パパ活アプリおすすめランキング

【男女別】パパ活アプリの自己紹介の書き方とモテるプロフィール写真作り方

パパ活アプリでマッチング率を上げて理想の相手に出会うためには、自己紹介をしっかりと作り込んでおくことが大切です。

パパ活アプリの自己紹介で、自分の魅力を伝えるにはどうしたらいいのか?どのような内容で書けばいいのかをポイントを抑えながら例文を交えてご紹介します。

パパ活アプリ選びで迷う方へ

パパ活アプリって本当に良いものも怪しいものもありますので注意してください。ナイトガーデンスタッフが全部つかって、さらにアンケートを取った中で質が高いのは「シュガーダディー」です。男性も女性もここからスタートすれば安心です。

目次

パパ活アプリの自己紹介がなぜ重要なのか?

パパ活アプリを利用していると、簡潔すぎる自己紹介文や、お付き合いのNG条件ばかりを並べたプロフィールを見ることがあると思います。

そのような相手に「いいね」やメッセージを送るのは、中々難しいことではないでしょうか?

まだ会ったこともない相手が、自分のことをどう評価してアプローチしてくれるかを考えることが、パパ活アプリの自己紹介では大切です。

男性は自己紹介でパパ活女子に安心感を与えることができる

パパ活アプリは女性会員が多く、男性は登録しただけでも女性からアプローチをかけられることが一般的です。

女性は男性の年収を見て、パパとしてお付き合いしてくれるかどうかまずは判断しますが、プロフィール文章でお付き合いしづらい男性だと感じた場合はアプローチすることを躊躇してしまいます。

パパ活女子と言えども一般の女性ですので、お手当がいただけるならどんな男性でもいいわけではなく、男性と二人きりで会うことに警戒している女性は多いのです。

自己紹介を丁寧に書いている男性だと女性から好感を得られ、女性からのアプローチは確実に多くなります。

女性はプロフィールでパパ活男性の注目を集める必要がある

パパ活アプリは出会い系やマッチングアプリよりもライバルが多く、自己紹介を適当に済ませていると男性からのアプローチはほとんどないと言っても言い過ぎではありません。

同じような自己紹介だと、新規登録する女性は多くライバルに埋もれてしまい、顔合わせを入れることも難しくなってしまうでしょう。

まずは、ライバルが多いことを認識する必要がありますね。

プロフィールで男性に興味を持ってもらうことがデートに繋がるポイントになりますので、男性からのアプローチがない、なかなかマッチングできない女性はプロフィールを見直してみましょう。

パパ活アプリの自己紹介文の書き方と4つのコツ

ではまずは、パパ活アプリの自己紹介文では何を書いたらいいのか、盛り込んでおきたい内容からご紹介します。

【男性向け】パパ活アプリの自己紹介でのポイント

  1. 年収・職業でアピールする
  2. どんな女性を探しているかしたいデートを具体的に書く
  3. 趣味などで話題を作りやすくする
  4. パパ活女子が安心するワードを入れる

女性からのアプローチを増やす、マッチング率を上げるためには女性に安心感を与えることが大切です。

まずはパパ活女子が興味を持っているポイント、話しかけやすい内容であることを意識されるといいでしょう。

1.年収・職業でパパ活相手として最適であることをアピール

先ほどもご紹介したように、パパ活女子はパパ活ができる相手かどうかをまずは確認します。

年収と職業がその目安になりますので、年収証明の提出が可能な方は済ませておくと女性からのアプローチが確実に増えます。

年収が多ければ多いほどいいわけではなく、嘘がないことを証明することで女性に安心感を与えることができるのがメリットです。

パパ活アプリでは職業を選択できるものもありますが、自己紹介文でお仕事について触れておくと信頼度がアップします。

2.どんな女性を探しているかを具体的に書く

  • 平日の19時以降に、一緒にお食事ができる方を探しています。
  • 〇〇近郊で会える方だと都合が付きやすいです。
  • ワインが好きなので、お酒が飲めて会話を楽しめる方だといいですね。

