パパ活アプリおすすめランキング

パパ活アプリは本名ではなくニックネームを使おう!教えてはいけない個人情報まとめ

パパ活アプリニックネーム

「パパ活の時、パパに本名を伝えてもいいの?」
「偽名を使ってもいいのか、不安……」

パパ活でパパにはじめて会った時、名前を聞かれて困った経験はありませんか?

私も初心者の頃はわからなくて、うっかり本名を伝えてしまったこともありました。

しかし、結論から言えば、本名は絶対に教えてはいけない個人情報。パパ活アプリではニックネームを使うのが安全です。

パパに本名を伝えてしまうと、そこから様々な個人情報が判明してしまい、身バレにつながる可能性があります。

パパ活で本名を使わない方が良い理由と、名前以外にも教えてはいけない個人情報について、詳しくご紹介します。

目次

パパ活アプリで本名を使うのは絶対にダメ!その理由

パパ活は基本的に、源氏名=偽名を使って行います。

なぜなら、本名を使うことにより、様々なリスクが生じてしまうから。

パパ活で本名を使ってはいけないのには、以下のような理由があります。

本名をネットで探されてしまう

本名をネットで調べると、色々な情報を知られてしまう場合があります。

匿名性が高いSNSですが、Facebookなどいくつかのサービスは本名での登録が必要となります。

もし、パパにうっかり本名を伝えてしまうと、Facebookなどから本人を特定され、そこから交友関係や活動しているエリアなどが知られてしまう可能性があります。

最悪の場合は住所や会社を特定される

本名から1つのSNSが知られると、他のソーシャルサービスも芋づる式に知られてしまいます。

そうなると、例えFacebookでは隠していても、InstagramやTwitterにUPした写真や情報から、様々な個人情報が読み取られてしまうことも。

最悪の場合、住んでいる場所や勤めている会社まで特定されるというリスクも発生します。

パパ活男性がストーカーになった場合にかなり厄介

住所や会社が知られてしまうと、もしパパがストーカーになってしまった時に、かなり厄介なことになります。

パパ活はあくまで疑似恋愛ではありますが、付き合っているうちに本気になったパパがストーカー化してしまうというのもよくあるケース。

そんなストーカー化したパパに本名が知られてしまうと、SNSなどの情報から自宅や会社を割り出して、待ち伏せされたり直接訪ねて来られたりという恐れがあります。

時には、SNSでつながっている人に直接連絡されてしまう、という可能性も。

そうなると、自分だけでなく、家族・会社の同僚・彼氏や友達などにも迷惑や危害が及んでしまいます。

こうならないためにも、本名は絶対に教えないよう、注意しましょう。

パパ活は源氏名を使うのが基本!名前の考え方

上記のように、パパ活で本名を使うことには、様々なリスクが伴います。

そのため、パパ活では、偽名=源氏名を使うのが一般的。

「源氏名」とは元々、宮中の女官や遊女などが、「源氏物語」五四帖の題名から職業としての名前をとって名乗ったことに始まります。

つまり、パパ活で利用する名前=職業のための名前、というわけです。

パパ活アプリは源氏名(ニックネーム)で登録する

偽名を考えたら、パパ活アプリに登録する時点から、源氏名を使用します。

源氏名をそのまま使ってもいいですし、さらにニックネームをつけてもかまいません。

例えば、本名が「マユ」で、源氏名を「マイ」に決めたら、パパ活アプリのニックネームは「マイマイ」などで登録し、パパに名前を聞かれたら「マイです」と答えれば、偽名っぽさがなくなります。

パパ活アプリごとに名前を変えるのもいいですが、源氏名は一つにしてニックネームだけを変える方が間違わずにすみます。

自分が付けた源氏名は忘れないように管理しておくようにしましょう。

LINEの登録名は絵文字や顔文字でパパ活仕様にする

パパとの連絡は、LINEで取り合うことも多いので、ほとんどのパパが初回から交換を求めてきます。

その際、LINEを本名で登録してしまっていては、そこから本名がバレてしまい、せっかく源氏名を名乗った意味がありません。

しかし、いつも使っているLINEの名前を、まったく違うものに変更するのは、難しいですよね。

そこでおすすめなのが、絵文字や顔文字です。LINEでは登録名を絵文字や顔文字にすることもできるので、パパと交換する前に変更しておきましょう。

もし本名と源氏名のイニシャルが同じなら、イニシャル+絵文字などが便利です。

例えば前出のように、本名がマユで源氏名がマイなら、どちらもイニシャルがMなので、M(^_-)-☆やM❤などに変更してしまえば、パパはもちろん他のLINE友達らかも怪しまれることはありません。

