下のような流れでパパ活を行う必要があります。

  • STEP1.パパ活アプリで募集
  • STEP2.プチの内容と場所を確認
  • STEP3.待ち合わせ
  • STEP4.お手当を先にもらう
  • STEP5.プチを行う

それでは解説していきましょう。

STEP1.パパ活アプリで募集

まずは、マッチングアプリやサイトでパパを探します。

おすすめは

  • パパ活専門のサイト「シュガーダディ」
  • パパ活専門アプリ「ラブアン」
  • パパ活専門アプリ「ペイターズ」

など、パパ活に特化したサービス。

他のマッチングアプリと違って、パパ活が何かを理解している人が利用しているため、パパをスムーズに見つけられます。

プロフィールや自己紹介を登録したら、気になる男性にメッセージを送ったり、アプローチしてくれた男性にメッセージを返したりして、実際に合う条件を交渉していきます。

STEP2.プチの内容と場所を確認

相手とのメッセージを交換しはじめたら、条件の相談をします。条件とは、プチの内容、会う場所、日時などを決めます。

例えばパパから、
「大人あり3でどうですか」
と提示されたら、

「大人なしを希望していますが、プチでよければ会いませんか?」
と提案してみます。

大抵のパパは、それでOKという返事が来るはずです。その場合は自分ができるサービスについて、提示していきます。

もし、最後までする大人を譲らないパパの場合、自分がしたくないと思ったらはっきり断り、他のパパを探しましょう。

パパがプチのみに同意してくれたら、内容を決めます。プチはできることに制限があるので、女性側が提示してもかまいません。

「カラオケで30分、服の上からおさわりだけ0.5でどうですか」
「ホテルで挿入なし、Fのみ1お願いしたいです」

などと、自分が希望しているプレイやお手当の金額を伝えてみましょう。相手が同意したら、日にちと時間、そして待ち合わせの場所を決めます。

STEP3.待ち合わせ

プチでは、普通のパパ活と違って、事前に顔合わせのみで会うということはありません。大抵は、待ち合わせ=顔合わせとなり、お互い気に入ったらそのままプレイができる場所に移動します。

顔合わせ場所は、カフェやホテルのロビーなどで行うのが一般的です。

この時、いきなりホテルなどの個室や車の中で待ち合わせをする人もいますが、初めてや数回しか会ったことがないパパ相手の時は、やめた方が無難です。

初めて会うパパは、どんな男性かわかりません。自分にその気がないのに無理やり最後までの大人の関係を持たされたり、お手当をくれなかったり、危険な場所に連れていかれたりと、様々なリスクが生じます。

いったんは顔合わせとしてカフェやホテルのロビーなどで待ち合わせをして、少しでも違和感があったら逃げることをおすすめします。

STEP4.お手当を先にもらう

パパ活のお手当は、「前払い・直接・現金払い」が基本です。プチでももちろん、先に現金でお手当を受け取っておきます。

パパによっては、「お手当は後で」という場合もありますが、女性側にリスクが生じますのでおすすめできません。男性の中には、元々お手当を払うつもりがなかったり、ホテルに連れ込んで同意のない性交をしたり、女性からお金を奪って逃げたりと、悪い考えを持っている人も存在します。

お手当は必ず、ホテルに入る前に受け取りましょう。

おすすめは、顔合わせの時のカフェやロビー。人目もあるので、その場で危険な行為を受けるリスクは少なくなります。お手当を受け取ったら、すぐにバッグやお財布にしまっておきます。