どんな女性か具体的にと言っても、容姿に関することはできるだけ書かない方が好印象になります。

時間帯や場所など、デートをする条件について具体的に書いておくとある程度候補を絞ることができますし、女性の反応を見ることができます。

3.趣味を入れて話題を提供する

普段していることや趣味の話に触れておくと、女性がメッセージを送りやすくなります。

自己紹介文に書いておくのもいいですし、プロフィール写真に入れておくのもいいですね。

趣味がわかると相手のことがイメージしやすくなるのでアプローチにもなりますし、共通の趣味を持っている女性も見つけやすくなります。

4.パパ活女子が好むパワーワードを入れておく

  • 長期的な関係
  • 定期的に会える方
  • 一人の方と
  • まずはお茶から

定期契約を想像させるキーワードとして、「長期的・一人の方・定期的に」などの言葉があります。

パパ活女子は安定して会える男性を探していますので、このような言葉がパワーワードになります。

ただ、定期募集や定期希望など直接的に書いてしまうと、逆に警戒されてしまう場合がありますので気を付けてください。

「まずはお茶から」「お食事から」でフィーリングを確かめ、条件が合えばお付き合いが可能であること、顔合わせは必ず入れることを伝え安心感を与えることができます。

【女性向け】パパ活アプリでの自己紹介に必要な要素

  1. 自分のアピールポイントを明確にする
  2. 頑張っていること・将来の夢を書く
  3. 誘いやすい雰囲気が大切
  4. 素人感・清潔感を出す

女性の場合はライバルに差をつける必要がありますので、個性を活かしたプロフィール文を書くことをおすすめします。

1.自分のアピールポイントを明確にする

  • 容姿・スタイル
  • 年齢
  • 職業・学歴
  • 性格
  • 趣味・特技

パパ活でのアピールポイントは年齢や容姿、スタイルだけではありません。

年齢が若い女性、可愛い女性はいくらでもいますし、飛びぬけて美人でない限りは強力なアピールポイントになるとは限らないのです。

職業や学歴は男性がお付き合いのイメージがしやすく、効果的にアピールすることができます。

金融関係、公務員などお堅いイメージがある仕事なら安心感を与えることができますし、美容系・アパレル・秘書・CAなどは美人の女性が想像できます。

保育士や看護師だと話しやすい印象になりますね。

高学歴好きな男性も多いので、学科や難関校でアピールすることも可能ですが、プロフィールには学校名は記載しないことをおすすめします。

性格や趣味、特技を書いておくと男性の興味を引くことができますので、自分のアピールポイントを把握して役立ててください。

2.頑張っていること・将来の夢を書く

パパ活では、男性から応援してもらうことが成功するポイントになります。

そのため、普段頑張っていること、目標や夢を書くことで応援する理由を作ることができます。

目標や夢がない場合は、仕事や学業で今自分が取り組んでいることを書くといいでしょう。

〇〇だから応援してください。

ではなく、頑張っていることをアピールするだけで十分です。

3.誘いやすい雰囲気を出す

  • 顔合わせはホテルのラウンジで
  • ミシュラン星つきでのお食事
  • 〇〇が苦手
  • 小食
  • お酒が飲めない
  • 買い物に連れて行って欲しい

パパ活では豪華なお食事にハイブランドのお買い物と言うイメージがあるかもしれませんが、プロフィール文でお金がかかる女性をアピールするのは逆効果です。

また、〇〇が苦手、〇ができないなどはマイナスイメージを与えてしまいます。

それよりは〇が好き、〇が得意に変えた方が印象がいいですね。

お酒が飲めない場合でも、雰囲気は好きなどを伝えておくとお食事に誘いやすくなります。

4.素人感・清潔感を出す

パパ活になれていない素人感は大切です。

ただし、あまりにも「初めてです」「緊張しています」を押し出してしまうと、わざとらしく感じられてしまう場合もあるので注意しましょう。

それよりは、「一人の方と」「長くお付き合いしてくださる方」などを使うと、清潔感も出せるのでおすすめです。

男性に対して条件を書く場合には「優しい方」「リードしてくれる方」「趣味の合う方」などにして、あまり範囲を狭めない、プライドを傷つけないように配慮することが大切です。

パパ活アプリの自己紹介で気を付けたい5つのポイント

パパ活アプリの自己紹介文で気を付けたいポイントは男女共通です。

以下のような内容を避ければ、プロフィールで地雷扱いされずにスムーズにメッセージのやり取りまで進みますので参考にされてください。

1.読みやすい文章を心がける

  • 情報量は多めで簡潔に
  • 400文字前後
  • 改行、句読点を使う
  • 実際に読んでみる

読みやすく、相手が読むときに負担にならない文章を心がけるといいでしょう。

逆に読みにくく、相手に不信感を与えてしまう文章はこのような物です。

  • 改行、句読点がない文章
  • 箇条書き
  • 意味の分からない絵文字を多用する
  • 短すぎ・長すぎ

男性にありがちなのは、箇条書きでお付き合いしたい女性の条件を書いている自己紹介文です。

多くの女性は細かく女性の条件を書いている男性を敬遠しますので、希望であっても書かない方が女性からのアプローチは増えます。

自分に自信があるとしても、5行以内の短い文章は地雷扱いされる可能性がありますので、あまり簡潔になり過ぎないようにアピールされてください。

2.NG条件などネガティブな発言は避ける

  • 〇〇お断り・NG
  • 〇〇は即ブロック
  • 〇したら通報します
  • 〇は苦手です
  • 困っているので支援してください
  • 食事する相手には困っていません
  • お手当は考えていません
  • 前お付き合いしていた方は~