交際クラブも源氏名・偽名で登録する

交際クラブとは、良質な男女の出会いを仲介するマッチングサービスのこと。

男性は有料で、女性は無料で登録ができ、相性のよさそうな男女を引き合わせてくれる、リアル版パパ活のようなサービスです。

交際クラブでも、本名ではなく偽名で登録するのがおすすめです。

クラブ自体も本名以外の名前での登録をすすめてくれていて、中には登録人数の少ない苗字と、好きな名前をくっつけて名付けてくれるところも。

希望すれば、住んでいるエリアや職業、生年月日や血液型まですべて異なるものを登録することもできます。

たとえ面接がある交際クラブであっても、リアルな情報は登録せず、個人情報がパパに伝わらないようにするのが安全です。

パパ活相手が良い人そうでも本名は教えない

パパ活のパパは、基本的に紳士で、とても良い人ばかり。

しかし、どんなに良い人であっても、相手のことをすべて知っているわけではありません。

実際は表面だけ良い人を演じている場合もありますし、何かのきっかけで豹変してしまうこともあります。

相手がどんなに良い人で、信頼できそうな人であっても、本名は決して教えない方が安心です。

パパ活アプリでのニックネームの付け方はどうしたら?

源氏名は、自分の好きな名前をつけてOKですが、あまりにも偽名感丸出しの名前ではパパも信頼してくれない上、名前を呼ぶのをためらってしまいます。

使っていて違和感がなく、加えてパパからも愛される名前は、どのように作成すればよいのでしょうか。

パパに源氏名だとバレない、偽名・ニックネームの作り方をご紹介します。

名前に近く源氏名っぽくない可愛いニックネームを使う

源氏名には、偽名っぽくない現実的な名前を使うのがおすすめです。

例えば、「ルビーちゃん」や「アリエルちゃん」などといった明らかに偽名にしてしまうと、パパが呼ぶのを恥ずかしがったり「本名は?」と聞かれてしまったりするので、おすすめできません。

一方、「りさちゃん」や「れいかちゃん」など、現実にありそうなかわいい名前なら、パパもきちんと呼んでくれますし、本名を尋ねられたりすることもありません。

自分で源氏名を考える時には、以下のようなものをつけるのがおすすめです。

本名に近い名前

パパ活初心者さんの場合、パパに偽名を呼ばれると、とっさに反応できない場合があります。

そのため、普段から呼ばれ慣れている本名やニックネームに近いものをつけると、反応しやすくおすすめです。

例えば本名が「りさ」さんなら「りな」や「みさ」。「はるな」さんなら、「るな」や「はるか」など。

少し変えるだけでもインターネット検索にひっかからないため、偽名として十分機能してくれます。

自分が呼ばれて反応しやすそうな名前を選んでみて下さい。

憧れているアイドルやキャラクターから付ける

自分の本名があまり好きではない、もしくは、あまり本名に近い名前は名乗りたくないという人におすすめなのが、憧れているアイドルやキャラクターの名前を借りること。

自分が好きな名前で活動していれば、その名にふさわしい女性を演じることができるようになります。

ただし、こちらも現実離れしたファンタジーのような名前はおすすめできません。

よく聞くような、一般的な名前を借りるようにしましょう。

偽名メーカーなどでも簡単に作成可能

偽名をつけるのが自分ではなかなか難しい場合、以下のようなWeb上の偽名メーカーなどのサービスを利用することで、簡単に作成することができます。

偽名メーカー

本名を入力すると、まったく違う名前をランダムに作ってくれるサイトです。
絶対に身バレしたくない、名前から全然違う別人になりたいという時に使えば、自分とはかけ離れた名前を作ってくれるので便利です。
ただし、あまりにもかけ離れた名前が出てしまうので、とっさに呼ばれた時に返事ができるように、注意する必要があります。

すごい名前生成器

国と性別を入力すると、ランダムに名前を作ってくれるサイト。
使いたい漢字や読みを入力すれば、それを使った名前を作成してくれます。
とっさに呼ばれた時に違和感がないよう、本名やニックネームに近い名前を作りたい時などにおすすめです。

