パパ活アプリで大学生が成功するにはどうしたら?始め方とやり方の流れを教えます

パパ活アプリで大学生が成功する方法

大学生になったからパパ活アプリを始めてみたい。

でも、本当に稼げるのか、どうやって始めたらいいのかって迷っていませんか?

パパ活アプリは18歳以上(高校生は不可)になると誰でも利用できるのですが、大学生がパパ活をするにはちょっとしたコツが必要です。

どうすればパパ活で稼げるのか、パパ活アプリは安全なのか、どんなアプリを使ったらいいのか、大学生におすすめのパパ活のやり方をご紹介します。

目次

パパ活をしている大学生はどのくらいいる?

まずは、大学生がどのくらいパパ活をしているのかを見てみましょう。

周りの友達はしてるけど本当のところはどうなのか、パパ活アプリのユーザー層からその割合をご紹介します。

パパ活アプリは女子大生の割合が多く需要が高い

シュガーダディ女性会員データ
人気パパ活アプリ シュガーダディの女性会員データ

シュガーダディはパパ活アプリの中で最も会員数が多く、女性の会員層も比較的幅広いのが特徴です。

幅広い会員層のパパ活アプリであっても、10代、20代の女性は8割。学生は31%とかなり割合が高くなります。

パパ活アプリの中には20代前半までの女性が8割以上と、更に学生の割合が多いものもあり、パパ活女子のほとんどが20代前半だと言うことが言えます。

パパ活アプリの利用者全体から見ると、大学生は約4割程度になります。

もちろんその需要も高く、パパ活で一番モテる世代は20代前半までの女性です。

パパ活で女子大生に需要がある理由

基本的に日本人男性は、若い女性が好きな方が多いです。

若ければ若いほどいいと考える男性も少なくありません。

18歳未満の女性とお付き合いをしてしまうと罪に問われてしまうので、高校を卒業したばかりの大学生に人気が集まります。

ただ、パパ活アプリでは18歳・19歳の女性よりも、20代前半の女性の方が人気が高い感じにはなります。

パパ活アプリに登録している男性は、社会的地位が高く成功している方が多いため、未成年とデートして何かあったときのことを考えているのかもしれませんね。

また、大学生であればパパ活で応援する理由が明確だと言うことも理由になります。

若い女性の成長を見守る、学業に集中できるように支援するなど、男性が助けやすい環境にあるのが大学生です。

パパ活アプリには男子大学生も登録している

シュガダ男性データ
人気パパ活アプリ シュガーダディの男性会員データ

パパ活男性の中心世代は30代後半から50代前半になります。

パパ活アプリに男子大学生なんているの?と思われるかもしれませんが、人気パパ活アプリになると実際に登録している男子大学生を見かけることができます。

割合的には物凄く少ないのですが、年配の男性の中に10代・20代前半の男性が紛れると物凄く目立ちます。

男子大学生がパパ活アプリを利用する目的

  • 真剣なお付き合いではなく、気軽に遊べる女性を探す
  • 稼いでいるパパ活女子相手のママ活目的
  • お手当なしのセフレ探し
  • マッチングアプリと勘違い

パパ活アプリに登録している男子大学生の目的は、主にこのような物です。

真剣なお付き合いをするのに抵抗があり、気軽に遊べるセフレ探しをしている男性が多いですね。

また、ワンチャンを狙ってのママ活目的や、マッチングアプリと間違えて登録した恋人探し目的の男性も稀にいます。

大学生がパパ活を始める5つの理由

パパ活をしている大学生が多いことはわかりましたが、女子大生がパパ活を始める理由は何なのでしょうか?

