パパ活アプリおすすめランキング

パパ活が違法になるのはどこから?犯罪になるパターンや回避策を解説

パパ活は違法?

パパ活を始めたいけれど、「パパ活ってもしかして、違法じゃないの?」と不安になることもありますよね。

結論から言えば、パパと食事やデートをしてお手当をもらうだけの「パパ活」をすること自体は、違法ではありません。

しかしその一方で、デートの相手や内容によっては法律に引っかかってしまうこともあります。

パパ活が違法になるのはどこからなのでしょうか。

犯罪になってしまうパターンと、その回避方法について、詳しく解説します。

パパ活アプリ選びで迷う方へ

パパ活アプリって本当に良いものも怪しいものもありますので注意してください。ナイトガーデンスタッフが全部つかって、さらにアンケートを取った中で質が高いのは「シュガーダディー」です。男性も女性もここからスタートすれば安心です。

目次

パパ活は違法じゃない!食事のみならほぼ問題なし

そもそもパパ活とは、夢のある女性が、経済的に余裕のある男性=パパと一定時間を過ごし、対価としてお手当を得る活動のこと。

基本的にパパ活は、食事やショッピングなどのデートのみで、性的な関係は含まれません。

お小遣いをもらって、男性をエスコートするだけの仕事ととらえれば、パパ活自体には何ら違法性はありません。

つまり、成人した男女による通常のパパ活だけであれば、法律的には何の問題もないのです。

パパ活が犯罪になるラインを表で解説

では、どのような場合、パパ活が「犯罪」となってしまうのでしょうか。

まずは簡単に、表にまとめてみます。

未成年(18歳未満) 成人(18歳以上)
デートのみのパパ活 保護者の同意がないとみなされると
未成年者誘拐罪になる場合がある
特定のパパとのみの
大人ありのパパ活
× 女性は補導
パパは逮捕
不特定のパパとの
大人ありのパパ活
× 女性は補導
パパは逮捕
× 売春防止法違反
ただし罰則はなし
既婚パパと
デートのみのパパ活
保護者の同意がないとみなされると
未成年者誘拐罪になる場合がある
既婚パパと
大人ありのパパ活
× 女性は補導
パパは逮捕
× 不倫とみなされ
慰謝料を請求される可能性あり

体ありのパパ活は違法?売春の定義について

体ありのパパ活で心配される、「売春」ですが、そもそもどのような定義があるのでしょうか。

売春は、売春防止法で、以下のように定められています。

“ 「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。”

つまり上記の表のように、複数のパパがいても体の関係を持っているのが1人だけなら売春に当たりませんが、数人のパパと体の関係を持ってしまうと、「売春」に当たる可能性があります。

パパ活女子が違法性を問われるパターン

では、実際にパパ活で違法性を問われるのは、どのような場合なのでしょうか。

パパ活女性の場合、主に5つのパターンで法令違反に問われる可能性があります。

  1. 未成年の女性がパパ活した場合
  2. 手が既婚者の場合
  3. パパに嘘をついてお金を騙し取る
  4. エッチさせると信じさせてお金だけ取って逃げる
  5. 複数人のパパと体ありでパパ活する

それぞれ詳しく確認してみましょう。

未成年の女性がパパ活した場合

2022年4月1日に、成人年齢が20歳から18歳に変更されました。

18歳未満の女性は「未成年」、つまり法律上ではまだ「子ども」であると定義されます。

子どもは、大切な契約などを自分では判断することができないとみなされます。

そのため、未成年女性がパパ活をすると、危険なことから守るという意味から「補導」をされてしまいます。

未成年の女性がSNSなどでパパを募集すると、「サイポリ(サイバーポリス)」と呼ばれる警察官が捜査を行い、警告を送られたり、おとり捜査で補導されたりという可能性があります。

相手が既婚者の場合

パパ活では、相手が既婚者である、というのはよくあること。

もしパパが既婚者だった場合、大人の関係ありのパパ活をしてしまうと、不貞行為として慰謝料を請求される場合があります。

不貞行為とは、相手が既婚者だと知りながら体の関係を持った時に成立します。

刑法における罰則はありませんが、民法第770条1項に、不貞行為が離婚事由になると定められており、夫婦関係を破綻させる理由を作ったということから、慰謝料請求が認められています。

