パパ活アプリおすすめランキング

パパ活と援交の違いを解説!援交女子と呼ばれないためにすべきこと

パパ活と援交の違い

パパ活をやってみたいと思うけど、詳しく調べれば調べるほど「これって援助交際とどう違うの?」という疑問が湧いてくる人もいるでしょう。

実際にネット上でパパ活女子は「援交女子」などと呼ばれて気持ち悪がられているのも事実です。

聞ざわりのいい言葉にすり替えても、援助交際と同じことをやっているのかと思うと抵抗感はありますよね。

ただ、基本的にパパ活は、男性と一緒に食事や買い物デートをしてお手当をもらうものなので、大人の関係を前提とした援助交際とは根本的に異なります。

そもそもパパ活と援助交際では、男性が女性に求めるものが違いますし、もらえるお手当にも大きな差があるのです。

今回の記事では、パパ活と援助交際の違いについて、そして援交女子と呼ばれないために注意すべきポイントを紹介します。

パパ活が援助交際に似ていると思っている方は、そのイメージが変わるはずですよ。

パパ活アプリ選びで迷う方へ

パパ活アプリって本当に良いものも怪しいものもありますので注意してください。ナイトガーデンスタッフが全部つかって、さらにアンケートを取った中で質が高いのは「シュガーダディー」です。男性も女性もここからスタートすれば安心です。

目次

パパ活と援交とは?定義を確認

パパ活と援助交際は「男性が女性にお小遣いを渡す」という部分が同じであるため、似たようなものだと思っている方がとても多いです。

確かにお小遣いがもらえる点は同じですが、この二つはまったくの別物なのです。

パパ活と援助交際は何が違うのか?

まずはその定義を確認しておきましょう。

パパ活とはデートの代償に経済的支援をしてもらうこと

パパ活はお金持ちの男性を「パパ」と称して、一緒に食事や買い物デートなどを楽しみ、その代償としてお手当をもらうことを言います。

大人の関係をイメージする方が多いですが、パパ活の主な目的は、二人で一緒にいる時間を楽しむことにあります。

お互いの意見が一致すれば、パパ活でも大人の関係を持つこともあるため、より多く稼ぎたいという女子は「エッチあり」のパパ活をやっているのです。

パパ活女子は20代前半~30代前半の女性が多く

男性は

  • 「会社経営者」
  • 「投資家」
  • 「医者」
  • 「弁護士」
  • 「エリートサラリーマン」

といった経済力のある本物のお金持ちの人が多い傾向にあります。

パパ活のやり方としては、主にパパ活専用アプリを利用して行います。人によっては交際クラブやラウンジでパパ探しをする場合もあります。

援交とはお金と引き換えに性的関係を持つこと

一方、援助交際は大人の関係を目的としてお金を渡すこと。

男性は「女性とエッチがしたい」という明確な目的があり、女性もそれがわかったうえで男性と会うことになります。

援助交際を行う場合、出会い系サイトやSNSをメインに利用して相手男性を募集することが多く、それゆえ男性の素性が不明なためリスクが高いというデメリットがあります。

援助交際をしている女子は、「ブランド品を買うお金がほしい」「遊ぶお金がほしい」といった理由で始める人が多く、風俗店などで働けない若い世代の女子がほとんどです。

そのため、変な男性に引っかかって、未成年者や学生などがトラブルに巻き込まれるケースもあります。

援助交際をする男性の肩書きや職業はさまざまですが、本物の富裕層の方はまずいないと言っていいでしょう。

パパ活と援交の違いとは

パパ活と援助交際における違いはさまざまありますが、主なものは以下の通りです。

  • 性的関係が前提となっているか
  • 性的関係を持つ相手が複数人か
  • 男性がお金を払う理由は何か
  • 女性のレベル
  • 男性の質
  • リスクの高さ