大学生がパパ活を始めるきっかけをご紹介します。

1.生活費・学費・学資ローンを支払うため

大学に通うために上京し、一人暮らしを始める学生さんたちも多いですね。

仕送りだけでは足りずバイトを始める方も多いのですが、学業との両立が難しく中々バイトを入れることができないのが現実です。

パパ活の場合は短時間でバイトの数倍、数十倍稼ぐことができること、自分の空いた時間で顔合わせやデートを入れられることで楽な部分は大きいです。

また、自分で学費や学資ローンを支払わなければならない人もいますね。

パパ活で稼いで、学生のうちにローンの支払いを終えてしまうと、社会人になってからのやり繰りがかなり楽になります。

留学資金を貯めるなど、目的がある大学生も多いようです。

2.遊ぶお金欲しさ

単純に、遊ぶお金が欲しくて始める女子大生もいます。

パパ活アプリは夏休み期間に女子大生が増えるのですが、短期集中で稼いで友達と旅行に行ったり遊ぶための資金にしています。

夏の間だけで100万円稼ぐ女子大生もいるほどで、長い休みが取れる学生ならではの稼ぎ方ですね。

また、遊びに行く前にパパ活を入れて、そのお手当を使って遊ぶ女子大生もいるようです。

3.食事を奢ってもらうため

お手当はもらえたらいいなくらいの感覚で、男性から豪華なお食事を奢ってもらうことを目的にしている学生さんもいます。

パパ活では、高級レストランや焼き肉、お寿司など自分のお金や彼氏とのデートでは中々行けないようなお店に連れて行ってもらえることが多いです。

1回お食事デートをすれば食事代が浮くため、食事パパを作って美味しいものが食べたいときに連絡をする女子大生もいるのだとか。

4.綺麗になるための資金調達

美容や脱毛、整形、歯科矯正資金を貯めるためにパパ活を始める女性は多いです。

学生の間だと長期休みを利用してメスを入れることも可能ですし、韓国へ整形に行く女性もいますね。

高須クリニックのデータによると、初めて美容整形をした年齢は18歳~20歳が38%、21歳~23歳が23%と多く、大学の時期に整形をしている女性がメインになります。

5.周りの友達がしているから・興味本位

周りの友達がしていて自分だけ話が合わない、買い物や遊びのレベルを合わせられない、ブランドバッグやデパコスをプレゼントしてもらっていて羨ましいなど、友達の影響でパパ活を始める女性もいますね。

おじさんとデートするだけでお金が稼げる、豪華なプレゼントを貰えるというイメージをメディアを見て持っている女性も多いかもしれません。

18歳以上であれば、パパ活アプリに登録して年齢認証を済ませればパパ活ができてしまうため、興味本位で気軽に始めることができるんです。

大学生がパパ活をするメリットとデメリット

パパ活で人気の大学生ですが、パパ活をするのにもメリットとデメリットがあります。

今からパパ活を始めたいなら、デメリットもしっかりと確認しておいてください。

女子大生にとってのパパ活のメリットとデメリット

メリットデメリット
短時間で高収入が得られる
美味しいものが食べられる
社会勉強になる
自分磨きができる
初期投資は少し必要
必ず稼げるとは限らない
普通に働くのが馬鹿らしくなる
危険な目に合う可能性がある

パパ活の最大のメリットは、短時間で高収入が得られることです。

デートでは美味しいものが食べられ、洋服やアクセサリー、ブランドバッグなどをプレゼントしてもらえることもあるでしょう。

お相手の男性は、社会的地位の高い方ばかりですし多くの社会経験があります。

パパ活男性のお話を聞くことで、知らなかった社会や経済の仕組み、自分が興味のある業界の勉強になるのは確かです。

また、パパ活で成功するために会話やファッションなどを磨く機会にも恵まれます。

男性の扱いが上手になり、社会に出てから役に立ったという女性も多いですよ。

一方、普通のバイトでは稼げない額を短時間で稼げてしまうので、コツコツとバイトをしたり普通のOLとして働くことが馬鹿らしくなってしまうこともあります。

ただし、それは良パパが見つかってお手当をしっかりといただけた場合のみです。

デートしてくれる男性が見つからないと、パパ活は時給制ではないのでパパ活アプリに登録しただけでは稼げません。

顔合わせを入れてパパ活で稼ぐためには、パパ活用の洋服やバッグも必要ですし、持っていない場合は買い揃える必要もありますね。

それに、男性と二人きりで会うのがパパ活の基本ですので、変な男性に当たってしまうと危険な目に合う可能性だってあります。

  • 目標を決めてパパ活をする(目標金額・やめ時期を決めておく)
  • 普通のアルバイトと並行して行う
  • お手当の一部を自己投資に使う
  • 怪しい男性とは会わない

デメリットを解消するには、このようなことに気を付けてもらえたらと思います。

目標をもって安全にパパ活をすることが重要ですね。

男子大学生がパパ活アプリを利用をするメリットはある?

