パパ活アプリおすすめランキング

パパ活は何歳から何歳まで稼げるの?年齢制限を気にしなければならない年代は?

パパ活は何歳から 何歳までできる?

「パパ活は何歳からできる?」パパ活を始めたい女性は、パパ活ができる年齢が気になりますよね?

アラフォー以降の女性なら、「私の年齢ではもう遅い?何歳までならパパ活で稼げる?」と不安を感じていると思います。

パパ活をするのに、パパ活アプリや交際クラブを利用する女性がほとんどですが、登録するのに年齢制限はあるのか、需要があるのは何歳から何歳までなのかを詳しくご紹介します。

年齢によるパパ活相場や稼げる額もまとめていますので、参考にされてください。

目次

年齢制限に注意!女性はパパ活を何歳から始められる?

まずは、パパ活を始められる年齢について見て行きましょう。

特に10代の女性は注意が必要なので、詳しくご紹介していきます。

パパ活は何歳からできる?

パパ活をしている女子中学生や女子高生もいるのですが、パパ活アプリや交際クラブに登録できる年齢で言えば18歳以上になります。

そのため、18歳未満の女性はTwitterなどのSNSを利用して、パパ活をしているというのが実態です。

18歳未満の女性がパパ活をするリスクは後程ご紹介しますが、パパ活が安全にできる年齢としては18歳からと言うことになります。

ただ、18歳以上であっても社会経験がない女性がほとんどですので、男性に騙されてしまったり危険な目に合う可能性があるということは忘れないようにしてください。

パパ活女子として需要がある年齢とメインの年代

パパ活女子の中心世代は20代です。

パパ活アプリの女性会員に最も多いのも20代で、20代前半女性が中心になります。

需要が高いのも、この世代になりますね。

  • 学生ローンや一人暮らし資金に困っている
  • 夢や目標がありお金を貯める必要がある
  • バイトをするより効率よく稼げる
  • 遊ぶお金が欲しい
  • ハイブランドに憧れる
  • 美味しいご飯を奢ってもらいたい
  • みんながやっているから

このような理由からパパ活を始める20代前半女性が多いんですね。

では、どうして20代女性が人気なのかと言うと、

  • 単純に若い子が好きな男性が多い
  • 応援しやすい夢や目標がある
  • 男性に慣れていない、世間慣れしていない女の子が多い

男性は、若い女性に対して幻想を持ち気味ですよね?

パパ活男性は、20代前半の女性が好きな傾向がありますが、若い女性とデートしてみたいという願望だけでなく、頑張っている女の子を応援したいと思ってくれる男性もいますね。

学生であったり、社会に出て間もない女性は、応援する材料がわかりやすいことも20代女性に人気が集まる要因の一つです。

18歳になったらすぐにパパ活アプリや交際クラブに登録できる?

18歳になるとパパ活アプリや交際クラブに入会できるようになります。

ただし、高校に在学中の場合は登録ができません。

パパ活アプリの場合は、高校生かどうかのチェックはされないため登録することは可能ですが、利用規約でパパ活アプリの利用が禁止されています。

登録がバレた場合は、強制退会になるのはもちろん何らかの罰則がある可能性もあります。

また、高校にパパ活がバレてしまった場合も、停学や退学などの処分を受ける可能性がありますので注意しましょう。

18歳未満のパパ活はリスクが高い

成人年齢が18歳に引き下げられたことで、「未成年者」の定義が改めて話題になることが多くなりました。

パパ活アプリやサイトは、18歳未満の女性の登録自体を禁止していますが、これは未成年者を守るのと同時に、未成年と知らずにパパ活をして犯罪者になってしまう男性のリスクを減らすためでもあります。

18歳未満の女性は、青少年保護育成条例や児童福祉法、児童買春法に守られています。そのため、18歳未満の女性とパパ活をした男性は法律違反となる可能性があります。

食事のみパパ活であっても、未成年者誘拐罪に問われる可能性があるんです。

未成年者誘拐罪は、当事者同士が合意していたとしても、保護者の許可がなく未成年者と一定期間を過ごした場合に成立します。

大人の関係でパパ活をしてしまうと、実刑が下る可能性も高いです。

児童買春:児童ポルノ禁止法違反

児童買春は、「金銭等を渡し又は渡す約束をして18歳未満の児童と性行為等をする」ことで、パパ活で18歳未満の女性と性行為やそれに該当するようなことをした場合もこれにあたります。