STEP5.プチを行う

顔合わせをしてお手当を受け取ったら、いよいよプチを行います。

プチはほとんどの場合、ホテルの部屋で関係を持ちます。部屋に入ったら、条件通りのサービスをきちんと行いましょう。

この際、条件以上のことを求めてくるパパも少なからず存在します。

一番多いのは、「本番をさせて」という要望。

男性は、女性に性的なサービスを受けると、どうしても挿入したくなってしまいます。そのため、プチの場合はかなりの確率でこの要望を受けることになります。

しかし、約束は約束。自分が希望していない限りは、絶対に許可を出してはいけません。しつこい場合は、怒って逃げ出しても大丈夫です。

もし、パパに好意を持って、最後まで大人の関係を持ってもいいかな……と思うのなら、ここでお手当の再交渉を行います。

雰囲気に流されそうになるかもしれませんが、この場合でもお手当はサービスより前に受け取ります。

パパによっては、事後だと増額分のお手当をくれないこともあります。
必ず事前にお手当をもらうようにしましょう。

プチが終わったら、ホテルで解散となります。プチの場合は、長くても1時間程度、短いと20~30分程で終わります。

パパ活のプチで稼ぐメリット・デメリット

プチは男女ともに人気があるパパ活のサービスですが、実際にプチでパパ活をする時には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

プチをするメリット

通常のパパ活の場合、顔合わせをして、次の約束をして、数時間のデートをして、と、お手当がもらえるまでに時間と手間がかかってしまいます。

さらに、関係性が変わらない限り、お手当UPの交渉はなかなか難しいもの。
一方プチは

  • 会ってすぐに行為だけを行い解散できる=短い時拘束間で高額なお手当がもらえる
  • パパが望む大人の関係に近い=お手当UPの交渉がしやすい

と、金銭的に大きなメリットがあります。

短時間でお手当がもらえる

プチの最大のメリットは、短時間で高額のお手当がもらえること。

パパ活のデートの場合、どんなに短くても1時間以上は拘束されてしまいます。パパによってはお茶だけで3,000円のお手当なのに、話が盛り上がって2時間拘束、という可能性もあります。