理想の相手と効率的に出会いたい気持ちはわかります。

条件に合ったお相手とパパ活をしたいのは山々ですが、NG条件などネガティブな発言は相手に冷たくお付き合いしづらい印象を与えてしまいます。

プロフィールに書くよりは、メッセージのやり取りで少し仲良くなってから自分の考えを伝えた方がいいでしょう。

希望を伝えるなら、〇〇NGよりも好みのタイプを書いておく方がいいですね。

また、女性の場合はお金にガツガツした印象を与えると、男性から敬遠されますのでお財布の状況などは書かないようにしましょう。

以前お付き合いしていたお相手のことを書くのもマナー違反です。

特に男性は、20代の女性とお付き合いしたことがあるので若い女性とのお付き合いは慣れているようなアピールをしがちですが、女性に煙たがられますので注意されてください。

茶飯お断り、食事する相手に困ってないと書いてしまうと、体目的であることが明確になりますので、逆にセミプロ女性しか寄ってこないことになりかねません。

「お手当あげません」では、パパ活アプリでは女性からのアプローチはないと思っておいた方がいいでしょう。

3.丁寧な言葉遣いで書く

  • 冒頭にあいさつを入れる
  • 敬語を使う
  • 若者言葉は使わない
  • パパ活用語は使わない

自己紹介文の冒頭には、「はじめまして」「こんにちは」など挨拶を入れた方が印象がいいですね。

また、「よろしくお願いします」「メッセージお待ちしています」などで締めるといいでしょう。

女性の場合はタメ語でプロフィールを書く方はいないと思いますが、男性のプロフィールではたまにお見掛けするときがあります。

親近感を出すため、女性が年下のためと思われているかもしれませんが、自己紹介文、メッセージのやり取りでフランク過ぎると女性から敬遠されます。

女性は普段友達と使っている言葉やスラングには注意しましょう。

「こんにちわ」のような間違いをしていると、知的な女性ではない印象を与えてしまいますので、普段使っている言葉が本当に正しいのかどうかチェックする必要はありますね。

4.相手の知りたい情報を掲載する

男性のプロフィール女性のプロフィール
仕事・経済力
パパ活をする理由
普段していること・趣味
どんなデートがしたいか
相手に求める条件
容姿
年齢・職業
パパ活をする理由
普段していること・趣味
どんなデートができるか
理想の相手
将来の夢や目標

男性は女性よりは簡潔に、嘘がなく安心してお付き合いができる相手であることをアプローチすれば問題はありません。

女性の場合は、ライバルが多く男性に興味を持ってもらうために、ボリューム的には男性よりも情報量が多くなるかと思います。

どのようなデートができるのか、具体的に想像できる内容にすればマッチング率は上がります。

どこで会えるのか、会える時間帯をプラスしておけば、顔合わせまでスムーズに進むので是非取り入れてみてください。

5.個人情報に繋がることは書かない

自己紹介文を細かく書いてしまうと、ついつい個人情報に繋がることを書いてしまいがちです。

最寄り駅や学校名、学部、仕事内容などは特に注意が必要です。

組み合わせると、学校名や会社名が特定されてしまう可能性もありますので気を付けてください。

また、パパ活は偽名で活動することが可能です。

本名をローマ字表記したものなど、特定されやすいニックネームは避けた方がいいと思います。

コピペOK!男女別パパ活アプリの自己紹介例文

実際にどのようなプロフィール文を書けばいいのか、例文を交えてご紹介します。

コピペも可能ですが、できるだけオリジナル感を出した方がウケはいいと思いますので、アレンジして利用されてください。

女性ウケするパパ活アプリの男性プロフィール例文

はじめまして。
都内で会社経営をしている〇〇と申します。

普段一人で食事をすることが多く、素敵な女性とお食事できたらと思い切って登録してみました。
好き嫌いはないのですが、最近魚を食べることの方が多くなっている気がします。

仕事以外では、ジムに通っていて週末はゴルフをして過ごしています。
食べ歩きも好きなので、美味しいお店は知っている方だと思いますよ。

平日なら20時以降だと都合が付きやすいです。
いつもは〇〇あたりで食事をしていますが、遠いようなら合わせますよ!