パパ活アプリ内でニックネームが被らないようにするには

パパ活アプリの中には、シュガーダディのように他の会員が使用しているニックネームが使えないものがあります。

また、同じニックネームが使えても、同時に同じニックネームの人からアプローチを受けたりメッセージ交換していると間違われてしまう場合がありますね。

混乱を避けるためにも、ニックネームは被らないようにすることが大切です。

  • ニックネームの後に数字や特殊記号を付ける
  • 絵文字・顔文字をプラスする

やってしまいがちなのは、特殊記号や数字、絵文字だけの表示名(ニックネーム)です。

これでは話しかけづらくパパ活慣れしている印象を与えます。

メッセージ交換の際に、呼び方で困るようなニックネームで登録しないようにしましょう。

ニックネームの後に4桁程度の数字や特殊記号をプラスしたり、絵文字や顔文字を付けるのもいいですね。

数字は誕生日など個人情報がわかるものは避け、3333や1234など人が見て覚えやすいものにした方がいいかもしれません。

パパ活で本名がバレる原因と個人情報を守る対策

せっかく偽名を名乗っていても、何かのきっかけで本名がバレてしまうことがあります。

そんなうっかりバレを防ぐためにも、パパに本名がバレてしまう原因を知り、その対策を確認しておきましょう。

パパ活中に財布の中の身分証を見られる

財布の中には、免許証や保険証、キャッシュカードやクレジットカードなど、本名が書かれたものばかり。

特に免許証、社員証、学生証などの身分証明書には、本名はもちろん、住所、生年月日、勤務先や学校まで、個人情報がびっしりと掲載されています。

これらを見られてしまうと、せっかく源氏名を名乗っていても、すべての個人情報がパパに知られてしまいます。

パパに身分証を勝手に見られるのを防ぐためにも、名前のわかるものは、極力パパとのデートには持っていかないようにしましょう。

万が一、家に置いてくるのを忘れてしまったら、財布を肌身離さず持ち歩くように、注意する必要があります。

うっかり自分のことを名前で呼んでしまう

女性の中には、自分のことを名前で呼ぶ人もいますよね。

しかし、うっかり自分のことを名前で呼んでしまうと、名乗っていたのが本名でないことがバレてしまいます。

例えば、「レイカ」さんが「レナ」という源氏名をパパに告げていたのに、うっかりいつものクセで本名である「レイカね〜」などと言ってしまうと、「あれ、レナちゃんじゃなくて、本名はレイカちゃんなの?」と言われてしまいます。

