【悪用厳禁】Dine(ダイン)をパパ活アプリとして使うコツを暴露

Dineパパ活レビュー

Dineはパパ活に使えるの?と思っている方もいますよね。

結論から言うと、Dineはパパ活向けのアプリではありません。

20代が多いマッチングアプリであり、パパ活目的の人は非常に少ないです。

リリース直後はパパ活に使っていましたが、私も今は専用アプリへ切り替えています。

今回はDineがパパ活に向いていない理由とDineアプリの概要・特徴、パパ活する場合の使い方のコツを紹介します!

Dineを使ってみたい方や、Dineでパパ活してみたい方は参考にしてください。

\毎月15,000人が出会う/
Dine公式サイト

目次

結論:Dine(ダイン)はパパ活向けアプリではありません

Dineがリリースされたばかりの頃は、パパ活女子が皆こぞってDineに登録していました。

何を隠そう私もその1人。

最初のうちは、ハイスペ向けのアプリで交渉も不要、すぐに出会えるということでパパ活に使われていました。

基本的にご飯は男性が奢ってくれるし、お金持ちも多いからです。

しかし、徐々にDineの運営がパパ活への規約と監視を強化したことにより、今は余パパ活向きアプリではありません。

Dine運営もデートアプリとしてリリースしたのに、パパ活アプリと言われるのは嫌だったんだと思います。

機能的にはパパ活向けとも言えますが、今のDineは年齢層が若くなっていて、パパ活できる経済力がある人はあまりいません。

お金がある若者は、別にお手当を払わなくても若い女性といくらでもデートできるため、あえてパパ活しようとはしないでしょう。

以上の理由から、正直言ってDineはパパ活アプリとは言えません。

  • Dineはパパ活向けアプリではない
  • 公式でもパパ活は禁止!
  • 若者が多いので、そもそもパパ活したい男性自体が少ない

Dine(ダイン)とは?話題のデーティングアプリの概要

https://dine.app/

結論から言うとパパ活向けではありませんが、Dineの概要を解説します。

パパ活向けじゃないと言うだけで、マッチングアプリとしては超優秀です!

私もたまに、美味しいご飯が食べたいときやイケメンと会いたいときに使っていますよ。

それでは概要から解説していきましょう。

Dineの概要

アプリ名 Dine(ダイン)
運営会社 株式会社Mrk&Co
利用料金 女性:無料
男性
【Gold Plan】
25歳以下:1ヶ月3,900円(まとめ払いプランあり)
26歳以上:1ヶ月6,500円(まとめ払いプランあり)
【Platinum】
1ヶ月:6,500円(まとめ払いプランあり)
用途 恋活・デート
年齢層 20〜30代前半
HP https://dine.app/

Dineは、デートすることが目的のマッチングアプリです。

運営会社は株式会社Mrk&Coで、新規のベンチャー企業ですが、この数年問題もなく信頼できる企業だと思います。

25歳以下は少し安く登録できるなど、若い年齢層を積極的に呼び込もうとしているアプリです。

Dineはデートすることをテーマとしたマッチングアプリ

Dineは面倒なメッセージのやり取りを省いて、直接相手をデートに誘えるのが最大の特徴です。

アプリ上のプロフィールに「いきたいお店」を登録でき、お相手のプロフ上に表示されるお店カードをスワイプするだけでデートに誘える仕様。

詳しい日程などもお誘いするときに入力できるので、お互いにメッセージのラリーをしてデート予定を決める必要がありません。

Dineで選べるのは、おしゃれな高級店が多いです。

そのためパパ活用だ!と私たちに誤解された側面も大きいですね。

Dineは公的にはパパ活禁止だがパパ活女子はいる

Dineはオフィシャルではパパ活禁止で「金銭目的で異性に会うことを禁ずる」と規約に記載があります。

Dineは本格的にパパ活を禁止しており、パパ活しようとして使っている女性が大量にBANされると言う事件も。

実は私も一度メイン携帯で登録していたDineアカウントを削除されました。

理由はおそらくパパ活に使っており、相手とパパ活を匂わせる文言を使ってメッセージしていたからです(条件などと書いていたから?だと思います)。

運営さんは本気でパパ活を禁止しており、迂闊にお金の話やお手当の件を持ちかけると、アカウント利用停止になるのでDineはパパ活が非常に難しいです。

どうしてもDineでパパ活したい方は、LINEへ誘導してから交渉した方が良いでしょう。

Dineはイケメンとご飯を食べたいときに使うのが良い

私はDineは今は完全にデート用として利用しています。

パパ活目的ではなく、普通に美味しいご飯を奢ってもらう用途で使えば、素敵な男性と出会えますよ。

例えばこないだ私は28歳のIT系の役員さんと出会いました!

年収はこの年齢で1,000万円以上で、恵比寿の良いレストランを奢ってくれました♪

出会う男性の中でパパ活している人がいたらラッキーくらいのスタンスの方が気楽に使えると思います。

  • Dineはデーティングアプリ
  • 運営が厳しくパパ活を規制しているため、パパ活しづらい
  • 私も一度アカウント停止されたことがある
  • パパ活女子自体はいるが、パパ活する際は運営にバレないように細心の注意が必要
  • イケメンとご飯を食べる目的で使った方が使いやすい

\毎月15,000人が出会う/
Dine公式サイト

Dineでパパ活する方法!規制に引っかからないコツ

Dineでパパ活をするときは、以下の流れで行いましょう。

  1. Dineに登録する
  2. プロフィール登録をする
  3. 年齢確認を済ませる
  4. 30代後半以上の男性で絞り込みをかける
  5. 男性とマッチングする
  6. LINE交換する
  7. LINEでパパ活の交渉をする
  8. 顔合わせしてみる

私はDineはパパ活専用に使っていませんが、一応パパ活自体はできるので、運営にバレずにうまくやるコツも教えます!