5年以下の懲役又は300万円以下の罰金

パパ活の場合は、買春した側(男性)が罪に問われるわけですが、児童側(女性)には犯罪は原則として成立しませんが、少年法に基づき補導される可能性があります。

また、大人の関係でのパパ活を斡旋した場合は、売春防止法違反として処罰される可能性があります。

このような違法行為によって処罰対象になる恐れがある中、年齢確認のないSNSを利用してパパ活をしている男性は、失うものがない男性であると捉えることができます。

社会的地位の高い富裕層男性は、SNSでのパパ活はしないと考えた方がいいでしょう。

パパ活ができるのは何歳までか?

パパ活をするのに、年齢の上限はありません。

問題なくパパ活ができる下限は18歳と決まっていますが、上限はなく何歳まででもパパ活は可能です。

とは言うものの、パパ活ができる場所については多少の制限が出てきます。

パパ活アプリに登録できるのは何歳まで?

交際クラブの場合は、明確に何歳から何歳までと明記している場合が多いですが、上限が曖昧なところも存在します。

平均して20歳から40歳までという感じにはなりますが、容姿によって40代以降でも入会できる可能性はあります。

パパ活アプリや出会い系サイトでは、年齢の上限は記載されていません。

ただパパ活アプリの場合、年齢確認の際に落とされてしまうのではないか?と思っている女性もいらっしゃるようですね。

実際どうなのか?と言うと、

久々のシュガダのリサーチ。 僕の好みは年齢は26歳〜34歳ぐらいまで。ちなみに最高年齢は何歳のPjさんがいるのか見てみたら…71歳の方がいました。
71歳の方はPjさんと呼んでいいものなのか…。ちなみ40代から50代の方々も多い現実。いろんな意味で皆んな素敵な出会いを探してるんですね。

@PAPA_KATU_STORY

この口コミを見るとわかるように、40代、50代の女性も多く登録していて、70代の女性も登録されています。

出会い系サイトの場合は、30歳以上をターゲットにしたものもありますし、上限に関して言えばない。と言うのが本当のところです。

パパ活には年齢の上限はないが需要が問題

このように、パパ活アプリでは30歳以上の女性も多く登録しています。

ご紹介したように、パパ活では20代女性がメインで需要も高いのは事実です。

ただ、パパ活の場合は落ち着いて一緒にお酒を飲める女性や、仕事上の話ができる女性、悩みを相談できる落ち着いた女性にも需要があるんです。

若い子では話が合わなかった、遅刻やドタキャンが多く幻滅したなどの理由で、アラサー以降の女性にチェンジする男性もいますね。

パパ活に慣れてきた男性は、色々な世代の女性とデートしたいという願望も出てくるようです。

また、一緒にいて違和感がない年齢差の女性が楽だと言う男性もいます。パパ活男性の中心は40代ですが、50代以降の男性も多く10歳から20歳の年齢差がしっくりくる場合も多いです。

メリットとしては、30代以上の女性の比率は低くなりますので、その分ライバルが少ない状態になります。

  • 若過ぎる女性とは話が合わない
  • 一緒にいて違和感がない
  • 色々な年齢層の女性とデートしてみたい
  • 年上好きな男性も少数ながらいる

このような理由から、30代以降の女性を選ぶ男性も増えています。

しかしながら、20代女性と同じようにしていては稼げませんし、同年代のライバルに差を付ける必要はありますね。

その方法は、後程ご紹介します。

パパ活は何歳からが稼ぎやすい?

パパ活は若い女性の方が稼ぎやすいと思われていますが、実際は10代の女性よりも20代の方が安定して稼ぐことができます。

さらに言えば、20代と30代女性のお手当相場の違いはあまりないんですね。

では、パパ活では何歳から何歳までが稼ぎやすいのでしょうか?

年齢によるパパ活相場の違いは大きい?