慰謝料の相場は

  • 離婚してしまった場合:200~300万円
  • 別居してしまった場合:100~200万円
  • 離婚しなかった場合:50~100万円

となっています。

また、これは女性側が既婚者であっても同じこと。

配偶者がいる女性とパパ活をしてしまうと、夫から慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

高額な慰謝料を請求されないように、男女ともに注意する必要があります。

パパに嘘をついてお金を騙し取る

「家族が入院してしまったから」「看護師になりたいけどお金がなくて」

最近では親密な関係になった男性に嘘をついて、高額をだまし取る女性のことを、「頂き女子」と呼ぶそうです。

一見かわいらしい名前ですが、当然これは詐欺。

刑法第246条には

“人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。”

と定められていて、警察に逮捕される可能性があります。

さらに、パパからは受け取った金額以上の損害賠償を請求されることも。

また、パパ活としてパパを募集した上で、まったく関係のない金融商品やセミナーなどに勧誘する行為も、「デート商法」として特定商取引法違反になる可能性があります。

エッチさせると信じさせてお金だけ取って逃げる

パパにエッチさせてあげると約束してお金を受け取った上でホテルに行ったけれど、パパがシャワーを浴びている間に逃げてしまった……

これも、立派な詐欺罪です。

さらに、パパのお金や貴金属を取って逃げてしまうと、窃盗罪にもあたります。

中には、エッチの約束をしてホテルまでついてきたけれど、怖くなって帰りたくなったという女性もいるかもしれません。

そういう場合は、必ず受け取ったお金を返してから帰る必要があります。

お金だけ持ち帰ってしまうと、訴えられてしまう可能性もあるため、気を付けましょう。

複数人のパパと体ありでパパ活する

前記の通り、複数のパパと体の関係を持ってしまうと、売春防止法違反となります。

ただ、売春防止法は、斡旋した場合のみ罰則があるため、女性は逮捕されても刑事罰に問われることはほとんどありません。

売春は生活に困った女性が多く行ってきたので、刑罰よりも保護を考えるという観点から、補導されるだけです。

ただし、パパを道端で探したり、大人ありを要求して付きまとったりすると、売春勧誘罪が適用され、6月以下の懲役刑又は1万円以下の罰金刑が科される可能性があります。

また、複数の女性を集めて大人ありのパパ活の相手を紹介したりすると、二年以下の懲役又は五万円以下の罰金に処される可能性があるため、注意が必要です。

パパが違法性を問われるパターン

一方、男性側は

下記3つのパターンで違法性を問われる場合があります。

  1. 未成年の女性とパパ活した場合
  2. 相手が既婚者の場合
  3. 合意なく性行為に及んだ場合

こちらも確認してみましょう。

未成年の女性とパパ活した場合

18歳未満の女性は、未成年=まだ子どもと認定されます。

そのため、以下のような多くの法律で守られています。

  1. 児童福祉法
  2. 児童買春・児童ポルノ法
  3. 未成年略取・誘拐罪
  4. 青少年健全育成条例

それぞれ詳しくご紹介します。

児童福祉法への違反

児童福祉法とは、その名の通り、児童の福祉を保障するための法律。

34条1項6号では児童に淫行をさせる行為を禁止しており、違反すれば10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又は併科が科されます(同法60条1項)

大人ありのパパ活だけでなく、キスやプチと呼ばれる性交を伴わない性的サービスだけでも、違反となります。

児童買春・児童ポルノ法の違反

未成年の女性を相手に体の関係を持ってしまうと、児童買春・児童ポルノ禁止法違反となります。

18歳未満の女性と性的行為を持ったり、お金を払ってみだらな行為をしたりすると、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金が科せられます。

これらは、相手が未成年であると認識していなくても適用されてしまう法律

例えば、17歳の女性が「20歳です」と嘘をついて、体ありのパパ活をしてしまうと、たとえ相手の子がどんなに大人っぽく見えたとしても、児童買春に該当するため、注意が必要です。