あまり器用な方ではないので、一人の方と長くお付き合いできればと考えています。
遅くなっても必ず連絡しますので、気軽に声をかけてください。

日時や条件などあったら伝えてくださいね。
よろしくお願いします!

女性に希望を尋ねることで、気遣いができて余裕のある男性であることがアピールできると思います。

男性の場合は絵文字は極力控えた方が印象はいいですね。

自分の希望を伝えつつ、配慮することを意識されると女性ウケはかなり良くなります。

男性からアプローチが増えるパパ活アプリの女性プロフィール例文

女性の場合は完全にコピペはせずに、プロフィール文章の流れを参考にしていただければと思います。

職業別に例文をご紹介しますので、アレンジして使ってください。

学生

学生の場合は、学業を優先している、バイトも頑張っていることをアピールするといいですね。

男性が一番応援してくれやすいので、わざわざ支援が欲しい、困っていることは書かない方がいいでしょう。

あまり固くなり過ぎずに、学生らしく若さをアピールできる文章でOKです。

こんにちは!〇〇と申します。
都内の大学に通う20歳です。

上京してアルバイトを始めましたが、学業との両立が難しく勇気を出して登録してみました。
今はカフェでアルバイトをしながら、コツコツ学費を支払っています。

友人からは、良く食べて良く笑う子だと面白がられています。
ポジティブがモットーなので、高評価だと自負しています(*^-^*)

年上の方とあまりお話する機会がないので、最初は緊張していると思います。
リードしていただけると嬉しいです!

都内であれば時間や場所は合わせられますので、
良かったらメッセージお願いします!

社会人

社会人は目標をもって働いていること、将来の夢について書いておくと印象はいいですね。

お酒が飲めること、社会人としてのマナーが備わっていることはアピールポイントになります。

はじめまして。プロフィールを見ていただき、ありがとうございます!
都内で〇〇系のOLをしている、〇と申します。
芸能人だと〇さんに似ていると言われることが多いです。

入社〇年目でようやくお仕事を任せてもらえる立場になり、
職場環境にも恵まれて楽しくお仕事をさせていただいています。
スキルアップのために資格取得を頑張っているのですが、
会社と自宅の往復でプライベートは全く充実していません(>_<)

お仕事終わりに一緒にお食事してくださる、素敵な男性と出会えたらと
思い切って登録してみました。
お酒が好きなので、ご一緒してくださると嬉しいです!

気軽にメッセージしてください。よろしくお願いします。

主婦

主婦の場合は男性がどうしてパパ活をしているのか、疑問を持たれる可能性が高いです。

主婦と公言して活動されると、トラブルを避けるため敬遠されることもありますが、既婚者とお付き合いをしてみたい男性がいるのも確かです。

男性からのアプローチ状況を見て、臨機応変にプロフィールを変えるといいでしょう。

はじめまして。
都内に住んでいる〇歳、主婦です。
身長は〇㎝で、体型はスリムな方です。

専業主婦なので新しい出会いがなく、新しい出会いを求めて登録しました。
日常では味わえない、刺激的な体験ができればと思っています。

平日の昼間であれば時間が取れますので、ランチにお誘いいただけると嬉しいです。
メッセージお待ちしております。

人気パパ活アプリごとの自己紹介のコツ

女性は複数のパパ活アプリを併用していることが多いと思います。

複数のアプリを使う場合は、全く同じプロフィールにせずにアプリごとに自己紹介文を変えて掲載することをおすすめします。

アプリによって特徴があり使い分けて利用することが重要ですので、プロフィールも特徴に合わせて使い分けましょう。

シュガーダディ:ターゲットを絞った自己紹介

シュガーダディ

シュガーダディはパパ活アプリの中で最も会員数が多くライバルも多いので、ターゲットを絞ってアピールするのもおすすめです。

ターゲットの年齢層を意識したり、趣味を強調してお話が合うことをアピールするのもいいですね。

男性全員に向けてではなく、一部の男性に刺さるメッセージを入れ込むことで、太パパをゲットできる可能性が高くなります。

写真を掲載している女性は若干少な目なので、写真でアピールするのもいいでしょう。

Love &(ラブアン):動画プロフィールを利用する

ラブアンは自己紹介文だけでなく、動画を使ってアプローチすることが可能です。

動画では「こんにちは!」だけでもいいので挨拶を入れておくと、プロフィールの閲覧率は断然高くなります。

顔の一部をマスクなどで隠した動画でも承認されますので、ライバルに差をつけるためにも利用していきましょう!