パパ活の相場は、女性の容姿や年齢、活動する地域、男性のパパ活予算によって変わってきます。

20代30代40代
顔合わせ5,000円〜30,000円5,000円〜20,000円3,000円〜
食事のみ5,000円〜40,000円5,000円〜40,000円5,000円〜
デート10,000円〜20,000円10,000円〜20,000円5,000円〜
大人の関係有30,000円〜100,000円30,000円〜100,000円20,000円〜
定期大人の関係有100,000円〜1,000,000円100,000円〜800,000円100,000円〜300,000円

都内での一般的なパパ活相場ですが、このように20代と30代ではあまり差がありません。

40代以降になると相場は下がり、年齢を重ねるにしたがってお手当額は下がる傾向にあります。

10代は20代の相場と同じなのですが、10代と言うことで男性側も少し不安があります。成人女性ではありますが、未だに10代は未成年と言う印象は残っているようですね。

20代になると男性は安心してお付き合いができると感じるため、18歳・19歳よりもアポイントは取れやすくなります。

パパ活は年齢によって稼ぎ方を変えた方がいい

ここで考えなければならないのは、いかにパパ活で稼ぐか?です。

20代女性:ライバルが多く、ライバルに差を付ける必要がある
20代以外の女性:人気の20代女性とは違う魅力が必要

20代女性は、パパ活では最も需要があり稼ぎやすくはありますが、その分ライバルが多くプロフィールなどでまずはライバルに差を付けて男性の目を引く必要がありますね。

20代以外の女性は、年齢の表示によってプロフィール自体が少し目立ちます。その分、有利にはなりますが、メッセージのやり取りで20代とは違う魅力をアピールする必要が出てきます。

10代の女性

10代女性の場合は、18歳・19歳で高校生でなければ、パパ活アプリに登録することができます。

交際クラブですと、18歳から登録可能なクラブでも、顔写真付きの身分証明証が必要な場合が多いです。

この年代が好きな男性はもちろんいますので、登録しただけで10代好きな男性からのアプローチを受けることができます。

ただ、高校を出て間もないことで不安を感じてしまう男性もいますので、プロフィールでは何をしているのか、学生なのか社会人なのかを表記した方がいいと思います。

大学生はパパ活で人気ですので、大学名は伏せておくことは大切ですが、大学生であることをプロフィールに記載した方がいいでしょう。

20代の女性

20代女性はパパ活で最も人気がある年代です。

需要も高く、最も稼ぎやすい年代とも言えますね。

ただし、ライバルが多いため良くあるテンプレートのようなプロフィールでは、ライバルに差を付けることができません。

また、自分から積極的に男性にアプローチすることも大切ですね。

社会人になって間もない女性の場合は、副業に関する知識もしっかりと頭に入れておきましょう。

職場にバレずにパパ活をすることは大切ですし、確定申告の方法も知っておいた方がいいですね。

30代の女性

30代女性は、パパ活で十分稼ぐことが可能です。

落ち着いた女性を好む男性も多いですし、ゆっくりお話ができお酒を飲んだり高級レストランに行ってもマナーがしっかりしているイメージを持っている方が多いでしょう。

お手当相場は20代女性とあまり変わりませんが、強めに出ることだけはしないことをおすすめします。

やはりパパ活では20代女性が中心であることは、覚えておいた方がいいと思います。

40代の女性

40代になると、ライバルが極端に少なくなりますので、逆に稼ぎやすくなるとも言えます。

大人の女性であることのアピール、どのようなデートができるのか男性にとってどんなメリットがあるのかはプロフィールに記載したいところですね。

お手当は低くなりますので、自分に自信がある女性であっても低めからスタートされることをおすすめします。

50代の女性

50代でもパパ活できるのか?と言う疑問はあると思いますが、実際にパパ活アプリや交際クラブに登録されている女性もいます。

50代になると、容姿が優れていることは絶対条件になりますが、50代にしか見えない女性でも稼げる場所はあります。

残念ながら稼げる場所は限られますが、あまり人がやっていない職業である、人が持っていない資格や特技がある女性だとパパ活アプリでも十分稼げるチャンスはありますよ。

30代以降の女性のパパ活のやり方

20代が人気のパパ活ですので、30代以降の女性は自分の魅力を最大限に男性に伝える必要があります。

どのようなやり方をすれば、パパ活で稼ぎやすいのか、アポイントを取りやすいのかをご紹介していきます。

金額を聞かれたら年齢以外をアピール

パパ活では、デート内容や金額など、パパと会うための条件を自分たちで決める必要があります。

せっかく大切な時間を使ってパパ活をするのですから、少しでもお手当が多い方がうれしいですよね。

30代以上のパパ活女性は、若い女性よりもお手当が少なくなることを不安に思っているかもしれません。しかし、年齢以外の部分をアピールすることで、相場よりも多くのお手当かもらえる可能性があります。