では、それぞれ見ていきましょう。

性的関係が前提となっているか

パパ活と援助交際の最大の違いは、性的関係が前提となっているかどうかです。

援助交際はエッチすることが前提となっているため、女性もその覚悟を持って男性とのデートに臨むことになります。

男性は性欲を解消させることが目的なので、「とにかくエッチできればいい」というスタンスで行われます。

そのため女性に対して食事やデートなど多くを求めることはありませんが、肉体関係は必須。

そして、定期的に会う約束をするのではなく、「一度きりの関係で終わることがほとんど」というのも大きな特徴です。

パパ活も大人の関係を持つ場合がありますが、本来は経済的支援を目的に行うため、エッチなしでもできます。

性的関係を持つ相手が複数人か

基本的にパパ活は複数人と大人の関係を持ちません。

多くの男性の中から「この人となら楽しくやっていけそう」と思った人とパパ活することになるので、割り切った関係ではあるものの、そこにはお互いに「情」を感じています。

なので、中には複数の男性と同時にパパ活を行っている女子もいるにはいますが、通常は1人のパパと長く関係性を続けるケースが多いです。

一方、援助交際は、デートや食事を楽しむといったこともなく、エッチだけを目的としており、「定期契約」などの概念もなく、1度きりの関係で終ることがほとんど。そのため、次から次へと男性と関係を持つ女性が多くいるのです。

男性がお金を払う理由は何か

パパ活の場合、女性の夢を応援するという視点があります。

「留学するために費用を貯めている」「将来お店を持つための開業資金を作りたい」といった夢がある女性を、パパが支援するということです。

パパ活で出会う男性は、自分自身は成功して裕福なので、若い女性を応援したいという気持ちがあり、そのためにお金を払うことに喜びを感じるのです。

他にも、食事やデートをすることによって「疑似恋愛」を楽しみたいという思いもあります。自分が理想とする魅力的な女子と、恋愛している気分をパパ活で味わっているのです。

一方、性的関係を持つことを前提に、エッチをさせてくれたお礼として男性がお金を支払うのが援助交際。風俗やキャバクラ遊びの延長のような感覚で、プロではなく素人の女性を相手に同じようなことをして楽しみたい男性が行うのです。

ただし、パパ活と違ってお金持ちの男性はほとんどいないのでお手当は少なめ。食事をする場所やホテルなどのランクも下がります。

お手当を弾むことができない分、「女子の容姿にはあまりこだわらない」という人が多いのも特徴です。

女性のレベル

女性のレベルはパパ活女子の方が高いです。

パパ活はモデルやアイドル、女優の卵などもやっており、いわゆる「普通の女の子」ではハイスペックな本物のお金持ちパパの彼女になるのは、かなりハードルが高いのが現状。

お金持ちのパパたちは、普段出会う機会のあまりない容姿の優れた素人女性と一緒に、楽しい癒しの時間を過ごしたいと願っているのです。

また、ラグジュアリーな空間に連れていっても恥ずかしくない品の良さや、パパの話についていける知識の広さや教養なども求められます。

パパ活に比べて援助交際はエッチをすることが前提ということもあり、容姿に自信がない女子でもできます。

援助交際をする男性が「女子の容姿に高いクオリティを求めていない」ということもあり、わりと誰でも参入できるというのが現状です。

男性の質

パパ活の方が圧倒的に男性の質も良いです。

パパ活はパパ活専用アプリや交際クラブなどを利用して行いますが、男性が登録するためには職業や収入を証明する必要があり、そうした厳しい審査をクリアした男性だけが集まっているのです。