未成年略取・誘拐の罪

未成年略取罪と誘拐罪は、親の承諾を得ることなく未成年者を連れ出したり行動を共にしたりすることを禁止する法律です。

刑法第224条では「未成年者を略取し、又は誘拐」することを禁止しており、違反すれば3月以上7年以下の懲役に処せられます。

これは、体の関係の有無に関わらず、適応される法律。

例えば、16歳の地方に住む女子高校生から、
「家出をしたので泊めてくれるパパを募集します」

というメッセージをもらって自宅に泊めてあげただけでも、この法律で罰せられます。

青少年健全育成条例への違反

青少年健全育成条例は、青少年保護のために国ではなく各都道府県が制定する法令です。

内容や文言は各自治体で若干異なるものの、未成年者に対して淫行やみだらな行為、わいせつな行為などを規制する条例です。

例えば東京都では、「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」と規定されていて、違反者にはと2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

また、東京都では22時以降に未成年者を連れ歩くことを禁止しています。

元々未成年者を親の同意なく連れまわしてしまうと、未成年略取・誘拐の罪に問われる可能性があるため、未成年の女性とのパパ活はおすすめできません。

どうしても未成年のパパ活女子とデートする時は、22時までに家に帰すように注意しましょう。

相手が既婚者の場合

男性と同じく、女性側が既婚者であった場合も、体の関係を持ってしまうと不貞行為とみなされます。

もし、男女共に既婚者だった場合、双方から慰謝料の請求をされる可能性があります。

既婚者のパパ活については、こちらの記事もご参照下さい。

合意なく性行為に及んだ場合

合意のない性行為に対しては、その行為の程度によって、以下の通り定められています。

①強制わいせつ罪(刑法第176条)

“十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。”

②強制性交等罪(刑法第177条)

“十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛(こう)門性交又は口腔(くう)性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。”

同意のない状態で、暴力や脅迫をされてわいせつな行為をされた時は、①が適応されます。

性器や口、肛門に性器を挿入した場合は、②の強制性交等罪が適応され、さらに罪が重くなります。

また、お酒やデートドラッグを飲まされる等、抵抗できない状態になっている女性と性交すると、以下のような法律が適用されます。

③ 準強制わいせつ及び準強制性交等罪(刑法第178条)

“人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。

2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。”

さらに、相手の女性が強制わいせつによって怪我をしたり死んでしまったりという場合には、より罪の思い「強制わいせつ等致死傷罪」が適用されます。

これらの法律を見て、「レイプのようなことをしなければ大丈夫でしょう」と思うかもしれませんが、女性が「恐怖を感じた」という感情のみで、この法律が適応される可能性があります。

例えば、女性が嫌がる素振りを見せなかったので、車に乗せて胸を触った、という場合でも、女性が「無理やり車に乗せられて、恐怖を感じた。

逃げられない状態で、胸を触られた」と言えば、①の強制わいせつ罪に問われることも。

合意がない時は、性交はもちろん、体を触るようなことは避けた方が無難です。

なお、すべての条項に13歳という年齢が設定されていますが、これは13歳未満であれば、暴行や脅迫について説明をしなくても罪に問えるため。

13歳未満は、「抵抗できない状態であった」という証明は難しいという観点から、事実が立証さえできればこの罪に該当します。

パパ活での違法行為が判明するのはどんなとき?

様々な違法行為があるパパ活。

違法行為が判明してしまうのには、

  • 未成年の親が警察に通報する
  • 未成年が警察に通報する
  • 合意なく性行為に及んだ女性からの被害届など
  • お金を騙し取られた男性複数人からの被害届
  • サイバーポリスによる取り締まり・囮捜査