パパ活に慣れているパパからは、デート前に「条件は?」と聞かれます。そんな時は以下のようなアピールで、少しでも多くのお手当がもらえるように交渉しましょう。

社会人経験をアピール

30代以上の女性は、社会人経験も豊富。若い女性にはない、常識や落ち着きも魅力です。

一方、30代以上の女性を希望している男性は、20代女性の元気さやマナーの低さ、教養のなさに辟易して、落ち着いた年齢の女性とデートがしたいと考えています。

そのため

「一緒にいて恥ずかしくない程度のマナーは身についております」
「よくおっとりして、話しやすいと言われます」

などと、落ち着きや大人っぽさをアピールするのがおすすめです。

職業をアピール

CAや秘書、受付や保育士など、男性に人気の職業に就いている女性は若くなくてもプラスイメージになり、職業をアピールすることができます。

「役員付きの秘書をしているので、目上の男性への対応は心得ています」
「受付嬢として常に人に見られているため、外見には気を使っています」

など、見た目やスキルと同時に、人気の職業であることもさりげなくアピールしましょう。

趣味が合うことをアピール

忙しいパパは、わざわざ時間を調整して女性と会うため、少しでも楽しい時間を過ごしたいと思っています。そのため、趣味が同じだということは、大きなポイントになります。

「ゴルフがご趣味とのこと。私も2年前からハマっています。今度コースにご一緒できればうれしいです」
「私もフランス映画が大好きなので、趣味が合いそうですね。〇〇についてお話してみたいです」

など、必ず会話が盛り上がる趣味の話題があるということをアピールしてみてください。

人気パパ活アプリの年齢層を知っておこう

パパ活アプリと言っても、それぞれに特徴があります。

登録している会員の年齢層も異なりますので、自分が有利なパパ活アプリを選んで活動することがベストです。

シュガーダディ:年齢層が幅広くどの年代でも稼ぎやすい

シュガーダディ
20代30代40代50代60代70代以上
男性9%31%37%17%5%1%
女性79%16%4%1%0%0%
シュガーダディの会員年齢層

シュガーダディはパパ活アプリ会員数No.1ですので、30代以降の女性もかなり多く登録していることになります。

男性の年齢層も幅広く、どの年代でも使いやすいのは最大のメリットになります。

富裕層男性が多い60代以降の男性とも出会えるチャンスがありますし、登録している男性の8割以上は年収1000万円以上ですので、太パパをゲットできる確率は高いですよ。

ラブアン:20代女性が大半で動画でライバルに差をつけている

18歳~25歳~35歳~45歳~55歳~65歳~
男性8%9%30%37%13%3%
ラブアンの男性会員年齢層
18歳~20歳~25歳~30歳~
女性16%47%20%17%
ラブアンの女性会員年齢層

ラブアンは20代までの女性が多く、男性の年齢層はかなり幅広いですね。

動画を活用してアピールしている20代女性が多いです。動画はかなり男性の目を引きますので、ライバルに差を付けるにはおすすめです。

顔の一部を隠した動画もOKですので、活用してみてください。

ペイターズ:20代前半女性が8割以上で他の年代が目立ちやすい

男性30代~50代がメイン
女性8割以上が20代前半
ペイターズの会員年齢層

ペイターズははっきりした会員年齢データを出していませんが、20代前半までの女性が大半になります。

人気もそこに集中しますが、パパ活慣れした男性も多く登録していますので、30代以降の女性にもチャンスはありますよ。

20代男性も増えていますが、パパ活目的ではない人が大半ですのであまり関わらない方がいいでしょう。

ユニバース倶楽部:アラサー女性へのオファーが多い

ユニバース俱楽部
20代30代40代50代60代70代以上
男性1%14%36%31%11%6%
ユニバース俱楽部の男性会員年齢層
10代20代前半20代後半30代前半30代後半40代50代以上
女性3.2%38.0%30.5%13.6%6.9%6.4%1.5%
ユニバース俱楽部の女性会員年齢層

交際クラブ最大手のユニバース倶楽部も、年齢層は幅広く30代以降の女性も多く登録していることがわかります。

女性は18歳から45歳までが入会条件となっていますが、上限を特に制限しておらず容姿によっては50代以降の女性の登録も可能です。

オファー回数の平均は実はアラサー女性がNo.1で、10代・20代前半女性よりも人気になっています。

面接合格率も90%と高めですので、チャレンジしてみてください!