  • イケメン・難関大なら興味を持ってもらえることもある
  • 出会い系とは違う美女やかわいい女性に出会える
  • 恋人ではなく気軽に遊べる関係になれる

パパ活アプリの中の男子大学生は、いい意味でも悪い意味でも目立ちます。

パパ活を本気でやっているPJからは相手にされないのですが、興味本位で始めた女性やおじさんの相手に疲れた女性、パパ活アプリのほかにTinderなどでセフレを探している女性なら興味を持ってもらえるかもしれません。

マッチングアプリと違い、男女比が3:7程度が通常のパパ活アプリなので、興味を持った女性からアプローチがある可能性はあるでしょう。

ストナンやマッチングアプリで口説くよりも、効率的に女性と出会える手段であることは間違いないです。

その場合は、スト値の高い女性がセフレになってくれることがあるかもしれません。

大学生のパパ活お手当相場

では、気になる大学生のパパ活お手当相場をご紹介します。

どのくらい稼げるのか、アルバイトとの違いを考えながら見て行ってください。

女子大学生はパパ活でどのくらい稼げる?

初回顔合わせ5,000円〜10,000円
都度食事のみ5,000円〜30,000円
カラオケ・買い物デート20,000円〜50,000円
旅行デート50,000円〜100,000円
大人の関係有30,000円~100,000円
定期大人の関係無100,000円
大人の関係有200,000円

都内での20代前半女性の相場が、女子大生のパパ活相場になります。

他の年代よりも高く女子大生ブランドがお手当を上げるので、一番稼ぎやすい年代と言えます。

地方だと2割程度安い金額を目安にするといいでしょう。

また、女子大生の場合は難関大学や学科によってお手当が上がる場合があり、高学歴好きな男性だとお手当交渉がしやすいのが特徴になります。

ただし、女子大生が増える夏場では低いお手当で荒稼ぎする女性も増えますので、季節によっては相場が下がってしまうこともあります。

デートごとのお手当相場など、詳しい情報はこちらを参考にしてください。

男子大学生のパパ活お手当相場は

パパ活をしている男子大学生が渡すお手当の相場は、一般の相場よりも低い傾向にあります。

初回顔合わせ0円〜5,000円
都度食事のみ3,000円〜5,000円
大人の関係有7,000円~10,000円

お手当なしでお食事だけ奢るパターンも多く、パパ活をするのであれば前もって条件をはっきりさせておいた方がトラブルにならずに済みますね。

また、初回デートでお手当ありでも、2回目以降からはお手当ゼロにして会える女性のみに絞っている男性が多いようです。

最終的にはお手当なしのセフレ、逆に貢がせるパターンもありますので注意が必要です。

女子大生がパパ活アプリで稼ぐ方法

女子大生のパパ活相場は高めなのですが、それはパパ活専用アプリや交際クラブを利用してパパ活をする場合のみです。

出会い系サイトやSNSでは、パパ活専用アプリより相場が下がることがあるので気を付けましょう。

では、パパ活アプリを始める流れや、ライバルに差をつけて稼ぐ方法後ご紹介します。

大学生がパパ活をする流れ

STEP
パパ活アプリに登録する

18歳以上であれば登録可能です。
身分証明証の提出をすれば男性とのやり取りが可能になります。

STEP
プロフィールを充実させる

男性からアプローチをたくさんもらうためには、プロフ写真を掲載することをおすすめします。
自己紹介文では、大学生であることをアピールするといいでしょう。
その場合は大学名などは伏せておいてください。

STEP
メッセージ交換をしてアポイントを入れる

良さそうな男性を見つけたら、自分から積極的にアプローチしていきましょう。
メッセージを交換して、顔合わせの日程や条件を決めていきます。

顔合わせの前日や当日には、リマインドメッセージを送るようにしましょう。

STEP
顔合わせをしてお手当を受け取る

顔合わせをして今後のお付き合いについて条件を話し合います。
条件やフィーリングが合えば、連絡先を交換し次のデートの約束をします。
顔合わせでもお手当は発生しますが、初回お手当なしにしている男性もいるので気を付けましょう。

条件が合わなくて解散した場合でも、必ず顔合わせのお礼メッセージは入れるようにしましょう。

STEP
気に入ってもらえればリピート

顔合わせだけで稼ぐのは、最近難しくなってきています。
パパ活で稼ぐためには、リピートしてもらってお手当を上げてもらうことが重要です。
いいパパを見つけたら、太パパになってもらえるように信頼関係を築いていきましょう。