というケースがあるようです。

注意するためにも、それぞれ確認しておきましょう。

未成年の親が警察に通報する

未成年の女性とわいせつな行為をして、その親が警察に通報すると

  1. 児童買春・児童ポルノ法違反
  2. 未成年略取・誘拐

の疑いで、捜査・逮捕される可能性があります。

前述の通り、児童買春については、たとえ相手が未成年であると認識していなくても逮捕されてしまうので、特に注意が必要です。

また、相手が未成年と知りながら、親の承諾なしにデートをしただけでも、未成年略取・誘拐の罪に問われてしまう可能性も。

未成年者とパパ活をしないためにも、パパ活の相手は身分証明書の提示が必要なサービスを利用することをおすすめします。

未成年が警察に通報する

未成年の女性とわいせつな行為をして、その本人が警察に通報しても、

  1. 児童買春・児童ポルノ法違反
  2. 未成年略取・誘拐

の疑いで、捜査・逮捕される可能性があります。

刑法に対する違反行為の場合、訴えた女性が未成年であっても受理されます。

上記の親が訴えた時と同様、相手が未成年であると認識していなくても罪に問われるので、未成年とのパパ活は避けた方が無難でしょう。

合意なく性行為に及んだ女性からの被害届など

女性の合意なく性行為に及んでしまうと、女性から

  • 強制わいせつ罪
  • 強制性交等罪
  • 準強制わいせつ及び準強制性交等罪

などで被害届を出される可能性があります。

前述の通り、これらの罪は逮捕される可能性が非常に高く、有罪になるとかなり重い刑が科せられます。

被害者から被害届が出されるケースが大半ですが、場合によっては現行犯としてその場で逮捕されてしまうことも。

逮捕方法はそれぞれ、以下のような違いがあります。

現行犯逮捕

現在罪を行っている人、または行った直後の人を逮捕すること。

現行犯は、警察でなくても逮捕することができるので、女性の合意なく性行為やわいせつな行為をした時は、本人はもちろん、周辺にいる人や、助けに入ったホテルスタッフなどに逮捕されることがあります。

後日逮捕

現行犯逮捕以外に逮捕されることを、法律上では後日逮捕といいます。

事件のあった後日、被害者が被害届や告訴状を警察に提出すると、警察は裁判所を通じて逮捕状を請求し、その逮捕状に基づいて被疑者を逮捕します。

自分は合意の上だったと思っても、相手にとってはそうではなかったと被害届を出されるケースも少なくありません。

特に、以下のようなシチュエーションで、警察に被害届を提出されることがあるようです。

  • 会った当日に性行為を行った
  • 酔った勢いに性行為を行った
  • 夫や彼氏などのパートナーや家族にバレてしまった

加害者にならないためにも、大人の関係を持つ時には、女性側の意思をしっかり確認することが大切です。

また、女性側も被害者にならないために

  • 顔合わせ当日には性的関係を持たない
  • パパ活中はお酒を飲みすぎない
  • 行為中に写真を撮らない、取らせない
  • 大人の関係を持ちたくない時はしっかりと断る

などの自己防衛が大切です。

そして、被害に会った時は泣き根入りせず、警察や弁護士に相談しましょう。

お金を騙し取られた男性複数人からの被害届

パパ活では、女性側が加害者になることもあります。

「夢のために使うから」と偽ってパパからお金を借りて返さなかったり、「エッチさせるから」と約束してホテルから逃げてしまったり。

こういった行為は詐欺罪などあたり、特に複数の人に同じようなことをしていると、刑事事件として逮捕される可能性が高くなります。

通常、男女間における金銭トラブルは民事事件となるため、民事不介入の警察はあまり積極的には動いてくれません。

しかし、複数人から同じような被害届が提出されると、警察は詐欺と判断して捜査を開始する可能性があります。

逆に男性側としては、加害者の女性が他にも多くの男性を騙していそうな場合は、弁護士を通じて他の被害者を探してもらい、一緒に被害届を出すことで警察に捜査を促すことが可能となります。