そうなると、パパに本名がバレる上、騙していたという不信感を抱かれる原因にも。

このようなうっかりバレを防ぐためにも、普段から自分のことは「私」呼びを徹底し、うっかり名前が出ないように心がけることが大切です。

SNSを教えて個人を特定される

パパ活をしていると、パパからよく「Facebookやってる?」「インスタ教えて」などと、SNSを教えて欲しいと言われてしまいます。

しかし、これらを教えることも避けた方が無難。

なぜなら、SNSの写真や文章は、個人情報の宝庫だからです。

まず、SNSの名前が、本名やそれに近い名前になっていると、そこから源氏名が本名ではないことがバレてしまいます。

さらに、SNSに登録した写真や記事から、本名をはじめとした個人情報が読み取られて、氏名、住所、誕生日、勤務先や学校などがバレてしまう可能性があります。

どうしてもパパにSNSを教えたいのなら、いつもUPしているのとは別の、パパ専用のSNSを作った方が安心です。

プライベートのSNSは教えない

「Twitterフォローしたい」「インスタやってる?」など、パパからSNSのアカウントを聞かれることも多いですよね。

しかし、何気なく投稿しているSNSも、実は個人情報がいっぱい。プライベートのSNSも、教えてはいけない個人情報の1つです。

例えば、自宅近くで撮影した写真1枚からも、様々な情報がわかってしまいます。

映りこんだものから特定されてしまう

写真の背景には、様々なものが映りこみます。何気ない生活の一コマであっても、

  • 背景に映ったビルの形
  • 電柱の番号
  • 自動販売機の番号

などから、その場所を簡単に特定できてしまいます。

Exifの情報から特定される場合も

スマホやデジカメで撮影された写真には「Exif(イグジフ)」と呼ばれる情報が記録されています。

この情報には、撮影日や撮影した時間、撮影場所などが含まれていて、消さずにSNSに投稿してしまうと、自宅や職場など生活範囲が特定されてしまいます。

パパにSNSを知られないための対策には、2つの方法があります。

  • SNSに鍵をかける

たとえパパに直接SNSを教えなくても、セキュリティ設定を何もせずにパパと電話番号でつながってしまったら、おすすめ欄に表示されてしまいます。

プライベートのInstagramやTwitterなどは、鍵をかけて知っている人だけが見られるようにしておきます。

また、2台目のスマホを用意しておけば、電話番号からプライベートSNSが知られることもなく、より安心です。

  • パパ専用のSNSを持つ

サブ端末を持っている場合に特に有効なのが、パパ専用のフェイクアカウントを作っておくこと。

2つのアカウントを使い分けるのが少々面倒ですが、パパはSNSを教えてもらったことで満足し、プライベートのSNSまで調べようとはしません。

注意すべきは、プライベートと同じ写真を投稿しないこと。

また、こちらも身バレにつながるような写真を掲載しないように気を付ける必要があります。

LINEの登録名が本名のままだった

源氏名を決めて、パパ用にSNSまで作ったのに、連絡用で交換したLINEが本名や本名に近いニックネームだと、あっさりパパに本名がバレてしまいます。

このような凡ミスをしないよう、パパにLINEを教えることを前提に、登録名を変更しておきましょう。

ただ、家族や友達にも同じLINEを教えている場合、急にまったく違う名前になると変に思われるかもしれません。

心配な場合は、絵文字や顔文字のみにしたり、源氏名と本名を同じイニシャルにしてイニシャルだけやイニシャル+絵文字にしたりと、工夫してみてください。

最もおすすめなのが、サブ端末を持つことです。

2台目をパパ活専用のスマホにしておけば、プライベートと混在することなく、パパ活のやりとりに専念できます。

また、家族や彼氏、友人知人など、パパ活を知られたくない人にパパらかの連絡を見られるリスクもありません。

最近は大手キャリアでも、1000円以下で回線が持てるプランもあります。

端末も複雑な機能は必要ないので、エントリーモデルや中古などを購入すれば安く用意することができます。

パパ活で稼ぐための投資として、検討することをおすすめします。

旅行の時にばれる

パパと旅行に行くと、大抵のパパは豪華なホテルや旅館を予約してくれます。

しかし、そんな宿で気を付けたいのが、まれに台帳を記入する時に身分証提示を求められること。

特に最近では感染症防止の観点から、身分証明書の提示を求められるケースが増えているようです。

宿の台帳には、本名を記入しなくてはならないことが、法律で定められています。

そのため、パパと旅行をするのならば、本名がバレてしまうリスクがあることを理解の上、行かなければなりません。

銀行振込でお手当をもらう時に口座名でバレる

パパ活のお手当は基本的に、「当日」「手渡し」「現金払い」が鉄則です。

しかし、時にはパパから「現金を持ち歩いていないから、銀行に振り込ませて」「おこづかい、額が大きいから銀行に振り込むよ」など、銀行振込をさせて欲しいと言われるケースもあります。

銀行口座は本名でのみの取引となるため、振込の際にはおのずと本名がバレてしまいます。

もしパパに銀行振込を希望されたら、改めて現金払いをお願いするか、PayPayなどのキャッシュレス決済での送金を依頼しましょう。

PayPayなどのキャッシュレス決済なら自分でニックネームを設定することもできるので、安心してお手当をもらうことができます。

本名以外にもまだある!パパ活で教えちゃダメな個人情報

パパに知られてはいけない個人情報は、本名以外にも色々あります。

絶対パパに教えてはいけない個人情報とその理由、そしてバレないようにするための対策をご紹介します。

出身中学・高校・大学名

出身の中学や高校を教えてしまうと、卒業アルバムなどから簡単に個人情報がわかってしまいます。

FacebookなどのSNSでは、同級生がネットワークを作っている場合もあり、そこから本名や生年月日を調べられてしまうことも。

さらに、出身校から交友関係を伝って、プライベートSNSを特定される危険もあります。

昔卒業した学校くらいならいいかな、と軽く考えず、学校1つからも色々な情報がわかってしまうと認識しておきましょう。

どうしても教えて欲しいと言われた場合は、本当の出身校から少し遠い学校を答えられるように準備しておくのもおすすめです。

最寄駅

パパに住んでいる場所や通勤・通学の最寄り駅がバレてしまうと、住所や勤務先・学校が特定されてしまう可能性があります。

また、自宅や職場・学校がわからなくても、駅前でパパに待ち伏せされてしまうことも。

私の知っているパパ活女性は、ストーカー化したパパに自宅の最寄り駅で顔写真入りのビラを撒かれたことがあります。

最寄り駅を知られることは、自分の生活圏を知られてしまうこと。「どこに住んでいるの?」と聞かれたら、大きなくくりで「〇○区だよ」と答える、「学校の最寄り駅は?」と聞かれたら、最寄りから離れた馴染みのある駅を答えるなどで、乗り切りましょう。