Paters(ペイターズ):将来の夢は必須項目

ペイターズ

ペイターズは、自己紹介文とは別に「将来の夢」の入力が必須になっています。

適当に書いている女性が多いので、しっかりと書き込むだけで印象は良くなります。

30文字の制限はありますが、書き方は自由です。

夢がない、書くことがない女性は、今頑張っていることを書いていきましょう。

パパ活アプリのプロフィールには写真が必要なのか?

パパ活アプリではメイン写真、サブ写真とプロフィール写真を登録することが可能です。

プロフィールを印象付けるものですので、好印象を与える写真を掲載されることをおすすめします。

パパ活アプリではプロフィール写真がある方がマッチングしやすい

男性の場合は、プロフィール写真を載せていない方も多く、顔写真を掲載する必要はありません。

女性はプロフィール写真があるだけで、男性からのアプローチが増えるので可能であれば掲載されることをおすすめします。

写真を全く掲載していないよりは、男女ともにマッチングはしやすくなります。

  • 画質がいいもの
  • 自撮りよりは他撮り
  • 趣味に関するもの
  • 自分以外の人が映りこんでいないもの
  • 個人が特定できるものが写り込んでいないもの

男女ともに共通するプロフィール写真のポイントは、このようなものになります。

では、詳しく見て行きましょう。

男性のプロフィール写真は趣味メインで

  • 顔写真の場合は清潔感を意識する
  • 生活感がない写真(自宅・鏡越しなどはNG)
  • 顔のアップは避ける
  • 趣味がわかるもの

顔写真を掲載される場合は、清潔感があることを意識されてください。

ヒゲや髪の毛が伸びていないか、洋服にはしっかりアイロンがかかっているかなど、清潔感が伝わるものがベストです。

顔写真のアップは女性が敬遠する場合が多いですので、できれば人に撮ってもらった自然な物がいいですね。

顔写真を掲載されない場合は、趣味がわかるものを掲載されるといいでしょう。

旅行先での風景写真などが最適です。

女性のプロフィール写真はサブ写真も重要

  • メインの顔写真は自然な笑顔
  • サブ写真は体型がわかるもの・趣味がわかるもの
  • 過度な加工はNG

女性はメインの顔写真だけではなく、3枚以上の写真を載せるといいでしょう。

顔写真のみだと拾い画や加工写真を疑われてしまうので、雰囲気のわかる写真を数枚掲載することで男性に安心感を持ってもらうことができます。

顔写真を掲載しない場合でも、男性から写真を送るように要求されますので、3枚程度は用意しておくことをおすすめします。

写真の加工は肌を明るく見せる程度の加工が最適です。

あまり加工し過ぎると、会った時の印象が悪くトラブルにも繋がるので注意しましょう。

パパ活で実際に会う時の自己紹介の仕方

  • 相手の呼び方を確認する
  • パパ活をする目的・理由を明確に伝える
  • 仕事や趣味に関する質問を用意しておく
  • お付き合いの仕方・距離感について確認する

パパ活の顔合わせでは、最初に軽く自己紹介をするのが一般的です。

パパ活アプリ内であまりメッセージ交換をしていない場合は、特に自己紹介がメインになるでしょう。

会話をスムーズにするためには、まずは相手の呼び方から確認してください。

アプリでは記号やわかりにくいニックネームを使っている方もいますので、何と呼んでいいかの確認は大切です。

事前に用意しておきたいのは、パパ活をする理由、自分の職業や趣味に関する簡単な説明と、お相手に対する質問事項です。

仕事や趣味に関する質問を2,3個用意しておくと、話が途切れずに進むのでおすすめです。

LINEの頻度や連絡できる時間帯など、最初に決めておくと相手との距離感がはっきりしますので、自分の意見を言っておくといいですね。

まとめ

パパ活アプリでマッチング率を上げ出会いを増やすには、自己紹介をしっかりと充実させることが大切です。

逆に言えば適当に書いてしまっていたり、初期設定のままだと男性からのアプローチがない可能性が高いです。

男性の場合は、「パパ活目的ではない」「お手当は考えてない」「食事相手に困ってない」など書いてしまうと、女性からのアプローチは限りなく低くなるでしょう。

アプローチがない、マッチングしないなら、自己紹介文やプロフィール写真を変更してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次