詐欺罪は認められてしまうと、懲役が科せられる重罪です。

安易に男性をだましてお金をとるような行為は絶対にやめましょう。

また、男性側も、女性にお金を渡す時は慎重になることが大切です。

特に前者のようなケースは詐欺被害となりますので、あきらめずに警察や弁護士に相談してみましょう。

サイバーポリスによる取り締まり・囮捜査

サイバーポリス(サイポリ)とは、警察庁にあるサイバー犯罪(ハイテク犯罪)を捜査する部署のことで、インターネット上で起きる犯罪を取り締まっています。

パパ活においては、主に未成年の性犯罪被害を防ぐために、TwitterなどのSNSや出会い系の掲示板の書き込みを見回っています。

未成年者のパパ活女子に対するサイバーポリスの対応は、主に2つ。

①パパを募集する書き込みに対して警告を出す

明らかに未成年とわかるパパ活女子の書き込みを見つけると、「児童買春などの被害につながるおそれがあります」という警告メッセージが送られます。

もしこれを無視して書き込みを続けると、アカウントが凍結されてSNSが利用できなくなります。

② 囮捜査で補導される

サイポリは囮捜査も行っております。

実際にサイポリの囮捜査に合った人に話を聞くと、優しそうなパパだと思って待ち合わせの場所に行くと、女性捜査官を伴った男性にその場で補導されてしまったそう。

サイポリに補導されると、

  • スマホを没収される
  • 写真を見られる
  • SNSのアカウントをすべて調べられ、メッセージのやり取りも読まれる

など、見られたくないものをすべて確認される可能性があります。

また、保護者にはほぼ100%連絡され、あまりにも補導回数が多いと学校に通報されることもあるようです。

サイポリの補導を受けないためなのはもちろんですが、相手の女性が未成年者とわかっていながら「パパ活をしよう」などと誘う大人は、危険な人物である可能性が非常に高くなります。

また、未成年ではないと嘘をついてパパを誘ってしまうと、パパを犯罪者にしてしまう可能性も。

少なくとも大人ありのパパ活は18歳以上になってから、それも不特定多数ではなく1人のパパとのみ行うようにしましょう。

違法じゃないパパ活をするために覚えておくべきこと

本来ならば、男女ともに楽しい時間を過ごすべき、パパ活。

どちらか片方にだます意図や悪意があると、犯罪という好ましくない結果に発展してしまいます。

被害者に、または加害者にならないためには、以下のようなことに注意することが大切です。

  • SNSでパパ活しない
  • 未成年はパパ活しない
  • 既婚者とパパ活する場合は配偶者バレ対策を徹底する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

SNSでパパ活しない

パパ活相手を募集する時、TwitterなどのSNSを活用しているという人も少なくないはず。

しかし、SNSこそ、トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性が高いので、男女ともに利用はおすすめしません。

その理由は

  • 相手の身元が確かではない
  • 未成年者が利用している
  • 安全性が確保されていない

など。

SNSは利用者の自由度が高いのが魅力ですが、その一方で身分を偽って利用することも可能です。

相手が犯罪を目的としている人や、成年を装った未成年者である可能性も、ゼロではありません。

マッチングアプリなどよりも圧倒的に利用者や書き込みの数が多いので、運営側の手が回らず、そういった犯罪や売春に関わる書き込みや、未成年者によるメッセージがスルーされてしまっていることも。

利用者が多く、一見パパ活の相手を簡単に募集できそうなSNSですが、利用には注意が必要です。

Twitterを利用したパパ活の危険性については、こちらの記事もご参照下さい。

一方、パパ活アプリやサイトを使うと、相手の身元もはっきりしている上、未成年は登録できないため、安心です。

売春を助長するような書き込みや犯罪になりそうな情報などは、サイト管理者によって厳しく監視されているので、犯罪に巻き込まれるリスクも低くなります。

おすすめパパ活アプリ:ペイターズ(paters)

paters

引用:https://matching-affi.jp/link.php?i=pgpq0ovbhq0g&m=mh3wi5hhvwrh

数あるパパ活アプリの中でも、会員数No.1のペイターズ(paters)。

何と、2022年時点で100万人以上もの会員が利用している、大人気のマッチングサービスです。

利用者が犯罪に巻き込まれないよう、運営側が常に安全対策に取り組んでいます。

投稿は事前審査が行われ、不適切な書き込みがされないように24時間365日体制で監視。

東京都公安委員会にインターネット異性紹介事業を提出して、万が一のトラブル時にも対応してもらえます。

ペイターズの詳しい紹介は、こちらの記事もご覧ください。

\会員数No.1パパ活アプリ/
ペイターズ公式サイト

未成年はパパ活しない!