そのため、男性会員は

  • 「会社経営者」
  • 「大手企業の役員」
  • 「医者」
  • 「弁護士」
  • 「芸能関係者」

など、社会的に成功している富裕層ばかり。

お金を持っているだけでなく、いろいろな経験をしていたり、教養レベルも高いので話も面白く、振る舞いも紳士的という特徴もあります。

援助交際の場合はパパ活と比べてお手当相場が低いため、本物のお金持ちはほぼいません。

援助交際をしている男性は、風俗に行くお金を援交に使っているだけなので、基本的にケチです。

パパ活男性のように、高級なお店に連れて行ってくれたり、プレゼントをしてくれることもなく、ホテルに行ってエッチをするだけです。

なので年収300万円くらいの男性でもできますし、紳士的な人もあまりいないというのが現状ですね。

リスクの高さ

援助交際は複数人とお金のためにエッチをするので、売春の定義に当てはまります。

その場合、未成年の女性であれば補導されるリスクがあり、たとえ成人であっても何度も繰り返して常習性があると、更生施設に送られる可能性もあります。

男性側も、児童買春・児童ポルノ処罰法に抵触し、罰せられるケースもあるので注意が必要です。

また、パパ活の場合は、アプリ内でのメッセージのやり取りを経て、マッチングしてから男性と会うので、会う前からある程度男性の情報がわかっています。

しかし援助交際の場合は、会う前に男性側の情報をほとんど教えてもらえず、どのような相手が来るのかわからないというリスクがあります。

このような理由から、援助交際のほうがリスクは高いと言えるでしょう。

既婚者男性とのエッチは注意が必要

ただし、大人の関係ありのパパ活の場合は「不貞行為」として慰謝料請求の対象になるので、ここだけは注意が必要です。

つまり、既婚者と性的関係を持つと、不倫になってしまうわけです。

その場合に、もし男性の奥さんにバレてしまうと、慰謝料を請求される可能性があります。

援助交際は1回限りの関係がほとんどですが、パパ活の場合は1人の男性と関係を続けるため、奥さんにバレるリスクも高くなります。

既婚者男性とエッチありの関係を持つ時は、こうしたリスクがあることを覚えておきましょう。

パパ活と援交が同一視される理由

パパ活と援助交際にはさまざまな違いがあります。

それなのに同じもののように見られるのはなぜなのか?

その理由を解説していきます。

  • 楽して稼ぎたい女性とヤリたいだけの男性が増えた
  • パパ活市場の人口増加で大人の関係を持つ女性が増えた
  • パパ活被害の増加

楽して稼ぎたい女性とヤリたいだけの男性が増えた

パパ活は男性と食事やデートをするだけで高いお手当をもらうことが可能です。

最初の顔合わせでさえ、お茶をしながら1時間程度お話をするだけなのに、5,000円~10,000円ももらえるので「パパ活は楽に稼げる」と興味を持つ人が増えるのです。

大人の関係ありのパパ活であれば、さらにお手当の額がアップします。

お金持ちの太パパ・神パパと定期契約でもすれば、月に50万円以上稼ぐことも可能。

必死に働かなくても多くのお金を手にすることができるので、「楽して稼ぎたい」と考える女子が、エッチありのパパ活をやるようになるのです。

また、ただただ若くて可愛い女性とエッチしたいだけの男性も増えています。そうした質の低いパパは、女の子の夢を応援したり、デートを楽しんだりすることなど頭になく、「ただ性欲を満たせればそれでいい」と考えているのです。

そうした事情などがあり、パパ活と援助交際の境界線が曖昧になってきて、同じようなものに見られてしまっているという現状があります。

パパ活市場の人口増加で大人の関係を持つ女性が増えた

もともとは労働しなくてもお金が稼げるというシンプルな理由で女子たちが始めたパパ活。

その後、パパ活専用アプリが次々と登場したり、パパ活がメディアに取り上げられる機会が増えたりするなどの影響で、一気にパパ活市場の人口が増えていきました。

メディアでは「デートをしただけで3万円」「月のお手当30万円」など、パパ活の華やかな部分ばかりを紹介するので、それを見ると「自分もやってみたい」と興味を持つ女子が増えるのも当然ですね。

そうしてパパ活女子の人口が増えた結果、食事やデートするだけでなく、大人の関係を持つ女子も増加しました。

そのように、エッチありのパパ活を行う女子が増えたことで「パパ活=援助交際」というイメージも広がっていったのだと思われます。

パパ活被害の増加

パパ活人口の増加にともない、男性から被害に遭う女子も増えてきています。

パパ活をやっている男性はお金持ちが多く、社会的にも成功している立場なので紳士的なタイプがほとんどですが、中には質の低いパパがいるのも事実です。

パパ活被害としては次のようなものがあります。

  • 強引に肉体関係を迫られる
  • デートをしたのにお手当をもらえない
  • やり逃げされる

特に悪質なタイプになると、月に何十万円も払うと大金をちらつかせて実際にはほとんど払わなかったり、ホテルでエッチをした後で「やり逃げ」して、女性がホテル代も支払わされたという被害もあります。