華の会メール:30代以降をターゲットにした出会い系サイト

華の会メール
30代40代50代60代70代以上
25%22%30%13%10%
ユニバース俱楽部の男性会員年齢層

華の会メールは30歳以上を対象にした出会い系サイトです。

パパ活利用も可能ですし、18歳以上なら登録可能になっています。

50代以上が半数ですので、年齢を重ねた女性も稼ぎやすくなっていますよ。

ただ、パパ活専用アプリではありませんので、条件の確認はしっかりしておいてください。

高収入を狙うなら、パパ活アプリでも富裕層男性が多く登録しているアプリ、交際クラブの利用をおすすめします。

どの年代でも稼げるチャンスはありますので、チェックしてみてください。

パパ活男性は何歳からがモテるのか?

パパ活男性の中心は、35歳から55歳と言ったところです。

35歳以上の男性なら、あまり気にすることなく女性からアプローチを受けることが可能です。

10代・20代のパパ活男性が注意すべきこと

10代や20代でパパ活アプリに登録している男性も多くなってきました。

ただ、出会い系や恋活マッチングアプリとパパ活アプリは異なります。

女性が重要視しているのは、お手当が貰える男性であるかどうかです。そのため、10代・20代男性だと、女性は不安に思ってしまいます。

年収が700万円以下の男性の場合は、女性からのアプローチが減ってしまう可能性はありますね。

また、恋愛目的やスカウト、お手当なしのヤリモク男性でないか、疑いをかけられるケースが多いでしょう。

パパ活目的であることを明確にして、メッセージのやり取りでお手当があることをはっきりと伝えることは必要です。

パパ活でモテるのは年齢よりも経済力

はっきりと申し上げますと、男性がパパ活でモテるのは容姿でも年齢でもありません。

清潔感や女性への配慮、紳士的な態度であることは必須ですが、年齢はパパ活に関係ありません。

デートでお手当があるかが問題で、相場以内であれば女性とデートすることは容易です。

世知辛い話ではありますが、高級レストランよりもお手当額が女性のハートをつかむポイントになります。

パパ活予算がどれだけ取れるのか、その予算をどれだけ自分に割いてくれるのかをパパ活女子は考えています。

10代男性であっても、80代、90代の男性であっても、デートの対価として女性にお小遣いを渡すということを守っていただければ、年齢に関係なくパパ活を楽しむことが可能です。

パパ活の年齢に関するQ&A

パパ活の年齢に関する疑問をQ&A形式でまとめました。

パパ活女子の年齢に嘘はないのか?

パパ活アプリやサイトを使っている場合、年齢で嘘をつくことはできません。

なぜなら、パパ活アプリやサイトでは、男性とやり取りをする場合、免許証やマイナンバーカードなどの公的証明書による年齢確認を求められるからです。

少なくとも、パパ活アプリやサイトを利用している場合、男女共に年齢はほぼ嘘ではないと言えます。

姉妹や友達の身分証明書で登録をしたり、免許証を偽造したりというケースもゼロではありませんが、これらの行為は、偽証罪や公文書偽造罪に該当してしまう犯罪行為。

自分では絶対に行わないことはもちろん、万が一年齢や身分を詐称している人を見つけたら、運営に通報しましょう。

ただ、SNSでパパ活をしている女性に関しては、未成年者である可能性があります。また、年齢を偽っている女性も多いでしょう。

出会い系サイトの場合は、年齢確認後も自分で年齢を変更することができるケースが多いです。

30代以降でもパパ活で需要はあるのか?