本当の会社名・勤め先

会社名を知られてしまうと、最寄り駅同様、パパが会社に押しかけてしまうことがあります。

また、取引があるような会社の場合、上司を紹介してほしいなど、ビジネスに結び付けようとする図々しいパパも。

パパに勤務先の名前を聞かれたら、「知られているような大会社ではないので……」「大したことないので恥ずかしいです~」などと、あまり聞かれたくないという雰囲気を出してください。

きちんとしたパパなら、そこで「話したくないのかな」と察してくれます。

本名を使わずにニックネームでできるパパ活アプリ

パパ活をするためには、SNSや通常のマッチングサービスを使うよりも、パパ活に特化したサービスを利用するのが断然おすすめ。

中でも、本名を使わずに利用できるサービスは、身バレを防ぎ、快適にパパ活をすることが可能です。

本名を使わずに利用できるおすすめのパパ活アプリを3つご紹介します。

シュガーダディ

シュガーダディ

シュガーダディ(SugarDaddy)は、「魅力的な女性」と「成功した男性」の上質な出会いを提供する、パパ活に特化したマッチングサイト。

高収入で紳士なパパと出会えるため、SNSなどでは「シュガダ」と愛称がある程、人気のサービスです。

最大の特徴は、アプリではなくWeb上のみでパパとのやり取りができること。

アプリは、一度でもダウンロードすると、アプリを消去しても端末に情報が残ってしまいます。

しかしWebサービスの場合は履歴を削除してしまえば情報が残ることがなく、秘密でパパ活がしたい女性に大人気です。

パパには、登録時に決めたニックネームのみが公表されます。

ニックネームの変更は不可で、他の会員が使っているニックネームも使用できません。

登録時にはわざわざ「※本名は使わないでください」と書いてくれるので、間違えて登録する心配もありません。

シュガーダディについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。こちらもご参照ください。
シュガーダディの口コミ・評判から分かるおすすめな人を徹底解説

ペイターズ

paters

2022年の現時点で100万人以上の会員数を誇る、ペイターズ。
何と4秒に1組のマッチングがあるという、驚くほどの出会いやすさが魅力のアプリです。

男性の会費が比較的高額に設定されているため、高収入でゆとりのあるパパと出会えると話題です。

また、「会いたい」機能で、自分のスケジュールに合わせたパパ活ができるので、忙しい女性でも簡単にパパとマッチングすることが可能です。

ペイターズも、登録時にニックネームが利用でき、本名を使う必要がありません。

この時決めたニックネームは後からでも変更が可能なので、万が一間違っても安心です。

ペイターズについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。こちらもご参照ください。
ペイターズ(paters)の口コミ・評判からおすすめな人を徹底解説

ラブアン

lovean

ハイクラスな男性と、夢をかなえたい女性の出会いを提供する、パパ活専用のマッチングアプリ。

男性が選ぶマッチングサービスの各部門で3冠を取る程、パパになりたい男性からの支持率が高いのが魅力男です。

男性の会員が3種類あり、気軽に出会いを求めている人からしっかりと出会いを求めている人まで、使い分けができるのが特徴。

そのため、会員の年齢も幅広く、様々なパパと出会うことができます。

ラブアンもニックネームで登録できますが、ペイターズと同じく後からも変更可能なので、万が一間違えて本名の掲載してしまっても安心です。

ラブアンについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。こちらもご参照ください。
ラブアン(Love&)の口コミ評判から分かるおすすめな人と料金相場まとめ!

まとめ

普段何気なく使っている「本名」ですが、たった1つで様々な情報がわかってしまう重要な情報でもあります。

パパ活を楽しむためには、身バレを防止することがとても大切。

トラブルを回避するためにも、名前を扱いには十分注意してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次