多くの女子大生ライバルに差をつけてパパ活で稼ぐコツ

  • 女子大生ブランド、若さだけで売らない
  • 食事のマナー、会話術を身につける
  • 夢や目標を応援してもらえるようになる
  • 自分を安売りしない

パパ活では女子大生は人気で需要はあるのですが、その分ライバルも多く大学生と言うだけでは稼げません。

若さだけをウリにしていては、すぐに身体の関係を求められることになりかねませんし、短いスパンで飽きられてしまう可能性が高いです。

また、女子大生はドタキャン率が高いので、言葉遣いやマナーがしっかりしていなければ、アポを入れることも難しくなってしまうでしょう。

パパ活をする目的が遊ぶためのお金を稼ぐことであっても、学生らしい目標を男性に伝えることは大切です。

男性から応援してもらえるような、もっともらしい目標やパパ活をする理由を用意しておくことをおすすめします。

大学生がパパ活をするときに気を付けたい注意点

大学生は経験や知識があると思っていても、社会経験はまだ少なくうっかりミスを犯してしまう可能性も捨てきれません。

地雷と呼ばれる危険な男性に騙されないように、パパ活をするときに気を付けておきたいことをまとめました。

SNSではなくパパ活アプリを利用する

TwitterやInstagramなど誰もが無料で使えるSNSは、パパ募集をするのも楽で簡単にできますね。

ただし、SNSでパパ活をしている男性の中には、経済力がないどころか女性を騙すためにパパに成りすましている犯罪者も潜んでいます。

特に社会に出たことがない学生、未成年者が狙われることが多く、男女の出会いによる犯罪が多いのがSNSです。

パパ活アプリの場合は、身分証明証の提出が必要で月額料金も高めに設定されているため、お金のない男性は利用することができませんし身分もはっきりした男性が利用しています。

身分証明証の提出は多少手間がかかりますが、18歳以上であれば審査に通ることができるので、安全を買う意味でもパパ活専用アプリの利用をおすすめします。

大学名などの個人情報は秘密にしておく

パパ活は、偽名で活動することができますし、本名を含め大学名、住所、最寄り駅などの個人情報を初対面の相手に教えるのは危険です。

大学名や学科を教えるのは、信頼関係ができてからがいいでしょう。

良さそうな男性に見えても、本当に信頼できる相手かどうかわからない場合も多いです。

また、あなたに執着してストーカー化してしまうことも考えられます。

パパ活では、自分の身は自分で守ることが基本です。

そのためには、できる限り個人情報は秘密にしておくことが大切です。

パパ活では危ない目に合うかもしれないことを知っておく

パパ活はバイトよりも効率的に高額が稼げるかもしれませんが、男性と2人きりで会うため女性は危険な目に合う可能性があることを知っておきましょう。

  • 男性の部屋・ホテル・車内など密室になる場所は避ける
  • お手当は現金前渡しにしてもらう
  • 個人情報は明かさない
  • 地雷情報を確認する
  • 危ないと思ったら逃げる

危険を避けるためにも、このようなことを徹底しておくことが大切です。

まず、男性の部屋やホテル、車内での待ち合わせは危険です。

大人の関係あるなしに関わらず、男性の部屋や男性が先にホテルに入っている場合は、盗撮の可能性を疑った方がいいでしょう。必ず顔合わせを入れ、一緒にホテルに入れば盗撮の可能性は下がります。

大人の関係を望まない場合は、男性と2人きりの密室は避けることが大切です。

お手当は必ず現金前渡しを徹底します。

振り込みは個人情報を知られることになりますし、振り込まれない可能性が高いです。

地雷掲示板Twitterで晒されている地雷は確認してください。

パパ活での詐欺や犯罪の手口を知っておくこと、危険を感じたら逃げることは忘れないようにしましょう。

大学生におすすめのパパ活アプリ

パパ活アプリは色々ありますが、何を選んだらいいのかわかりませんよね?

実際に、パパ活アプリとして利用できるアプリは以下の一覧以外にもたくさんあるんです。

総合評価アプリ種別会員数月額料金公式サイト
No.1
シュガーダディ
シュガーダディ
SSパパ活サイト
(Web)
最大級5,980円/月詳細を見る
No.2


ラブアン
Sパパ活サイト
(Web)
多い5,000円/月詳細を見る
No.3

ペイターズ
Sパパ活アプリ
(Web/iOS/Android)
アプリNo.112,000円/月詳細を見る
No.4

ユニバース俱楽部
S交際クラブ
(Web)
最大手入会金:30,000円~
年会費:20,000円~
紹介料:20,000円~
詳細を見る
No.5
ドロシー
ドロシー
AAパパ活サイト
(Web)
上昇中7,900円/月詳細を見る
No.6

ペイキュート
AAパパ活アプリ
(Web/iOS/Android)
都内なら10,000円/月詳細を見る
No.7

ワクワクメール
A出会い系サイト
(Web/iOS)
多いメッセージ1通50円詳細を見る
No.8

パディロクナナ
AAパパ活アプリ
(iOS/Android)
多い10,800円/月詳細を見る
No.9
patoロゴ
パト
Sギャラ飲みアプリ
(Web/iOS)
最大手2,750円/30m~詳細を見る
No.10