Dineに登録する

まずはDineに登録しましょう。

DineにはWEB版がなく、アプリ版のみの提供になります。

まずは無料でアプリをDLし、DL完了したらホーム画面からアプリのアイコンを開いて立ち上げましょう。

プロフィール登録をする

DineのDLが終わったら、まずは画面に沿ってプロフィール設定をします。

登録方法は、FacebookやAppleサインイン、またはTwitter、SMS(電話番号)が選べます。

サインインした後は、Dineの簡単な説明が出てくるので確認して次へ。

その後はメインプロフィールを簡易登録して、規約などに同意して次へ進みましょう。

Dineは行きたいレストランをプロフィール登録します。

指定したエリアのお店が出てくるので、パパ活したい地域を選んでください。

例えば埼玉の人は東京、と言うようにざっくり大きいエリアを選ぶ仕組みになっています。

次に表示された中からお店を3つ以上選んで、登録していきます。

私は高ウマの店しか選んでいません(貧乏な人が寄ってきてもパパ活にならないから)。

ここで安いお店を指定すると、普通の出会い目的の人がアプローチしてくるので、パパ活だけしたいなら高いお店だけ選びましょう。

次にプロフ写真を登録します。

Dineはメッセージのやり取りなどは基本的にしないので、顔重視です。

もれた写真を選んでくださいね。

最後に自分の詳細プロフィールを入力します。

私は職場や学校名などは全て空欄にしています。

年齢確認を済ませる

登録が終わったらアプリを使い始める前に、設定ページから年齢確認を済ませましょう。

年齢確認が終わらなければ相手をデートに誘えない仕様になっています。

30代後半以上の男性で絞り込みをかける

次に、マイページの設定から検索条件を変更しましょう。

基本的にDineはおすすめの異性がトップページに表示され、上下にスワイプして「好き」「嫌い」を判別していく仕様。

通常のマッチングアプリのように検索条件を指定する機能はないので、設定で検索条件を指定しておく必要があります。

指定できる検索条件は多くありません。

私は地域と年齢のみ変えています。

Dineで指定できるのは年齢と性別・地域だけ。

若い人はパパ活はしていないことが多いので、35歳以上の人だけに絞り込みましょう。

35歳以上にしておくと、パパ活したい人を見つけやすくなります。

男性とマッチングする

次にトップページへ戻って、表示される男性たちにアプローチしていきます。

基本的に高いお店を指定している人だけにアプローチしましょう。

パパ活目的で登録している男性は、高いお店をプロフに表示させている傾向にあります。

いきたいお店を選んで、上にスワイプするだけで相手に「お誘い」がかかる仕様です。

相手も行きたいと思ってくれたら、デート日程を決めます。

このように予定の提案が届くので、日時が合えば承認。

日時が合わない場合は別の日を提案しましょう。

基本的にDineでデートする場合の工程はこれだけ。

ただしパパ活の場合は相手の目的を探る必要があるので、私は早々にLINE交換してしまいます。

LINE交換する

Dineはマッチングアプリなので、皆がパパ活目的かどうか分かりません。

私は早々にLINE交換して、相手の目的を探るようにしています。

マッチングした相手とは個別メッセージのやり取りができるようになるので、「当日の待ち合わせなどもあるので、LINE交換しませんか?」と聞いてみましょう。

LINEでパパ活の交渉をする

LINEを交換したら、相手の目的を聞いてみましょう。

「恋人探しですか?」などと質問していくと、大体相手の目的が分かってきます。

恋愛目的の人は「出会いを探してる」「飲み友達が欲しい」と答えることが多いです。

しかし、パパ活目的の人は「実はパパ活で」と正直に教えてくれます。

相手がパパ活目的の人なら、「私もです」と伝えましょう。

顔合わせしてみる

実際にDineで決めた日時に会ってみましょう。

顔合わせをしてみて、お互いに気に入ったら交際が始まります。

もしもLINEで目的を聞けずに直接会う場合は、顔合わせで相手の目的を探りましょう。

相手がパパ活目的でなければフェードアウトして次を探すようにしてください。

  • Dineはいきたいお店を指定していきなりデートに誘えるため、マッチングアプリとしては優秀
  • パパ活目的で利用する場合は、行きたいお店は「高ウマ」ジャンルだけを選ぶ
  • パパ活の話をアプリ上ですると運営に規制をかけられる可能性があるため、基本的にLINEでお手当交渉する

\毎月15,000人が出会う/
Dine公式サイト

Dineよりも専用アプリでのパパ活がおすすめ

Dineは出会い目的、またはデート目的の男性が多いのでパパ活しづらいです。

詳細プロフィールはありますが、自己紹介文や掲示板機能がないため、相手の目的をアプリで探ることができません。

私としてはDineはお遊び用として使い、他のパパ活アプリを使った方が効率的だと思います。

Dineよりも使いやすいパパ活専用アプリを使いましょう。

私がおすすめしているパパ活アプリは、以下の記事でまとめているので参考にしてください。

今人気のパパ活アプリおすすめランキング!年代・男性別も徹底解説!

Dineはパパ活よりデート向けアプリ!パパ活は専用アプリを使いましょう

Dineはデート向けアプリで、パパ活はややしづらいです。

ハイスペックイケメンと出会える可能性はありますが、若い人が多いのでパパ活向けではないでしょう。

どうしてもパパ活したい人は、Dineで高いお店だけを指定して、35歳以上に検索条件を指定してください。

Dineアプリ上でパパ活について話すとBANされる可能性があるので、LINEで詳細を話すのを忘れないようにしましょう!

\毎月15,000人が出会う/
Dine公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次