一方でプチの場合、>時間と条件だけを決めておけば、行為が終われば終了です。

例えば愛撫とフェラで1時間と決めた場合、パパといちゃいちゃして、お口でパパを気持ちよくしてあげて、パパが射精すればおしまいです。

時間のないパパなら、いきなりフェラだけで30分程度で解散になる可能性もあります。

時給換算でデートと比較してみると

  • 2時間の食事デートで1万円:時給5,000円
  • 1時間のいちゃいちゃとフェラで2万円:時給2万円

このようにプチの場合は、デートよりも短時間で稼ぐことができます。

さらにプチの場合は、事前の顔合わせはなく、待ち合わせでお互いがよければそのままパパ活を行うケースがほとんど。

そのため、何度も条件の交渉などを行う必要がなく、スムーズにお手当をもらうことができます。

大人の関係の一部なので交渉しやすい

プチは大人の関係に近い行為。そのため、件のすり合わせをする時に、お手当UPの交渉がしやすい条のも特徴です。

例えば、大人ありを希望しているパパに、
「プチなら考えます」
と答えます。

するとパパは、あわよくば大人の関係を結べると思い、挿入ありの大人の関係と同じくらいの金額でもプチでOKしてしまいます。

さらに、大人の関係を持ってもいいかな……と思えるパパの場合、プチで3を約束していれば、

「プチなら3なので、最後までの大人ありだと5でどうですか?」

と、相場より高いお手当をおねだりすることができます。

この他にも

  • 本番行為がないので、ハードルが低い
  • 挿入ありの大人の関係に比べて妊娠のリスクが低い
  • 大人なしよりもパパが見つけやすい

などのメリットがあります。

プチをするデメリット

簡単で高額なお手当が期待できるプチですが、当然デメリットもあります。

決めた条件以上のことを求められる

プチはどうしても、パパと個室や人目のないところで2人きりになってしまいます。

そのため、あらかじめ決めていた条件以上のサービスを求められることも少なくありません。

  • 当初はおさわりなしの手コキだけの約束だったのに、服の上から胸を触られた
  • 本番なしフェラのみの約束だったのに、本番行為をさせられた

など、プレイの最中に条件以上のことをされたり求められたりします。

特に男性は、性的なスイッチが入ると最後までの関係を持ちたがるので、挿入を頼まれることも少なくありません。

決めた条件以上のことを求められても、応じる必要はありません。しつこい場合にはホテルの部屋から立ち去ります。

場合によっては、周囲の人に助けを求めましょう。

太パパには出会えにくい

意外かもしれませんが、プチを希望している男性は、通常のパパ活を希望している男性よりも経済的にゆとりがないパパが多いです。

富裕層の男性は、精神的にも余裕がある上、女性には困っていないので、デートだけでもいいという本来のパパになってくれる人が多いのです。

一方、プチを希望しているパパの中には、定期的に援助するほどのお金はない人がほとんど。そのため、太パパと言われる、デートだけで高額のお手当をくれたり、定期契約を結んでくれたりというリッチなパパに会える確率はかなり低くなります。

この他にもプチには

  • 性病に感染する可能性がある
  • 挿入ありよりも相場が安い
  • 妊娠の確率がゼロではない

というデメリットがあります。

パパ活のプチで失敗しないコツと注意点

プチはデートだけのパパ活よりも、注意すべきことがたくさんあります。失敗しないためには、常に以下のコツを意識しておきましょう。

2人きりになるので避難経路は確認

プチはパパと密室で2人きりになります。

そのため、何かあった時に使える避難経路を確認しておきましょう。

例えばカラオケ店の場合、入り口側の席につくこと。ホテルの場合、非常階段の位置を確認しておくこと。

万が一の時にすぐに逃げられるように、>避難経路は事前に必ずチェックしておくことが大切です。

条件と違うことはしっかり断る

プチに多いのが、プレイ中の条件の変更。

特に、ディープなプチをしている時は、本番ありの大人の関係を迫られることが多くなります。

しかし、一度決めたことは、決めたこと。条件と違う場合は、きっとりとお断りしてもかまいません。

通常のパパ活の場合は、以後もパパと会う可能性があるので、パパに強く出られない時もあります。

しかし、プチの場合は、一度きりや数回会うだけの可能性が高いので、パパにそこまで気を遣うことはありません。
嫌な時は嫌だとしっかり断って大丈夫です。

隠し撮りに注意

プチのもう1つのリスクに、隠し撮りされる可能性があります。

性的なサービスをしている姿を撮影されてネットに流されたり、場合によってはそれをネタに恐喝されたりという危険があります。

リスク回避の方法としては

パパのテリトリーに行かない

パパの自宅やガレージ、指定された個室など、事前に隠しカメラを設置できるような場所にはいかないこと。

怪しいものがないかチェックする

隠しカメラは、モバイルバッテリーや時計、ペンやライトなど、その場にあってもおかしくない形をしている場合があります。

少しでも怪しいと思うものがあったら、必ずサービスを行う前に確認しましょう。

スマホを使って探す

隠しカメラは、スマホのカメラで発見することができます。

部屋を暗くして、ライトをつけた状態で怪しい場所を撮影すると、隠しカメラのレンズにライトの光が反射して、カメラが写ります。

最近では、隠しカメラ発見アプリなども配布されています。こちらも活用してみてください。

決めた内容は全力で応える

パパ活は、個人で行う接客業のようなもの。

そのため、通常のデートでも、パパに楽しんでもらうために、全力を尽くしますよね。
それは、プチでも同じこと。決めた内容は、全力で行いましょう。

例えば、フェラをすると決めたら、たとえ苦手であっても、全力でパパを気持ちよくさせてあげます。

たとえそれが下手くそであっても、全力でがんばってくれているなら、パパはきっと満足してくれます。

危険を感じたら逃げる

自宅に行くことや、車に乗ることを強要されたり、拒否しているのに本番行為をされそうになったり、事前にお手当をくれなかったり。

パパ活では、いわゆる「地雷パパ」にあたってしまうこともあります。

そんな時、自分の身は自分で守るしかありません。

少しでも危険を感じたら、すぐに逃げ出すことが大切です。

まとめ

プチは、短時間でサクっと高額が稼げる半面、危険な目に合うリスクもあります。

危険を上手に回避して、自分の納得のいくパパ活を行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次