ピージェイ
Aパパ活アプリ
(Web/iOS/Android)
都内なら9,800円/月詳細を見る
*18歳未満は登録・利用不可(ギャラ飲みは20歳以上)

会員数や口コミが多くパパ活アプリとして人気の一覧なので、この中から複数選んで登録するのもいいと思います。

ただ、最初のアプリは慎重に2、3個選び、しっかりと使いこんでみることをおすすめします。

特に大学生が稼ぎやすいアプリはどれなのか、使いやすさや人気から3つほどチョイスしました。

1.シュガーダディ

シュガーダディ
会員数業界最大
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層30代・40代中心、70代まで
女性会員の年齢層18歳~29歳までが79%
男女比率男性28%:女性72%
利用料金の詳細1か月:5,980円/月
運営会社会社名:シナプスコンサルティング株式会社
運営サポート24時間365日監視体制

シュガーダディのおすすめポイント

  • 会員数、運営歴共に業界No.1
  • 年収証明をしている男性が一番多くお金持ちを見つけやすい
  • 太パパ・ご飯だけパパの口コミが一番多い

まず登録したいのがシュガダです。

会員数が一番多く、初心者女性が必ず登録する人気のパパ活サイトです。

シュガーダディの女性会員は20代女性が8割と高いのですが、学生の割合は3割と少し少な目になっています。

どのパパ活アプリでも中心世代は20代なので、どのアプリでもライバルは多くなります。

シュガダの場合は、写真を掲載している女性が他のアプリよりも少な目と言うこともあり、顔出しOKならそれだけ多くの注目を集めることができます。

男性の平均年収も1,000万円以上と高めで、太パパ、ご飯だけパパの口コミは一番多いですよ。

2.ラブアン

会員数会員数非公開
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層35歳~55歳が中心
女性会員の年齢層70%が20代
男女比率男性4:女性6
利用料金の詳細ゴールド会員 1か月:5,000円/月
運営会社会社名:株式会社Blueborn
運営サポート24時間365日監視体制

ラブアンのおすすめポイント

  • 動画プロフィールでアピールできる
  • オンライン顔合わせでお小遣いが稼げる
  • 平均的に民度が高い口コミが多い

ラブアンは、動画プロフィールを掲載することで男性にアプローチできるだけでなく、男性の通報回数や内容も表示されるようになります。

マスクなどで顔の一部を隠した動画でもOKなので、活用してみるといいと思います。

業界でオンライン顔合わせができるのはラブアンだけで、通話時間に応じてお小遣い稼ぎができるのもポイント高いです。

比較的新しいパパ活アプリですが、女性からの評価も高く会員数もかなり多くなっています。

3.ペイターズ

ペイターズ
会員数150万人以上
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層30代~50代
女性会員の年齢層20代前半が8割
男女比率男性3:女性7
利用料金の詳細(iOSの場合)1か月:12,000円/月
運営会社会社名:株式会社amica
運営サポート24時間365日監視体制

ペイターズのおすすめポイント

  • パパ活アプリダウンロード数No.1
  • マッチング率が高く20代前半女性の割合が一番多い
  • ライブ配信でもアピールできる

ペイターズは20代前半女性が80%以上で、学生の割合がかなり多いパパ活アプリです。

男性の月額料金がパパ活アプリの中でも高く、お金のない男性が利用しづらくなっています。

顔出ししている女性も多くライバルが多いこともあり、マッチングはするけど人気の男性とはアポが取りにくいって口コミは多いですね。

マッチング後のメッセージで、どれだけ興味を引くか工夫することが大切です!

もっと本格的にガッツリパパ活で稼ぎたい女性は、こちらを参考にしてみてください。

まとめ

大学生でパパ活をしている女性は割と多く、20代前半女性がパパ活の中心世代になります。

パパ活アプリで最も需要がある世代になりますがライバルは多く、効率的にアポイントを入れるためにはプロフィールやメッセージのやり取りで工夫が必要になります。

大学生はパパ活アプリに登録すると、かなり早い段階で男性からのアプローチがあると思います。

パパ活アプリだと、自分の条件に合いそうな男性を探して自分からアプローチできるので、効率的に顔合わせを入れるには自分から行動することも大切です。

安全にパパ活するためにも、まずはパパ活専用アプリを利用して目標をもって活動してくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次