18歳未満の未成年者とパパ活をすると、パパ側も女性側も法律や条例に引っかかってしまう可能性があります。

男性側として、大人ありのパパ活をするのは、言語道断!

児童買春罪、児童ポルノ法違反、未成年略取、誘拐など、様々な罪に問われる可能性があります。

未成年者とのパパ活は、たとえお茶をして食事をするだけのデートだとしても、親からの通報があれば捜査対象となります。

また、女性側としても成人女性以上に危険な目に合う可能性がありますし、サイバーポリスの囮捜査で補導される危険があります。

未成年相手のパパ活はもちろんですが、女性側も未成年であるうちは、パパ活は避けた方が無難です。

おすすめパパ活サイト:シュガーダディ(SugarDaddy)

sugardaddy

引用:https://sugardaddy.jp/

成功した男性と魅力的な女性に、「ワンランク上の上質な出会い」を提供するパパ活専用マッチングサイト、シュガーダディ。

SNSでは「シュガダ」と呼ばれている程、パパ活ではおなじみのマッチングサービスです。

本人確認を徹底しているため、万が一のトラブル時にも運営に相談しやすいのが魅力。

また、未成年者に登録させないために徹底した対策を行っており、公式サイトには18歳以上の確認をするための詳細な解説を1ページに渡って紹介しています。

運営による24時間パトロールも行われており、自己紹介文やプロフィール写真などを厳しくチェック。

犯罪が少ないシステム作りに力を入れているため、安心して利用することができます。

シュガーダディの詳しい紹介は、こちらの記事をご覧ください。

\「ワンランク上の上質な出会い」を提供するパパ活専用マッチングサイト/
シュガーダディ公式サイト

既婚者とパパ活する場合は配偶者バレ対策を徹底する

既婚者とのパパ活は、刑法的には何の罰則もないものの、不貞行為として民事的な観点から慰謝料を要求されるリスクがあります。

それは、パパ側が既婚者であっても、パパ活女子側が既婚者であっても同じこと。

そりようなリスクを避けるためにも、パパ活では、既婚者とは体の関係を持たないという選択肢も大切です。

性的関係がなければ慰謝料を支払わなくてよいケースの方が多いため、配偶者がいるとわかっている相手とは、そのことを理由に大人の関係を持たないようにしましょう。

しかし、どうしても大人ありのパパ活をしたい場合には、絶対にバレないよう、徹底的に対策をとることが大切です。

ホテルには別々に入る、部屋以外では一緒に行動しない、二人の写真を撮らないなど、相手側に証拠となるような行動は絶対にしないでください。

しかし、それでもリスクはゼロではありません。

特に女性側は、せっかくお金のためにパパ活をしているのに、慰謝料を払ってしまってはむしろマイナスになってしまいます。

不倫の慰謝料はかなり高額なので、既婚者とは体の関係を持たず、デートは食事程度にとどめておくのが良いでしょう。

おすすめアプリ:paddy67(パディロクナナ)

paddy67

引用:https://www.paddy67.today/

paddy67(パディロクナナ)は、「理想のパートナーをすぐに探せる」をテーマにしたマッチングアプリ。

ユーザー評価が4.0以上もある満足度の高いサービスで、毎日10,000組ものペアが生まれているマッチング率の高さが魅力です。

paddy67のプロフィール上には結婚欄があり、既婚者か未婚者かを設定することができます。

この機能により、既婚者との大人ありのパパ活を避けることができます。

また、運営による年齢確認が必須化されたため、未成年の登録がありません。

安全性の高さも、paddy67の魅力です。

paddy67の詳しい紹介は、こちらの記事をご覧ください。

\「理想のパートナーをすぐに探せる」をテーマにしたマッチングアプリ/
paddy67公式サイト

まとめ

食事やデートを楽しんでお小遣いをもらうだけであれば犯罪ではないとわかった一方で、状況や相手によっては法律違反となってしまうパパ活。

トラブルに巻き込まれないためにも、少しでも危ないと思ったらパパ活を中止する勇気も大切です。

そして、パパ活を安全に行うためにも、身元が確かで未成年がいないパパ活アプリやサービスを上手に活用することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次