30代の女性であれば、まだまだ余裕で需要があります。

なぜなら、30代には30代の魅力があり、「20代では若すぎる」というパパに人気があるからです。

若すぎる女性は

  • 常識や落ち着きがない
  • 元気すぎて疲れる
  • 連れていて違和感がある
  • 価値観が違いすぎる

などの理由から、一部の中高年男性からはパパ活の相手として嫌煙される傾向にあります。

一方、30代の社会人経験のある女性なら、ある程度のマナーも身に着けている上、一緒に歩いていても明らかなパパ活には見えないというメリットもあります。

また、年齢による相場の項目でも説明しましたが、大人の関係を持たない通常のパハ活においては、20代女性と相場もほぼ変わりません。

30代女性であれば、十分にパパ活で稼ぐことが可能です。

さらに年齢が高くなる40代ではどうかと言うと、簡単に稼ぐことができるとは言えませんが、上手にターゲットを絞ればパパ活をすることは可能です。

40代女性が狙うべきパパは、以下の2タイプです。

50代以上の高齢パパ

50代以上になると、20代はもちろん、30代であっても若すぎてしまい、価値観や話が合わなくなってしまいます。

その点40代であれば年も近く、一緒に歩いていても違和感がありません。

年上の女性に甘えたい20~30代の若いパパ

成功している男性は常に気を張っていて、安らげる時間がない人も少なくありません。そんな男性を甘やかして癒してあげられる母性の強い女性であれば、40代でも需要があります。

ただし、40代でパパ活がしたい時は、自分自身もしっかり磨いておく必要があります。

スタイルが良いのはもちろんですが、年齢よりも若く美しく見えるよう努力しましょう。また若い女性以上に知性も知識も必要になりますので、内面も磨いておくことが重要です。

パパ活女子の年齢によってイメージが悪くなる?

自分が納得しているのならば、何歳であっても気持ちが悪いものではありません。

パパ活は、中高年の男性と若い女性がデートをするもの。そのような状況を気持ちが悪いと思う人も、中にはいるかもしれません。

しかし、パパ活をしている女性は、フリーランスのホステスのようなもの。クラブで中高年の男性と若い女性がお酒を飲んでいる状況を思えば、気持ち悪いという人は少ないのではないでしょうか。

女性側がプライドを持ってプロフェッショナルに徹することができれば、パパ活は気持ちの悪いものではありません。

自分より年が若いパパはあり?

ありです。

なぜなら、パパに必要なのは、年齢ではなく経済力だからです。

若いパパ、例えば男子大学生であっても、経済力があって18歳以上であればパパになることができます。同年代はもちろん、年上の優しい女性とマッチングすることも可能です。

パパになるようなハイスペックな男性は、人の上に立って働いている人が大半。そのため、パパ活の時くらいは女性に甘えたい、癒されたいという願望がある男性も少なくありません。

そんなパパに対して、年上の女性がパパ活を行うということも可能なのです。

また、20代・30代の若いパパの場合、なぜそんな年でパパ活をしているの? と疑問に思う人も多いかもしれません。実際に20代・30代のパパに聞いてみると

  • 仕事が忙しくて出会う時間がないから
  • 女性をくどく時間を省きたいから
  • あとくされなく遊びたいから

などの理由をあげていました。

20代・30代で成功している男性は、仕事が忙しく、一から女性を探してデートに誘って、という時間もありません。また、一度デートをしてしまうと別れるのが大変かも……というリスクも伴います。

その点、パパ活であれば、目的は明白なため、気楽に女性と遊ぶことができるというわけです。

パパ活は年齢によって何をするか変わる?

基本的には変わりません。

パパ活は、体の関係なしのデートのこと。そのため、デートのアクティブさに差がでる場合はありますが、パパと食事やデートを楽しむという基本は変わりません。

ただし、「大人の関係あり」のパパ活をした場合は、大きく差が出てきます。

年齢が若いパパの方が性欲も強く、体の関係を頻繁に求められる可能性が高くなります。

一方、年齢の高いパパの場合、たとえ性的な関係を求めていたとしても、最後まで行うことが難しいケースも増えきます。その場合、いわゆる「プチ」と呼ばれる挿入以外のサービスを求められることが多くなるかもしれません。

まとめ

パパ活は若い女性が行うものというイメージがありますが、30代はもちろんのこと、40代であっても行うことは可能です。

大切なのは、自分が戦えるフィールドをきちんと認識すること。

自分の年齢にあったパパ活アプリやサイトを利用して、上手にパパ活を行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次