そして被害に遭った女性がSNSなどに投稿し、パパ活被害のことを多くの人が知ることとなり、パパ活のイメージを損ねる結果となっています。

これまで世間的には、援助交際はリスクが高いというイメージはありましたが、パパ活でも同じようなことが起こっていると思われているのです。

ネット上では、「援助交際」という言葉を「パパ活」に置き換えただけ、と見ている人も多く、パパ活被害に同情的でない声が多数あるのは事実です。

援交と呼ばれないために!パパ活女子の心得

周りから援交女子と呼ばれないために、パパ活女子が気をつけるべきポイントは3つあります。

  • パパ活の目的を決める
  • 誰彼かまわず大人の関係を持たない
  • 自分の価値を上げる

パパ活の目的を決める

パパ活を始める前に「自分はなぜパパ活をするのか」という点を明確にしておきましょう。

「夢のためにお金を貯めたいけど、アルバイトのお給料だけでは足りないから」
「自分磨きをしたいけど、いまは生活することで精一杯だから自分のために使えるお金がほしい」
「借金を返済したいけど、友達にも親にも頼れないので支援をしてほしい」

人によってパパ活する目的はさまざまですが、そこを明確にしておくことで、パパ活で何をすればいいのかや、どの程度お金を稼げばいいかがはっきりします。

そうすると、無駄に多くの男性と付き合ったりすることも、やたらと性的関係を持って稼ごうとすることもなくなるでしょう。

また、目的を決めるということは、ゴールが決まるということでもあります。

あまりダラダラとパパ活を続けるのも良くないので、終わらせるタイミングがはっきりするという点でも、目的を明確にしておくのはおすすめです。

誰彼かまわず大人の関係を持たない

多くの男性と性的関係を持たないというのも、援交女子と呼ばれないために大事な心得のひとつ。

確かにエッチありのパパ活はお手当の相場が高くなるのは事実です。より効率的に稼ぐためにエッチありのパパ活を選ぶ気持ちはわかりますし、関係性が長くなると性的関係を持つ流れになるのは自然なことではあります。

しかし、性的関係を前提にしてお金をもらうと援助交際と似たような行為になります。

複数のパパとエッチありのパパ活をしていると、援交女子と呼ばれても仕方がありません。

パパと性的関係を持つべきか悩む場合は、「自分がパパ活をする目的は何か」「パパとどういう関係性を望むのか」を再確認してくださいね。

自分の価値を上げる

パパ活は外見も内面も魅力的な女子でなければ成功は難しいもの。

容姿やスタイルが良かったり、愛嬌やサービス精神を持っていたりすればお手当の額は上がりますし、スペックの高いお金持ちパパにも出会えます。

そのように聞くと、「自分は普通の女子だからパパ活は無理なんじゃ…」と諦めモードになる人もいるかもしれませんが、心配することはありません。

モデルやタレントのようないわゆる「超美人」でなくても、あなたの魅力次第でパパ活は成功するのです。

そのためには、自分を磨いて価値を高めることが必要。

テーブルマナーや可愛く見える仕草を勉強する、ダイエットをしてスタイルを保つ、メイク技術を高めるなど、自分を磨く方法はいくらでもあります。

自分の価値が上がると自信も出てきます。

自分の価値を低く見積もっていると「援助交際で稼ぐのもありかな」と思ってしまうかもしれません。

自分の価値が上がれば上がるほど、チャンスの幅も広がり、素敵なパパとも出会いやすくなるので、日頃から自分の魅力を高める努力をしてみましょう。

まとめ

パパ活と援助交際は似ているようでまったく別のものです。

援助交際はお金をもらって男性と性的関係を持つので、精神的にも肉体的にもハードです。また、援助交際は売春行為に当たり、補導されたり罰せられる可能性もあるので注意が必要です。

パパ活は男性と性的関係を持たなくてもできるという点が最大のメリット。

エッチをすることなく、食事や買い物デートでお互い楽しい時間を過ごすことでお手当をもらえます。

現在はパパ活専用アプリも充実しており、手軽にパパを探すことも可能です。

パパ活と援助交際は別物だということをしっかりと理解して、援交女子と呼ばれないように気をつけながらパパ活を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次